株式会社ピュアフラット

【完全ガイド】Amazonの出店方法や手数料を分かりやすく解説

更新日: 2024.4.17

カテゴリ:  Amazon

【完全ガイド】Amazonの出店方法や手数料を分かりやすく解説

Amazonは、世界でトップクラスに規模の大きなECモールの一つ。日本国内においても利用者が多いため、これから店舗を出店したいと思ったときの候補になるでしょう。

 

とはいえ、Amazonにはどのようにして出店すれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、Amazonの出店方法から手数料、注意点についてもわかりやすく解説していきます。

 

なお、弊社ではAmazonの新規出店ガイドを無料で提供しています。

 

これからAmazonに出店を考えている方や、出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、成果を最大化するためのポイントを解説しております。

 

資料は下記のバナーをクリックしていただくことでダウンロード可能です。

Amazonの新規出店ガイドダウンロードバナー

Amazonへ出店する5つのメリット

Amazonへ出店する5つのメリット

 

まず、Amazonへ出店するとどんなメリットがあるのか、5つ紹介していきましょう。

  1. 国内外最大級の集客力を活用できる
  2. 出品が簡単に行える
  3. Amazon出品の費用が安い
  4. FBAサービスが利用できる
  5. 入金サイクルが早い

国内外最大級の集客力を活用できる

最大のメリットは、国内外において最大級の集客力を持つAmazonを活用できることです。

 

ニールセンが調査を行った2021年12月のMonthly Totalレポートによると、Amazonの利用者数は、楽天市場の5,104万人に次いで2位の約4,729万人でした。

 

つまり、月間で約4,729万人のユーザーがAmazonを開いて利用しているわけです。

 

AmazonではAmazonプライムと呼ばれる有料会員サービスを提供しており、さまざまな特典がついてくることからも根強い人気があります。そうした観点からもすでに集客されたプラットフォームで販売できるのは大きな利点と言えるでしょう。

出品が簡単に行える

Amazonでは他モールと比較して商品の出品が簡単に行えます。

 

楽天市場などのモールには、店舗独自のページが存在します。よって、店舗ページの制作や設定作業を行わなければいけません。

 

しかし、Amazonには店舗ページが存在せず、商品ベースで扱われています。そのため、商品の出品手続きを行うだけで販売可能。手続きも難しくないため、出品ハードルは高くないでしょう。

 

とはいえ、商品ページだけで競合と差別化しないといけないので、差別化するためのノウハウや知識が必要になります。

Amazon出品の費用が安い

そして、Amazonに出品するときの費用が安いのもメリットです。

 

Amazonで出品するにあたってかかる費用は、選択しなければいけない出品プランの利用手数料と販売手数料、配送料のみ。

 

次に紹介するFBAサービスを利用するときに別途手数料が発生しますが、利用しない場合は他モールと比較すると安くおさえられるでしょう。

 

なお、主な手数料については後ほど詳しく後述していきます。

FBAサービスが利用できる

Amazonには、FBAと呼ばれる商品の在庫管理や注文対応、配送、返品などのお客様対応を代行してくれる独自サービスがあります。

 

その他のモールにはないサービスであり、本来自分たちで行わなければいけない在庫管理や注文対応などを外注できるのは嬉しいポイントでしょう。

 

自分たちのリソースが空けば、その分仕入れなどに注力でき、売上アップも見込めます。

 

なお、FBAはAmazonに出店してアカウントをセットアップすれば誰でも利用可能です。

入金サイクルが早い

そして、Amazonは入金サイクルが早いです。

 

ECモールを利用するうえでの入金サイクルは、締日から1ヶ月後など、入金されるまでに期間が空くのが一般的です。

 

しかし、Amazonの場合は出品アカウントを開設したときに設定する銀行口座宛てに2週間の間隔で売上が振り込まれます。

 

