株式会社ピュアフラット

今からでも差がつく!Amazon広告の種類と活用するために必要なこと

更新日: 2024.5.16

カテゴリ:  Amazon

今からでも差がつく!Amazon広告の種類と活用するために必要なこと

Amazonは誰もが知る日本国内でも最大規模を誇るECプラットフォームです。そんなAmazonを活用するために出店事業者も年々増加していますが、Amazon広告まで活用できている店舗は少ないでしょう。

 

とはいえ、Amazon広告を上手に活用できれば売上アップも見込めます。興味を抱いている方も多いでしょう。

 

この記事では、Amazon広告の基礎知識から利用するメリットなどについて解説していきます。

なお、弊社ではAmazonの新規出店ガイドを無料で提供しています。

これからAmazonに出店を考えている方や、出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、成果を最大化するためのポイントを解説しております。
資料は下記のバナーをクリックしていただくことでダウンロード可能です。

Amazonの新規出店ガイドダウンロードバナー

Amazon広告とは?

そもそもAmazon広告とは、Amazonで利用可能な広告をはじめとするプロモーションサービスを指します。

 

Amazonのプロモーションサービスは多々ありますが、広告と呼べるものは6種類あり、日本で利用できるのはそのうちの音声広告を除いて5種類。詳しい種類については後述しますが、5つのサービスを利用できるとおさえておいてください。

 

Amazon広告は文字通り、Amazon内で出稿する広告であるため、AmazonというECモールの仕組みを理解していないと具体的な施策やアドバイスができません。

 

そのため、活用を検討しづらいイメージはあるでしょう。ただ、その他の広告出稿を経験したことがあれば比較的簡単に設定できます。

なぜAmazon広告が必要なのか

Amazonに出品するだけで、広告を出稿していないというのは、チャンスの機会損失につながるため非常にもったいないです。

出品しているのに売上が伸びていないのであれば「商品がお客さまに見つかっていない」可能性があるということです。
 
ここからはAmazon広告の必要性について3つのポイントに分けて説明します。

  • 世界最大の巨大プラットフォーム
  • 様々なターゲット層にリーチ出来る
  • Amazonの大きな強みは「購買意欲の高さ」

世界最大の巨大プラットフォーム

Amazon の日本事業の円建て売上は2020年に2兆円を超えており、他の EC プラットフォームを寄せ付けない勢いがあります。

ライバルは世界中に存在し、同じような商品も溢れかえっています。無数にある類似商品と自社商品の差別化をする事は一筋縄ではいきません。
 
また、アメリカではAmazonへの広告費が激増しています。アメリカで起こった流れは数年後に日本でも起こりますので、今後は日本でもAmazon広告の勢いがより増していく事が考えられるでしょう。
 
Amazonで商品を出品し売上を伸ばしたいと思ったら、Amazon広告の出稿は最優先で考えるべき対策案です。

様々なターゲット層にリーチ出来る

Amazon広告の特徴として、利用者の年齢層や世帯年収において様々なターゲット層にリーチ出来ることも魅力の1つです。

デスクトップの場合は利用者の7割が男性であり、モバイルの場合は女性が5割以上を占めています。
男性に訴求したい場合はデスクトップ、女性に訴求したい場合はモバイルで多く出稿すると良いでしょう。
 
Amazon広告を活用することで、自社で出品している商品を様々なターゲット層に的確にリーチ出来るでしょう。

Amazonの大きな強みは「購買意欲の高さ」

Amazonの大きな強みは、ユーザーの購買意欲が非常に高いことです。

Amazon内で商品検索をする人は、「商品を知りたい」ではなく「商品を買いたい」という気持ちを持っています。
 
なぜならAmazonを活用しているユーザーのほとんどは日常的に商品を購入しているからです。
 
また、Amazonプライムを利用していると送料が無料であることが要因の一つでもあるでしょう。

「何かを買いたい」と考えているユーザーに対して広告を流すことで一層アプローチをかけることが出来るのです。

Amazon広告の種類

先ほど、Amazon広告は日本で利用できるものが5種類あるとお伝えしました。その具体的な種類は以下の通りです。

  1. スポンサープロダクト広告
  2. スポンサーディスプレイ広告
  3. スポンサーブランド広告
  4. スポンサーブランド動画広告
  5. Amazon DSP

