株式会社ピュアフラット

Amazonプライムデーで売上アップにつなげる施策【出品者必見】

更新日: 2024.4.17

カテゴリ:  Amazon

Amazonプライムデーで売上アップにつなげる施策【出品者必見】

Amazonで売上アップを狙うためには多くのユーザーに認知され、たくさんの利用者からアクセスを集める必要があります。そこで活用したいのが定期開催されるセールイベント。

 

Amazonはセールイベントが豊富に開催されるため、一つひとつ上手く活用できれば、その後の売上アップに大きく結びつけられるでしょう。

 

中でもAmazonプライム会員が参加できるAmazonプライムデーは、注目セールです。そこでこの記事では、Amazonプライムデーの開催前後における出品者側の対策について解説していきます。

 
なお、弊社ではAmazonの新規出店ガイドを無料で提供しています。

 
これからAmazonに出店を考えている方や、出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、成果を最大化するためのポイントを解説しております。
資料は下記のバナーをクリックしていただくことでダウンロード可能です。
 
Amazonの新規出店ガイドダウンロードバナー

Amazonプライムデーとは?

出典:Amazon

そもそもAmazonプライムデーとは、年に一度、例年7月のたった2日間だけしか開催されない超大型のセールイベントです。Amazonプライム会員のみ参加できるため、非会員はエントリーできません。

 

主に家電製品や食品をはじめ、さまざまなジャンルの商品が最大50%OFF以上と破格の値段で購入できるため、毎年多くの参加者が押し寄せます。

 

Amazonプライム会員は、Amazonのヘビーユーザーとも言える顧客層であり、購買意欲は非常に高いです。開催期間が短いからこそ、最も勢いのあるセールであると言えますし、5月や6月といった早めに準備を進めておくことが大切でしょう。

Amazonプライムデーの対策が重要な理由

では、Amazonプライムデーの対策が重要な理由について紹介していきます。

  1. セール期間が絶好の売り時になる
  2. Amazonプライムデー終了後の売上アップが期待できる

セール期間が絶好の売り時になる

まず、セール期間中は絶好の売り時になります。

 

先ほどもお伝えしましたが、AmazonプライムデーはAmazonプライム会員のみが参加できる購買意欲の高いユーザーが集まるセールイベントです。よっていつも以上に商品が売れやすい状態にあります。

 

ここできちんと準備をしておかないと、意外な商品が大量に売れてしまったり人気商品が予想以上に売れてしまったりと在庫切れを起こしかねません。

 

在庫切れはAmazonからの評価を下げる一要素であるため、絶対に避ける必要があります。

 

年に一度の貴重な販売機会を掴み取るためにも、万全な準備が大切なのです。

Amazonプライムデー終了後の売上アップが期待できる

そして、Amazonプライムデーの効果はセール後にも活きます。販売実績が蓄積されると、Amazonから「よく商品が売れるセラー」だと認識してもらい、カート獲得などもしやすくなるほか、検索結果に表示されやすくもなるでしょう。

 

つまり、Amazonプライムデーの成果によって、その後の売れ行きにも大きく影響するのです。

 

一大セールイベント後の店舗運営を見据えながら、施策が打てると長期的な売上アップが期待できるでしょう。
 
なお、弊社ではAmazonの新規出店ガイドを無料で提供しています。

 

これからAmazonに出店を考えている方や、出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、成果を最大化するためのポイントを解説しております。
資料は下記のバナーをクリックしていただくことでダウンロード可能です。
 
Amazonの新規出店ガイドダウンロードバナー

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットではAmazon、楽天、Yahoo!、Qoo10など各プラットフォームの出身メンバーを中心に経験のあるメンバーがコンサルティングを行うECモール領域のコンサルティングに特化した企業です。売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで一気通貫でサポートいたします。 下記のフォームからお問合せいただけますので、是非お気軽にご相談ください。  

次回のAmazonプライムデーはいつ?