入金が早いため、資金繰りで困るリスクが軽減され、お金に不安を感じる心配も軽減されるでしょう。それにより商品の仕入れもスムーズに行えるでしょう。

 

長期的に運営していくうえで、入金サイクルが早いと継続しやすいはずです。

 

なお、弊社ではAmazonの新規出店ガイドを無料で提供しています。

 

これからAmazonに出店を考えている方や、出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、成果を最大化するためのポイントを解説しております。

 

資料は下記のバナーをクリックしていただくことでダウンロード可能です。

Amazonの新規出店ガイドダウンロードバナー

Amazonへ出店する3つのデメリット

とはいえ、Amazonへ出店するうえでデメリットもあります。デメリットについても理解しておきましょう。

  1. 価格競争が起こりやすい
  2. 店舗ページがなく差別化がしづらい
  3. 販売する商品によって販売手数料が割高

価格競争が起こりやすい

まず、Amazonは販売価格の安さが商品の売れ行きを大きく左右します。よって、価格競争が起こりやすいECモールであると言えるでしょう。

 

さらに、Amazonは出品するハードルが低いがゆえに、年々ライバルとなる参入者も増加傾向にあります。

 

価格相場を定期的にチェックしながら、適切に価格設定していく必要があるでしょう。

店舗ページがなく差別化がしづらい

先ほどもお伝えしましたが、Amazonには店舗独自のページはありません。

 

商品出品型のECモールであるAmazonは、店舗の魅力よりも商品と価格が売れ行きに大きく関わります。

 

楽天市場のように、ライバルショップとの独自性をアピールし差別化を図れると、ファン化やリピーターの増加が期待できますが、Amazonでの実現は難しいでしょう。

 

どのようにして商品ページで他社と差別化しているのか。経験と知識に基づいた対策をする必要があります。

販売する商品によって販売手数料が割高

また、販売する商品によっては販売手数料が割高になります。

 

最も高い販売手数料は15%ですが、当てはまる商品ジャンルは以下の通り。

  • CD・レコード
  • TVゲーム
  • PCソフト
  • 文房具・オフィス用品
  • ホーム(インテリア・キッチン)
  • ホームアプライアンス
  • DIY・工具
  • 産業・研究開発用品

上記のジャンルに当てはまる商品を販売するときには、販売手数料として売上の15%がかかります。加えて、本やCDなどのメディアになると、15%の成約料も支払わなければいけません。

 

扱う商品によっては、手数料が割高になるため考慮しておきましょう。

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットではAmazon、楽天、Yahoo!、Qoo10など各プラットフォームの出身メンバーを中心に経験のあるメンバーがコンサルティングを行うECモール領域のコンサルティングに特化した企業です。売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで一気通貫でサポートいたします。 下記のフォームからお問合せいただけますので、是非お気軽にご相談ください。  

Amazon出店審査の歴史とその変遷

Amazonの出店審査は、同社がオンラインマーケットプレイスとしての信頼性を保つための重要なステップです。

 

Amazonが1995年に設立されてから、出店審査の基準は数回の大きな変化を経てきました。

初期のAmazon出店審査の特徴

2000年代初頭、Amazonの出店審査は、オンラインマーケットとしての新規性を持っていました。

 

この時期の審査は、主に身分確認や基本的な事業情報の提供が中心でした。

 

Amazonは、新しいビジネスモデルとしてのオンラインマーケットを確立するため、多くの出店者を受け入れることを重視していました。

 

このため、審査基準は比較的緩やかで、多くの事業者がAmazonでの販売を開始することができました。

 

しかし、市場の拡大とともに、不正出店や偽物商品の問題が増えてきたため、審査基準を強化していきます。

2010年代の審査基準の変化

2010年代に入ると、オンラインショッピングの普及に伴い、偽物商品や詐欺出店の問題が増加しました。

 

これに対応するため、Amazonは審査基準を大幅に強化。具体的には、事業者の信用情報の確認や、過去の販売実績、顧客の評価なども審査の対象となりました。

 