スポンサープロダクト広告

まず、予め設定されたキーワードが検索されたときに表示されるスポンサープロダクト広告。大口出品プランでないと出稿できないため、小口出品プランでは利用できません。

 

スポンサープロダクト広告は、個々で設定できるマニュアルターゲティングと関連キーワードの検索時に自動で表示させるオートターゲティングのいずれかから設定できます。

 

なお、スポンサープロダクト広告は検索結果の最上位列に表示されるほか、検索結果のサイドや下部、商品詳細ページ内など、さまざまな箇所に表示される可能性があります。

スポンサーディスプレイ広告

次に、スポンサーディスプレイ広告です。

 

スポンサーディスプレイ広告とは、Amazonに登録した商品画像が表示またはカスタム画像が表示されるなどとさまざまなパターンが自動生成されて掲載される広告のこと。商品ターゲティングとオーディエンスの2種類でターゲティングが行えます。

 

主に、まだ検討段階の浅いフェーズにいるユーザーへ向けた認知度の向上やリマーケティングに効果的です。

 

ただ、こちらは大口出品プランの利用とブランド登録を済ませていないと利用できません。準備をしたうえで利用しましょう。
 
▶︎ スポンサーディスプレイ広告についてはこちら

スポンサーブランド広告

そして、スポンサーブランド広告は自社ブランドや商品の認知度向上を目的として利用される広告です。

 

主に検索結果の上部に表示される広告であるため、ファーストビューで必ず目に入ります。広告を出稿するためには、Amazonのストアや商品情報の登録、ブランド名とロゴ画像、見出しを入力して作成します。

 

ただし、認知度向上が目的であるため、同じキャンペーンにおける商品ごとの細かなターゲティング設定はできません。キーワードを細かく設定するには、その都度キャンペーンを新規作成する必要があります。

スポンサーブランド動画広告

スポンサーブランド動画広告とは、6〜45秒間で届けられる動画クリエイティブに加え、商品1点の詳細情報で構成される広告のこと。

 

主な掲載箇所は検索結果の画面です。ユーザーが動画もしくは商品のどちらかをクリックすると商品詳細ページへと遷移します。

 

動画と音声が用いられるため、テキストだけでは伝えにくい商品の魅力をアピールできるため、効果的な広告でしょう。

 
▶︎ amazonの動画広告について詳しくはこちら

Amazon DSP

AmazonDSPとは、Amazon内に唯一掲載可能なDSPであり、Amazonが保有する膨大なデータの活用から購入意欲の高いユーザーへアプローチができます。

 

先ほど紹介したスポンサー広告とは違い、AmazonDSPは、Amazon内部ではなく外部サイトであっても、Amazonユーザーを自社商品へ遷移させることが可能。このケースでは広告主のブランドページやキャンペーンサイトが遷移先となります。もちろん自社商品も広告として掲載できますが、掲載可否の確認が必要となるため注意しましょう。

まずは「スポンサープロダクト広告」から始めるべき理由

数ある広告の種類から何から始めたら良いのか迷った場合は、設定したキーワードが検索されると表示される「スポンサープロダクト広告」から始めると良いでしょう。
 
その理由を以下の3つに分けて説明します。

  • 広告出稿が簡単にできる
  • 購入意欲の高いユーザーへ訴求できる
  • 販売実績が少ない商品でも売上を伸ばせる

広告出稿が簡単にできる

スポンサープロダクト広告を出稿するには、以下の4つをクリアすれば完了です。
 

  1. Amazonに出品
  2. 出品タイプを大口出品へ
  3. 商品詳細ページの作成と補強
  4. Amazonショッピングカートを取得している

まずはAmazonに出品していることが条件になります。そして出品タイプは「大口出品」で登録しましょう。

スポンサープロダクト広告は、商品詳細ページの内容を踏まえて広告内容を自動生成するため、商品ページの作成が必須となります。
 
最後にAmazonショッピングカートの取得を達成します。
Amazonショッピングカートの取得とは、商品詳細ページのファーストビュー画面の目立つ場所に、自身の出品者名を載せることを指します。
 
今や小口出品より大口出品が主流です。
スポンサーディスプレイ広告の配信のためというだけでなく、売り上げを継続的に伸ばしていくという観点からも、4つの項目はひとつずつ達成していくようにしましょう。

購入意欲の高いユーザーへ訴求できる

Amazonスポンサープロダクト広告の最も優れた点は、検索キーワード経由のユーザーに自店舗の商品を表示できることです。

通常の商品カタログと情報量や表示形式に大きな違いがなく、広告らしさが薄いため、ユーザーのクリックを促しやすいのも特徴です。
 
訪れたユーザーは既に特定の商品についてAmazonで販売されていると知ったうえで検索キーワードを打ち込んでいます。

これはAmazonの検索ユーザーに限らず、あらゆる検索エンジンでキーワードを入力するユーザーに当てはまる状態といえるでしょう。
 
関連性が高いキーワードや商品ページに対して配信され、すでに購入意欲の高いユーザーに訴求できるため、購入につながりやすくなります。

したがって、Amazonスポンサープロダクト広告は、Amazon広告初心者に優しい出稿条件でありながら、購買意欲の高いユーザーに商品を露出できる「ハイパフォーマンス広告」といえるのです。

販売実績が少ない商品でも売上を伸ばせる

新商品や販売実績が少ない商品の売上を短期間で伸ばしたい場合にも、Amazonスポンサープロダクト広告は有効です。

Amazonの検索アルゴリズムは現在、販売件数が多い商品が上位に表示される傾向が強いです。

膨大な数の商品が売られているAmazonの中で、新商品などは検索結果やランキングで上位の商品に最初から同じように露出させることは難しいです。
 
しかし、Amazonスポンサープロダクト広告を活用して適切なキーワード設定を行えれば、販売実績がある商品と同じように露出させることが可能です。
 
そして、広告経由で購入を獲得できれば、新着ランキングに掲載されます。さらにランキングからの流入も増えて良いサイクルに入れば、それ以降の売上も伸ばせるでしょう。

Amazon広告で可能なターゲティング

 

Amazonの内部広告システムでは、広告の形式に応じて異なるターゲティングオプションを利用することができます。

  • 商品ターゲティング
  • 興味関心ターゲティング
  • キーワードターゲティング
  • オートターゲティング

 

それぞれのターゲティング方法を見ていきましょう。

 

商品ターゲティング

商品ターゲティングを行う際には、商品のカテゴリーやブランド、さらには価格帯などでしぼりこんでいくことができますし、特定の商品をターゲットにすることも可能です。

 

スポンサーディスプレイ広告を利用する場合は、広告を類似商品のページに表示させることができます。

 

またスポンサープロダクト広告においては、選定した商品に関連づけられた商品群に対し、ターゲティングの範囲を広げることができるでしょう。

 

興味関心ターゲティング

興味関心ターゲティングを使用すると、Amazonユーザーの以前の活動に基づき、148の興味関心リストの中からユーザー特性を選びターゲティングすることが可能です。

 

興味関心リストを用いて、狙うカテゴリーを選択し、そのカテゴリーを過去2週間に閲覧したユーザーへ広告を届けることができますよ。

 

キーワードターゲティング

キーワードターゲティングにおいては、指定したキーワードに基づき検索結果や商品詳細ページへの広告掲載が可能です。

 

キーワードには、部分一致やフレーズ一致、そして完全一致といったマッチタイプを選べます。さらにスポンサーブランド広告であれば、「絞り込み部分一致」オプションを選ぶこともできるはずです。

 
 
▶︎ amazonの検索キーワードについてはこちら

オートターゲティング

 

オートターゲティングは、キーワードを設定せずに利用できるターゲティング方法です。

 

この方法では、特定のキーワードに縛られることなく、より多くのユーザーへと広告を届けることができます。

そのため、まだ見つけられていない新しいキーワードの可能性を探ったり、予期せぬ訪問者を引き寄せたりすることが可能で、新たな顧客層を開拓するチャンスにも繋がるでしょう。

 

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

Amazon広告を活用するメリット

Amazon広告を活用するメリット

では、Amazon広告を活用するメリットについて紹介していきます。

  1. 購買意欲の高いユーザーへ訴求できる
  2. 自社商品を認知されやすくなる
  3. 競合他社の商品ページにも配信できる

購買意欲の高いユーザーへ訴求できる

Amazon広告は購買意欲の高いユーザーに向けて配信できるため、成約率アップにつなげられます。

 

特にユーザーが特定のキーワードで検索する行動は、欲しいと思っている商品ありきのもの。つまり、検索結果に広告が表示されれば、クリックしてもらえる可能性も高まるでしょう。

 