また、2020年にはAI技術を活用した自動審査が導入され、出店申請から48時間以内の迅速な審査が実現されています。

 

この変化は、Amazonが質の高いマーケットプレイスを維持するための重要なステップであり、出店者にとっても新たな課題となっています。

Amazonで選べる出店プラン2種類

 

Amazonでは大きく2種類の出店プランを提供しています。必ずいずれかのプランを選択する必要があるため、それぞれについて理解をしておきましょう。

  1. 大口出品プラン
  2. 小口出品プラン

大口出品プラン

大口出品プランは、事業として本格的にAmazonを活用していきたい方におすすめの月額定額プランです。

 

毎月4,900円で利用でき、商品の出品数に応じて料金が高騰する心配はありません。何点でも販売が可能です。

 

なお、大口出品では在庫ファイルから一括で商品登録をしたり注文レポートや詳細なビジネスレポートを取得できたりするので、作業の幅も広げられるでしょう。

小口出品プラン

そして小口出品プランは、まずは小規模で始めたい方におすすめのプランです。

 

大口出品のような月額料金はかかりませんが、出品商品1点あたり100円がかかります。そのため、毎月の出品数が50点未満なら大口出品プランよりもお得になると言えるでしょう。

 

ただし、大口出品のように商品の一括登録や注文レポートなどのデータの取得はできません。

Amazon出店にかかる利用手数料

では、Amazonの出店にかかる主な利用手数料についてお伝えしていきましょう。

 

主に発生する手数料は以下のとおり。

出品プランの利用手数料 大口出品:月額4,900円
小口出品:1商品あたり100円
販売手数料 販売価格の8〜15%
カテゴリー成約料(日本) 80〜140円
配送料 自己発送かFBAによる配送で変動
在庫保管手数料 FBA利用時の発生
その他手数料 大量出品手数料、返金手数料など

選択する出品プランや販売する商品、配送手段によって手数料は変動するため、自社の場合はどれくらいになるのか、Amazonでチェックしてあらかじめシミュレーションしておくと良いでしょう。

出品プランの利用手数料

出品プランの利用手数料は、先述したように、「大口出品プラン」と「小口出品プラン」でそれぞれ異なる利用料になります。

 

大口出品プランでは、一括出品ツールや独自の配送料金の設定、お届け日時の設定、注文管理レポート、多様な決済方法などの5つの特別機能が利用できます。

 

大口出品プランは、月額登録料が4,900円。小口出品プランでは、1品販売する商品ごとに100円かかります。
 
「本格的にAmazonで販売していこう。」と考えているのであれば、大口出品プランを利用するのがおすすめです。

販売手数料

Amazonでは、販売された商品には「販売手数料」という費用がかかります。販売価格の8%〜15%の商品が多いです。

 

出品する商品によって販売手数料は変動するので、出品を考えている商品の販売手数料は一度チェックしておきましょう。

 

また、この販売手数料は、配送料、ギフト包装料を含んだ「商品代金の総額」に対してかかる費用です。
 
販売価格を決定する際には、販売手数料も念頭に置いて決める必要があります。
 
出典:Amazon「Amazon出品サービスの手数料

カテゴリー成約料

カテゴリー成約料は、小口出品および大口出品のいずれの場合でも、メディア商品の販売にかかる料金です。

 

本やミュージック、DVD、ビデオには80円〜140円のカテゴリー成約料がかかります。

 

上記のカテゴリー成約料は、日本で販売する場合の料金です。北米や南米、アジアによっても料金は変動します。

 

出典:Amazon「Amazon出品サービスの手数料

配送料

Amazonの配送料は、自己発送かFBAを利用した場合でそれぞれ異なります。

 

自己発送を利用した場合には、購入者に配送料を負担してもらうことになり、カテゴリー毎に配送料が決められています。

 

大口出品プランを利用している方は、メディア以外の商品であれば、自分で設定することも可能です。

 

FBAを利用してAmazonに発送作業を代行してもらうと、商品代金の合計が2,000円以上であれば、配送料が無料になります。
 
2か所以上に配送する場合は、配送先ごとのご注文金額が基準となります。

 

出典:Amazon「配送料について

在庫保管料

FBAを利用する場合には、商品の在庫をAmazonフルフィルメントセンターに保管するための保管費用も発生します。

 

この在庫保管料は1月〜9月。10月〜12月までの期間に応じて変動します。

 

FBAを利用するとプライム対象商品となり、ユーザーもAmazonからの発送とわかり、安心して購入できます。

 

Amazonプライム会員はAmazonを頻繁に利用する方も多いので、プライム会員にアプローチできるのは、大きなメリットです。

 

出典:Amazon「在庫保管手数料

簡単!Amazonへの出店手順7ステップ

それでは、Amazonへの出店手順を7ステップで紹介していきます!

  1. アカウント開設の必要書類を準備する
  2. 出品者アカウントを開設する
  3. 会社・個人情報を入力する
  4. クレジットカードを設定する
  5. 店舗名(ストア情報)を登録する
  6. 銀行口座を登録する
  7. Amazonカタログに商品登録する

アカウント開設の必要書類を準備する

まず、アカウント開設に必要な書類を準備しましょう。

 

Amazonへの出店に必要となる主な書類はこちら。

  • ビジネス用のEメールアドレスもしくはAmazonアカウント
  • 電話番号
  • クレジットカード
  • 売上の振込用銀行口座番号
  • 顔写真付きの身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
  • 過去180日以内に発行の取引明細書(クレジットカードの利用明細など)
  • 登記簿謄本に記載されている情報(法人)

こうした書類や情報が必要となり、不備があると出品アカウントを開設できません。しっかりと確認して漏れがないようにしておきましょう。

出品者アカウントを開設する

必要書類が揃ったらAmazonにあるさっそく始めるボタンをクリックして出品者アカウントを開設していきます。

 

「Amazonアカウントを作成」から名前やメールアドレス、パスワードを入力し、入力したメールアドレス宛てに届く確認コードを入力すると認証完了です。

 

すると法人か個人などの業種選択画面に移動しますので、適切な項目を選択してください。

会社・個人情報を入力する

続いて、会社や個人情報を入力していきます。

 

法人の場合は、まず登記簿謄本の記載内容を参考に、法人番号や会社所在地などの会社情報を入力していきます。

 

そして、アカウント運用の担当者(出品者)情報を入力。国籍から身元証明、住所、電話番号など各項目それぞれに情報を記載してください。

クレジットカードを設定する

続いて、クレジットカードを設定しましょう。

 

Amazonでは、大口出品プランと小口出品プランの利用手数料をクレジットカードにて支払います。よって、クレジットカードがないと利用できません。

 

なお、月間の売上が月額利用手数料を上回るときには支払いから相殺されますのでおさえておきましょう。

店舗名(ストア情報)を登録する

クレジットカード情報の登録後は、店舗名(ストア情報)を登録します。

  • ストア名
  • すべての商品にUPC・EAN・JANコードはついているかの確認
  • メーカーやブランド所有者であるかの確認

上記の情報を入力または選択しましょう。あとは認証画面に移動し、本人確認書類をアップロードすれば完了です。

銀行口座を登録する

審査が通り、出品者アカウントが開設できたらまず銀行口座を登録してください。

 

銀行口座はAmazonからの売上の振込先として必須です。登録していないといつまでも入金されません。

 

出品アカウントの開設でクレジットカードを設定しているため、登録したと勘違いしやすいですが、自分で登録する必要があるため注意しましょう。

Amazonカタログに商品登録する

諸々の設定後は、出品する商品をAmazonカタログに登録していきます。

 