結果としてクリック率を高めれば、商品が購入されやすくなるため、売上アップにもつながります。

自社商品を認知されやすくなる

また、Amazon広告は自社商品の認知度向上にも活用されます。

 

スポンサーブランド広告をはじめ、検索結果の上部に表示されるものは、ユーザーが検索行動を行ったときにファーストビューで広告の存在を目にするでしょう。

 

その時点では購入意欲がないにしても、認知させることで徐々に気になるという心情に変化させられます。こうした認知を高めていくことでも長期的に見ると売上アップにつながるでしょう。

競合他社の商品ページにも配信できる

Amazonには競合セラーや商品が豊富にありますが、こうしたライバルの商品詳細ページにも広告掲載が可能です。

 

例えば、ユーザーが他店でヘッドホンの商品ページを閲覧しているところに自社が販売するヘッドホンの掲載が可能。目に入りやすく、もし気になってもらえたら比較検討してもらえるかもしれません。

 

他店よりも良い商品だと判断してもらえたら、そのまま購入してもらえる可能性が高いため、違ったアプローチの仕方もできます。

Amazon広告のデメリット

一方で、Amazon広告にはデメリットもあります。

  1. 広告出稿できない商品がある
  2. 配信ハードルの高い広告もある

広告出稿できない商品がある

まず、Amazon広告ではすべての商品が出稿できるわけではありません。

 

詳細はAmazonのガイドラインによって定められていますが、主に以下のような商品は広告を出せないため注意しましょう。

  • 成人向け
  • 中古品
  • 薬物関連
  • ギャンブル関連

自社商品が規約に違反していないかをチェックしたうえで、広告配信の設定を行ってください。

配信ハードルの高い広告もある

そして、Amazon広告の中には配信ハードルが高いものもあります。

 

基本的には小口出品プランでは広告出稿できないため、大口出品プランの利用が必須です。

 

また、先ほど紹介したスポンサーディスプレイ広告やスポンサーブランド広告には、事前にブランド登録を済ませておかなければ利用できません。

 

ブランド登録には商標権の獲得が必要であり、取得には約1年間かかるため、出稿するためには早めの準備が必要でしょう。

Amazon広告を運用するためのコツ3つ

では最後に、Amazon広告を活用するために必要な3つのことを紹介していきましょう。

  1. Amazonへの出店と出品をする
  2. 広告の管理者にログイン権限を付与する
  3. 商品詳細ページを拡充する

Amazonへの出店と出品をする

まず、広告を出稿するためには、基本的にAmazonへの出店(大口出品プランでの契約)と商品の出品は必ず行いましょう。どちらも済ませられていなければ広告は利用できません。

 

また、スポンサープロダクト広告など小口出品プランでは利用できず、スポンサーディスプレイ広告とスポンサーブランド広告はブランド登録も済ませていないと利用できないため、活用する前に必要な手順を踏んでから検討しましょう。

広告の管理者にログイン権限を付与する

次に、広告の管理者にログイン権限の付与も必要です。

 

当たり前ではありますが、広告の管理者および担当者が出品アカウントにログインできなければ何もできません。Amazon広告運用を外部の会社に委託するなどのケースでも同様に、担当者がアカウントにログインできる体制をつくっておきましょう。

 

なお、ログイン権限の付与方法についてですが、出品アカウントのAmazonセラーセントラルから設定に進むと権限管理の変更が可能です。

商品詳細ページを拡充する

そして、Amazon広告で遷移先とする商品詳細ページを充実させましょう。

 

そもそも、Amazon広告の目的は成約率アップもしくは認知度の向上です。要するに自社商品の宣伝が目的となるため、いくらユーザーの目に留まる位置に表示されても肝心の遷移先ページに情報が充実していなければ商品の魅力が伝わらず、購入につながりません。

 

また、スポンサープロダクト広告のように商品詳細ページが広告の一部として活用されるものもあります。

 

中でも商品名は検索時に最も大切な要素であるため、できるだけ商品のスペックやメーカー名など詳細がわかるようなキーワードを含めてあげましょう。

Amazon広告の費用

広告を運用する上で重要なことは、投じた費用に対しどれだけの効果をもたらしたか、つまり費用対効果です。

 

ここでは、Amazon広告の料金体系と一般的な費用に関して解説します。

 

【Amazon広告】料金の仕組み

Amazon広告の料金体系は、広告がクリックされるたびに料金が発生する、いわゆるクリック課金型です。

この場合の費用は、「1クリックあたりの価格×クリックされた回数」で算出され、目指すキーワードやユーザーからのクリック数に基づき費用が決まります。

 

さらに、Amazon広告では最低限の出稿料金の設定はないので、広告主側で一日の予算やクリック単価の上限を自由に決定することが可能です。

 

【Amazon広告】費用相場と目安

Amazon広告がクリック課金型であることから、費用は個々の予算設定に基づいて変わります。人によって差はありますが、一般的な費用の目安は纏めましたので参考にしてください。

 

種類 費用相場
スポンサーブランド広告         1クリックあたり5~10円
(1日あたり1,000円~)
スポンサープロダクト広告           1クリックあたり5~10円
(1日あたり1,000円~)
スポンサーディスプレイ広告       1クリックあたり5~10円
(1日あたり1,000円~)
AmazonDSP広告 1クリックあたり5~10円
(1日あたり1,000円~)

 

以上がAmazon広告の費用とその目安です。

 

Amazon広告の出し方・始め方3ステップ

Amazon広告の出し方・始め方の基本的な手順は、以下3ステップです。

 

  1. Amazonへ出品・出店する
  2. Amazon広告を作成する
  3. 広告を配信する

 

それでは、ひとつずつ説明します。

 

1.Amazonへ出品・出店する

最初に、出品用のアカウント作成が必要です。

アカウントの作成を申し込み、Amazonでの出店や商品の出品手続きを始めましょう。

しかしスポンサー広告を使うためには、特定の要件を満たす大口出品者として登録する必要があります。

 

2.Amazon広告を作成する

準備ができたら、セラーセントラル(出品者用の設定画面)へと進みます。

「広告」タブから、配信したい広告の形式を選んで、詳細を設定しましょう。

 

また、選択する広告のタイプによって準備の仕方が変わってくるので、その点には注意が必要です。

特に、スポンサーブランド広告やスポンサーディスプレイ広告を利用する場合、Amazonブランド登録を事前に完了させる必要があります。

 

広告設定時の重要なポイントは、広告する商品の詳細ページに、内容を充実させることです。

 

3.広告を配信する

最後に広告予算を決めて、広告の配信を開始します。

広告の形式によって予算の設定手順が異なるので、それぞれの方法をしっかりと確認してから進めてください。

 

【まとめ】Amazon広告の出し方・始め方

以上がAmazon広告の出し方・始め方になります。

重要なことなので、再掲です。

 

<Amazon広告の出し方・始め方3ステップ>

  1. Amazonへ出品・出店する
  2. Amazon広告を作成する
  3. 広告を配信する

 

難しい流れは一切ないので、初めての方でも簡単に広告を出せるはずですよ。

 

Amazon広告で意識すべきポイント

Amazon広告で成功を収めるためには、効果的な戦略が必要です。
では、どのようなポイントに意識を集中すべきでしょうか。

 

以下では、Amazon広告戦略で意識すべきポイントを解説していきます。

とはいえ、自社でAmazon広告を運用するノウハウがない。または、リソースがないという方は、ぜひピュアフラットへご相談ください。

 

これまで培ってきた経験と知識をもとに、お客様をサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

キーワードターゲティングで運用する

1つ目は、キーワードターゲティングで運用することです。

キーワードターゲティングとは、ユーザーがAmazonで検索するキーワードに対して、広告を出稿できるため、特定のキーワードで検索するユーザーにアプローチする方法です。

何も検索せずに、Amazonを見ているだけのユーザーもいますが、直接的に商品名やカテゴリ名で検索するユーザーもいます。そのようなユーザーにアプローチする方が、一般的に費用対効果が良いと言われています。

また、スポンサープロダクト広告を出稿した場合、オートターゲティングから始めることができるため、どのキーワードが購買につながりやすいのか情報収集できますよ。

商品ページを拡充する

次に、商品ページを拡充しましょう。商品ページを拡充することは、クリック率や商品の購入率に影響します。

商品ページの中でも重要なのは、「商品名」「商品画像」「商品説明」の3つです。少なくとも、この3つはユーザーに伝わりやすいように商品ページを作っていく必要があるでしょう。