Amazonの場合店舗ページはないため、商品の出品登録のみ。操作自体は簡単ですぐにできますので行っていきましょう。

  1. セラーセントラルを開く
  2. カタログ・商品登録をクリックする
  3. 商品名を検索して登録する
  4. 出品する
  5. 保存して終了する

上記の5ステップを踏めば商品登録も完了です。

Amazonに出店するときの注意点

では最後に、Amazonへ出店するときの注意点を3つ紹介します。

  1. 書類審査申請が必要な商品がある
  2. ブランド規制がかかる商品の取り扱いにも気をつける
  3. Amazon出店後もアカウント審査がされている

書類審査申請が必要な商品がある

Amazonには書類審査申請が必要な制限対象商品があります。

 

主な出品制限商品は以下のとおり。

  • 酒類の取り扱い
  • 動物および動物を材料とする商品
  • 自動車
  • 医薬部外品および化粧品
  • 通貨、硬貨、および現金同等品
  • 栄養補助食品
  • 医薬品
  • 武器および武器を模した商品
  • 食品&飲料
  • アダルト商品
  • 不快感を与える、または物議を醸す商品
  • Amazon デバイスおよび修理・メンテナンス用アクセサリ商品
  • 電化製品・電子機器
  • レーザー商品
  • 医療機器の取り扱いについて(マーケットプレイス出品者用)
  • 盗品及びロックピッキング装置
  • 医療機器および関連商品
  • 植物および種子製品
  • リコール対象商品
  • タバコおよびタバコ関連商品
  • その他の商品
  • 化学物質、農薬および肥料
  • カンナビジオール(CBD)商品

出典:Amazon
 
また、こうした出品制限商品の中には出品禁止商品もあります。

 

例えば食品&飲料のケースでは、食品衛生法(規格、食品表示基準を含む)や食品表示法、JAS法などの法律やガイドラインに適さない輸入食品などは出品できません。

 

このように、制限だけのものと禁止されているもの両方があるため確認しておきましょう。

ブランド規制がかかる商品の取り扱いにも気をつける

また、Amazonでは商品のブランドやメーカーごとの規制も設けています。

 

例えば、家電系メーカーならAppleやソニー、カシオなどが当てはまり、そのほかにはホビーメーカーのバンダイ、アパレルブランドのアディダスなどがあります。

 

自社商品がブランド規制に引っかからないかは事前に確認しておくと、スムーズに商品登録できるでしょう。

Amazon出店後もアカウント審査がされている

なお、Amazonはアカウント開設後も購入者保護の観点から継続的に審査や監視を行っています。

 

具体的には販売速度や在庫状況、取引限度額、サービスの質などが見られています。

 

例えば、アカウントヘルスの注文不良率が1%以上、出荷前のキャンセル率が2.5%以上、出荷遅延率が4%以上などの条件を満たすと審査対象になる可能性があります。アカウント開設後も注意しながら運用してください。

Amazonでの出品を成功させるためのポイント

Amazonでの出品は簡単にできる一方、すでに多数のユーザーが利用しているため競合が多い現状です。
そのため、ただ出品するだけで売上を作れるわけではありません。
 
どのようなことを意識すれば売上を伸ばしていけるか、ポイントを確認しましょう。

おすすめ出品として掲載される

amazonに出店して成功するためには、まずはECサイトにおけるビジネスモデルの違いを把握しておくことが重要です。
 

例えば、Yahoo!ショッピングや楽天の場合は、それぞれの出品者が自身の店舗ページを持ち、そこに出品する形式となっています。
 
これに対して、Amazonは1つの商品の情報が1ページに集約される形式となっています。
つまり、ある商品を出品する際、他にも同じ商品を出品している出店者と同じページ内で出品しなければならないということです。

 
そこで、他の出品者よりも目立つために「おすすめ出品」になることを目指しましょう。

  

おすすめ出品の対象となるために最低限必要な条件は
①大口出品であること
②パフォーマンス指標が良好であること
③注文数が一定の基準を満たしていること
であり、上記の条件は3つ全て満たしている必要があります。
 

これに加えて、さらにおすすめ出品として掲載されやすくするためには、

・競争力のある価格を設定する
・より早く届けられる配送オプションにする
・在庫を切らさない
などのポイントがあります。

 

おすすめ出品になることは売上アップに非常に有利です。
出品者として良いパフォーマンスを意識し、おすすめ出品として掲載されることを目指しましょう。

出店:Amazon「おすすめ商品の利用資格

最安値をこまめにチェックする

Amazonで売れるための非常に重要な要素の1つが価格設定です。
おすすめ出品に掲載されやすくなるポイントにも「競争力のある価格」がある通り、特に出品数が多い商品に関してはいかに安く買えるかが重要になります。
他に出品されている商品と比較して、自社の商品の価格設定が適切かどうかこまめにチェックするようにしましょう。

 
ただし、やみくもに安くしてしまうと利益が得られにくくなるデメリットがあるため注意が必要です。

独自の商品を作る

ライバルとなる出品者が多いほど競争は激しくなり、参入障壁も高くなります。
そこで、競争を避ける案としてOEM品や自社ブランドの商品を販売する方法があります。
 
独自の商品を作ることで、他の出品者との価格競争を避けられ、軌道に乗れば大きく収益を上げていくことも可能です。
 

ただし注意点としては、オリジナルであるために認知度がなく、はじめは購入者に興味を持たれづらいことがあります。
また、販売数の見通しも立てづらいため、ある程度の在庫を抱えるリスクも伴うことを認識しておきましょう。

Amazonに出品した商品の売上を増やすサービス

Amazonには、商品の売上アップが狙えるサービスがあるので、ぜひ活用してみてください。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告を利用すると、認知度の向上や売上アップに繋がります。
キーワードや商品のターゲット設定が柔軟にでき、関連性の高いユーザーに訴求できることが優れています。

 
また、広告をクリックされた場合に支払いが発生するので、広告が表示されただけでは課金されません。
自分で予算ルールの設定もできるため、無理のない範囲で運用できることも嬉しいポイントです。
 
キャンペーンやイベントを最大限に活用できるようにカスタマイズした設定で、広告の効果を最大化させましょう。

タイムセール

Amazonではさまざまなタイムセールが開催されており、これを活用することで利用者の注目を集めて売上を伸ばせる可能性が高くなります。
主要なタイムセールと特徴は以下の通りです。

特選タイムセール

 対象商品は少ないものの割引率が高いセールです。
 参加にはAmazonからの招待を受ける必要があり、申請して審査が通ることが条件です。

数量限定タイムセール

 Amazonサイト内の随所で開催され、セールのキャンペーン期間が終了するか在庫が売り切れるまで購入できます。
 商品の残量が表示されるため、残りが少なくなったときに焦って購入に繋がりやすいことが期待できます。

7日間のタイムセール

 比較的日数が長いことが特徴のセールです。
 商品の評価が星3つ以上などの条件があります。

  
セールによって期間や参加条件が異なるため、参加しやすいセールから積極的に活用しつつ売上や評価のアップにつなげていくことがおすすめです。

Amazon出店審査と他の大手ECサイトの審査の違い

Amazonの出店審査は、他の大手ECサイトと比較しても独特のものです。

 

例えば、楽天やYahoo!ショッピングでは、出店料や月額料金が発生することが多いのに対し、Amazonはそのような費用が発生しない場合もあります。

Amazon出店審査の特徴とその背景

Amazonは、世界最大のオンラインマーケットプレイスとして、数多くの出店者と消費者を繋ぐ役割を果たしています。

 

そのため、出店審査は非常に重要なプロセスとなっており、以下のような特徴があります。

 