商品名

商品名は、商品ページの中でも特に重要な要素の1つと言えるでしょう。

  1. ブランド名が入っているか
  2. 検索キーワードが入っているか
  3. 訴求したい情報があるか
  4. 型番、サイズ、色の情報があるか

これらのポイントを意識するだけで、シンプルでわかりやすい商品ページになりやすいです。

商品画像

商品画像も、商品名と並んで重要な要素の1つです。Amazonでは、メイン画像を1枚、サブ画像を8枚設定できます。

メイン画像は、広告を出稿した際に、ユーザーに表示されるため、クリック率に大きく影響する項目と言えるでしょう。

一方で、サブ画像は商品の詳細な情報をユーザーが確認して、購入するのに役立つため、サブ画像が充実しているかどうかは、購入率に影響します。

商品説明

商品説明も商品ページの中で重要な要素です。まず、商品説明には、箇条書きの「この商品について」と「商品の情報」の2種類あります。

箇条書き欄には、300文字程度まで入力できますが、シンプルかつわかりやすくするため、100文字程度で説明すると良いとされています。

こちらも、自社の商品を見るユーザーがどのような情報が欲しいのか、どのような情報があったら購入したくなるのかを考えて、記載するようにしましょう。

スポンサープロダクト広告を運用する

Amazon広告で売上を伸ばすには、スポンサープロダクト広告の運用も大切です。

先述しましたが、スポンサープロダクト広告を出稿し、購入されるキーワードの情報を収集した後に、キーワードターゲティングで運用するのがおすすめですよ。

そうすることで、購入したいと考えるユーザーがどのキーワードで検索しているのか、推測できるようになります。
 

その後に、キーワードターゲティングで運用すれば、Amazon広告の費用対効果を高められます。購入されやすいキーワードに、より広告費を投入し、されにくいキーワードには広告費をかけないように意識しましょう。

ビッグセール時に広告を運用

Amazonでのビッグセール期間(Amazonプライムデーやタイムセール祭り)は、消費者の購買意欲が高まる大チャンスです。

この時期に広告を適切に運用することで、通常時よりも高い効果を期待できます。
 

セールに合わせた広告コンテンツの準備をして、限定のプロモーションや割引情報を前面に打ち出し、消費者の関心を引きつけましょう。
※過度の値引きは利益を圧迫するため、計画的に行う必要があります。
 

また、セール前には広告のテスト運用を行い、最適なターゲティングや入札戦略を見極めることも大切です。
どのキーワードが反応が良いのか、どの広告フォーマットが効果的なのかを事前に分析し、セール期間中にはそのデータを活かした運用を行いましょう。
ビッグセール時に広告を運用する際は、ただ広告を出稿するだけでなく、消費者の心を捉える戦略的なアプローチが求められます。
目的やターゲット顧客に応じた計画的な広告運用で、大きな成果を目指しましょう。

Amazon広告で売れない理由

Amazon広告で思うように成果が上がらない場合、いくつか理由があります。
ここでは、広告を使っても売れない主な理由を解説します。

キーワードの選定ミス

Amazon広告で思うように成果が出ない主な理由の一つに、キーワードの選定ミスが挙げられます。
適切なキーワード選定は、広告の成功に直結する重要な要素です。
適切でないキーワードを選んでしまうと、関心のないユーザーに広告が表示され、クリック率が低下し、最終的には売上にも影響します。
選定ミスの一例としては、あまりにも一般的すぎるキーワードや、商品と直接関連しないキーワードを選んでしまうケースがあります。
 

例えば、ある特定のカメラバッグを宣伝する際に、単に「バッグ」というキーワードを使ってしまうと、カメラ用ではないバッグを探しているユーザーにも広告が表示されてしまい、効果的なアプローチができません。

広告運用の理解不足

前述で述べたキーワード選定ミスを含め、そもそも広告運用に関する理解不足も売れない理由として考えられます。
 

Amazon広告は、ただ広告を出稿するだけでなく、その運用や管理が非常に重要です。
運用方法を理解していないと、広告予算を浪費してしまう可能性があります。
 

さらに一例として、商品ターゲティングの設定ミスが挙げられます。

Amazon広告では、商品の特性やターゲット顧客に合わせた細かい設定も可能です。
 

この設定を適切に行わないことで、関心の低いユーザーに広告が表示され、クリック率や転換率の低下を招くことがあります。

売れない理由が理解できたらPDCAを回す

Amazon広告で特に重要視されているキーワード選定は、商品の特徴やターゲットユーザーの検索行動を正確に把握し、それらに基づいた具体的かつ関連性の高いキーワードを選ぶことが重要です。