厳格な審査基準

Amazonは、消費者に安全で信頼性の高い商品を提供することを最優先としています。そのため、出店者の信用情報や販売実績、商品の品質など、多岐にわたる情報を審査の対象としています。特に、食品や医薬品、化粧品などの特定のカテゴリーでは、さらに厳しい審査が行われることが多いです。

 

国際的な審査基準

Amazonは、世界中の多くの国でサービスを提供しているため、国によって異なる法律や規制に対応する必要があります。そのため、出店者の所在地や販売する商品のカテゴリーに応じて、異なる審査基準が適用されることがあります。

 

迅速な審査プロセス

Amazonは、出店申請から48時間以内に審査結果を通知することを目指しています。この迅速な審査プロセスは、AI技術を活用した自動審査が導入されているためです。自動審査を通過すると、次に人手による審査が行われます。

 

透明性の確保

Amazonは、出店審査の結果について、出店者に詳しい理由を通知することで、透明性を確保しています。審査に落ちた場合でも、その理由を知ることができれば、再審査の際に不備や問題点を修正することができます。

 

継続的な審査

Amazonの出店審査は、一度通過すれば終わりではありません。出店後も、販売実績や顧客の評価、返品率などの情報をもとに、継続的に審査が行われます。これにより、Amazonはマーケットプレイスの品質を維持し続けることができます。

楽天市場との審査基準の違い

楽天市場は、日本を代表する大手ECサイトの一つであり、その審査基準はAmazonとは異なります。

 

楽天市場では、出店料や月額料金が主な収益源となっており、出店者を多く受け入れることが重要です。

 

そのため、審査基準は比較的緩やかで、新規出店者にもハードルが低いと言われています。

 

しかし、食品や化粧品などの特定のカテゴリーでは、製造工場の情報や品質保証書の提出が求められるなど、厳しい審査が行われることもあります。

Yahoo!ショッピングとの審査基準の違い

Yahoo!ショッピングも、日本の大手ECサイトの一つであり、その審査基準は楽天市場やAmazonとは異なる特徴を持っています。

 

Yahoo!ショッピングは、出店料や月額料金が発生する代わりに、審査基準は比較的緩やかです。

 

しかし、出店者の登録情報や販売する商品のリストの提出が主な審査内容となり、これらの情報が不足している場合は、出店が認められないこともあります。

Amazon出店審査に落ちた時の再審査のポイント

Amazonの出店審査に落ちた場合、再審査を申請することができます。しかし、再審査を申請する際には、初回の審査での不備や問題点をしっかりと修正する必要があります。

再審査の申請方法と注意点

再審査の申請は、Amazon Seller Centralの専用ページから行うことができます。

 

申請の際には、落ちた理由を確認し、不備や問題点を修正することが重要です。

 

また、再審査の際には、初回の審査での不備や問題点をしっかりと修正する必要があります。再審査の結果は、初回の審査よりも迅速に通知されることが多いです。

再審査を成功させるためのコツ

再審査を申請する際のポイントとして、まずは落ちた理由をしっかりと確認することが重要です。

 

不足している書類や情報を補完し、再度申請する前に全ての項目をダブルチェックすることがおすすめです。

 

また、Amazonのサポートセンターに問い合わせて、具体的なアドバイスを受けることも有効です。

 

再審査を成功させるためのコツとして、以下のポイントが挙げられます。

  • 落ちた理由をしっかりと確認し、不備や問題点を修正する。
  • 必要書類の不足や情報の誤りを確認し、正確な情報を提供する。
  • Amazonのサポートセンターに問い合わせ、具体的なアドバイスを受ける。

再審査の際には、事業計画や販売戦略などの資料を添付して、出店の意義や目的を明確に伝える。

Amazon出店審査の内部事情と業界の噂

Amazonの出店審査に関する内部事情や業界の噂は、多くの出店者からの関心を集めています。

 