また、定期的にパフォーマンスを分析し、必要に応じて調整を行うことも大切です。
 

成功するためには、広告の仕組みをしっかりと理解し、適切な運用戦略を立てることが不可欠です。

適切な知識と経験を積むことで、Amazon広告から望む成果を引き出すことができるでしょう。

Amazon広告で活用できる本はあるのか

Amazon広告を学び、実践するために参考になる本は実際に存在します。
これらの本は、Amazon広告の基礎から応用までを幅広く解説しており、初心者から上級者まで役立つ内容が含まれています。
ここでは、おすすめの本を一部ご紹介します。
 

「Amazon広告”打ち手”大全」

実践的なAmazon広告のノウハウを豊富に提供。
Amazon広告を深く理解し、実際の運用で成果を上げるための戦略やテクニックが詰まっているので、広告の運用を学びたい方におすすめの一冊。
 

具体的には、Amazon広告の目的設定、キーワード選定、広告コンテンツの作成、運用の最適化など、運用の全段階にわたる知識を身につけることが可能と言われています。
初心者でもAmazon広告の基礎から応用までを網羅的に学ぶことができるでしょう。

「Amazonスポンサープロダクト最新テクニック徹底解析」

スポンサープロダクト広告に特化した内容や、Amazonでのプロダクト販売を成功させるための具体的なテクニックが紹介されています。
Amazon広告を最大限に活用し、販売促進を図りたい場合は参考になるでしょう。
本書は効果的なキーワード選定方法から、広告のパフォーマンスを分析し改善していくプロセスまで、ステップバイステップで解説しているとのこと。
初心者はもちろん、すでにAmazon広告を運用しているが成果に繋がっていないと悩んでいる中級者にも、改善のヒントや新たなアプローチ方法を提供してくれるでしょう。
これらの本を読むことで、広告の基本的な仕組みや運用方法、効果的な広告文の作り方など、Amazon広告を成功させるための知識が身につきます。
 

ただし、本を読むだけでは不十分です。
大切なのは、読んだ知識を実際の広告運用に活かし、試行錯誤を繰り返しながら自分なりの戦略を築くことです。
Amazon広告は常に進化しているため、最新の情報を仕入れるためにも、定期的に新しい書籍や情報源を探すことをお勧めします。

Amazon広告で差をつけるならAmazonコンサルティング会社にお任せ

アマゾンLP

株式会社ピュアフラットでは、Amazonに出店するEC事業向けにAmazonのコンサルティングサービスを提供しています。

 

Amazonの広告運用代行も行っており、スポンサープロダクト広告などのキーワードの選定から設定単価の調整など、費用対効果の高い広告運用を実現可能。売上アップ率の平均は372%を達成しています。

 

Amazonの元メンバーが多数在籍しており、ノウハウと豊富な経験、実績から的確な支援が可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

 

Amazon無料診断バナー横

まとめ

Amazon広告は「これからさらに売上を加速させたい」「認知してもらいたい」といったEC事業者にとって活用すべきサービスです。特に結果が出るまでのスピードを意識しているなら尚更でしょう。

 

ただし、Amazon広告は当然費用もかかるうえ、成果につながらず失敗するリスクもあります。運用ノウハウがなければチャレンジしづらいでしょう。

 

そこでおすすめなのが、Amazonのコンサルティング会社への依頼です。Amazonに関する知見と支援実績の豊富な会社に依頼できれば成果が期待できるでしょう。

 

株式会社ピュアフラットは、Amazon広告運用をはじめとする売上アップに必要な施策でフルサポートします。Amazonで売上アップを実現させたい方はぜひお気軽にご相談ください。

 
▶︎詳しくはこちら

Amazonの広告に関するよくある質問

  • Amazon広告のメリットは何ですか?

  • Amazon広告を活用するメリットは次の3点です。 1.購買意欲の高いユーザーへ訴求できる 2.自社商品を認知されやすくなる 3.競合他社の商品ページにも配信できる

  • Amazon広告を出しても売れない原因は何ですか?

  • Amazon広告を出稿しても売れない原因は、主に以下が挙げられます。 ・商品詳細ページが充実していない ・うまくターゲティングできていない ・ユーザーの興味を惹く商品名になっていない ・魅力的なバナー広告が打ち出せていない 商品詳細ページの充実が購入率に直結するため、しっかりと作り込みましょう。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