審査の基準は公表されているものの、実際の審査の流れや詳細な基準は明らかにされていないため、多くの憶測や噂が飛び交っています。

Amazonの内部での出店審査の流れ

Amazonの出店審査は、専門のチームが担当しています。出店申請があると、まずは自動審査が行われます。

 

この自動審査では、申請情報の正確性や完全性を確認するための基本的なチェックが行われます。

 

自動審査を通過すると、次に人手による審査が行われます。

 

この審査では、事業者の信用情報や販売実績、顧客の評価など、多岐にわたる情報が確認されます。

 

審査の結果は、Amazon Seller Centralの専用ページで確認することができます。

Amazon出店審査の噂

Amazonの出店審査が特定のカテゴリーやブランドに対して厳しいとの噂があります。

 

例えば、高級ブランドの商品や健康食品など、偽物が出回りやすいカテゴリーは、通常よりも詳細な審査が行われると言われています。

 

また、出店審査の担当者によっても審査の基準が異なるとの声も。

業界の中でのAmazon出店審査の評価

業界の中でのAmazon出店審査の評価は、一般的には厳格だが公平であるとされています。

 

Amazonは、質の高いマーケットプレイスを維持するために、出店審査を厳格に行っています。

 

そのため、出店を希望する事業者にとっては、審査のハードルが高いと感じることもあるかもしれません。

 

しかし、一度出店が認められれば、Amazonの強力な販売チャネルを利用することができるため、多くの事業者が出店を希望しています。

Amazon出店審査をスムーズに通過するための具体的な準備方法

Amazon出店審査のための書類準備

Amazonの出店審査をスムーズに通過するためには、事前に必要な書類を準備しておくことが重要です。

 

具体的には、身分証明書や事業者登録証明書、税務署からの証明書など、Amazonが指定する書類を準備しておく必要があります。また、商品の品質や安全性を証明するための書類や証明書も必要となる場合があります。

Amazon出店審査のポイントとコツ

Amazonの出店審査を通過するためのポイントとして、以下のことが挙げられます。

  • Amazonの出店ガイドラインやポリシーをしっかりと読み、違反する点がないか確認する。
  • 事業計画や販売戦略を明確にし、出店の意義や目的をしっかりと伝える。
  • 過去の販売実績や顧客の評価をまとめた資料を準備し、信頼性や実績をアピールする。
  • 必要な書類や情報を正確に提供し、不備や誤りがないか確認する。

 

これらのポイントを押さえて、出店審査に臨むことで、スムーズに審査を通過することができるでしょう。

まとめ

Amazonは国内外でも最大規模の集客力を持ち、ほかのECモールと比較して、商品の出品手続きもスムーズに行いやすい特徴があります。

 

それゆえにライバルも年々増加していますが、Amazonには膨大な商品数があり、トレンドも刻一刻と変化していくため、勝機はいくらでもあるでしょう。

 

株式会社ピュアフラットでは、そんな勝機を掴みとるためにAmazonのコンサルティングサービスを行っています。Amazonの元メンバーが多数在籍しており、たしかなノウハウと経験から最善の提案をいたします。

 

これからAmazonで大きな売上を作りたい方はぜひお気軽にご相談ください。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

関連するご支援実績

ピュアフラットのamazonでのご支援実績を紹介します。
 
 
ご支援実績
 
詳しくはこちら

Amazonの出店に関するよくある質問

  • Amazonの出店にかかる初期費用はいくらですか?

  • 「Amazonの出店における初期費用は選択する料金プランによって異なります。 大口出品プラン:月額4,900円+販売手数料 小口出品プラン:1商品あたり100円+販売手数料 月間で50商品以上販売するなら、大口出品プランがお得です。

  • Amazonには個人でも出店はできますか?

  • 個人も出店可能です。 個人で出店する場合は氏名や屋号を入力しますが、本人確認書類と情報が一致するように必ず本名で登録しましょう。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧
X