次回のAmazonプライムデーの日程は、公式に発表されるまで不明ですが、過去の傾向から見て、毎年特定の月に開催されることが多いです。

 

例年、プライムデーは2日間にわたって開催され、その期間中には数百万点以上の商品が割引価格で提供されます。

 

プライムデーに参加するためには、事前の準備が必要です。

 

特に新規出品者の場合、数ヶ月前から商品選定、在庫確保、プロモーション戦略の立案など、多くのステップを踏む必要があります。

 

早めの準備と、しっかりとした戦略が、プライムデーでの成功を左右します。

Amazonプライムデーを活用するための具体的な施策8選

それでは、Amazonプライムデーを活用するための具体的な8つの施策を紹介していきます。

  1. 現状の販売実績を把握する
  2. 商品ページを見直して改善する
  3. ストアページを改善する
  4. 在庫数の確認と確保を徹底する
  5. FBAを利用する
  6. 広告単価を設定する
  7. キーワードを選定する
  8. Amazonの検索表示対策を行う

現状の販売実績を把握する

まず、対策したい商品における現状の販売実績を分析しましょう。

 

というのもセールを最大限活用するためには、売りたい商品よりも売れる商品を中心に扱ったほうが結果に結びつきやすいからです。

 

例えばAよりもBの商品のほうが直近の売れ行きが良いのであれば、AではなくBを選択すべきでしょう。

 

こうした商品選定はきちんとデータを活用して行うとより正確な施策を実行できます。

 

弊社は元Amazonメンバーが在籍しており、的確なアドバイスとサポートができますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

商品ページを見直して改善する

そして狙う商品の詳細ページを見直し、改善すべきポイントをブラッシュアップしていきましょう。

 

商品詳細ページで特に重要なのが商品名です。狙いたいキーワードを左寄せで入れるのはもちろん、先頭に【】などの記号を用いるとユーザーの目に留まりやすい商品名になるでしょう。

 

また、商品説明においても適宜箇条書きや改行を入れるなど、濃い内容で読みやすい形に整えるとポイントをおさえた商品詳細ページになります。

ストアページを改善する

商品詳細ページだけでなくストアページの改善も図りましょう。

 

Amazonプライムデーは、Amazon自体へのアクセスが急増する期間です。よって、少なからずストアページにも訪れるユーザーもいるでしょう。

 

そこでファーストインプレッションの悪いストアページになっていると、大事な見込み顧客を取り逃がしかねません。そういった事態を防ぐためにもストアの魅力を届けられるようにコンセプトを統一しているか、自社独自のアピールができているかなどのポイントを見直しましょう。

在庫数の確認と確保を徹底する

そして、在庫数の状況と補充を行ってください。

 

先ほどもお伝えしましたが、Amazonプライムデーによる影響は大きく、予期せぬ在庫切れが起こりやすいです。在庫量が万全でないとすぐに販売できない状態となり、Amazonからの評価を下げかねません。

 

想定よりも多めに在庫量を設定し販売機会を逃さないように注意してください。なお、自社配送の場合は商品情報へ在庫数を反映させなければいけません。反映漏れがあるといくら在庫を確保していても受注できないため、確認しておきましょう。

FBAを利用する

Amazonプライムデー期間中は商品が売れやすいため、配送作業が忙しくなる傾向にあります。そこで少しでも業務コストを軽減させるためにFBAを活用しましょう。

 

FBAとは商品の在庫管理や注文対応、返品をはじめとするお客様対応などを代行してくれるサービスのこと。自社で行うのは倉庫への発送のみなので、負担は大幅にカットできます。

 

ただ、セール期間中は倉庫の状況も混雑しやすいため、余裕を持って行動しましょう。

広告単価を設定する

そして、Amazonプライムデーの期間中は広告単価の設定にも普段以上に注意しましょう。というのも、競合は静止期よりも多めに広告予算をかけてくるからです。

 

目安として、日予算は2倍以上の確保をし、入札額においても最低1.5〜2倍に設定すると良いでしょう。

 

セール期間も2日間と短いため、競合の広告に埋もれないように広告運用のプロに依頼するなどして適切に設定してください。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

キーワードを選定する

広告を活用するなら、単価設定のほかにキーワード設定も欠かせません。

 

自社で取り扱う売れ筋商品があるなら、広告レポートを参考にしつつ、CVがついているもしくはCVにつながる可能性が高い、よく検索されるキーワードを設定しましょう。

 

また、セール当日は競合が自社の指名キーワードやページ内に対して広告出稿する可能性もあります。そこに対して、自社の指名キーワードで広告出稿するなどの対策も必要です。

Amazonの検索表示対策を行う

Amazonプライムデー後は、ユーザーの熱が冷めるとともに売れ行きがガクッと落ちる可能性もあるため、緩やかにしていく対策が必要です。

 

そこで、広告運用から徐々に検索結果に表示されるような対策にシフトしていきましょう。

 

現在狙いたいキーワードではどんな商品がヒットするのか、セラーが実施している施策や提供するサービスなどを分析し、自社商品にも取り入れながら対策してください。

Amazonプライムデーの出品方法

プライムデー参加資格:誰が出品できるのか?

AmazonプライムデーはAmazonの年間イベントで、多くの出品者がこの機会に大量の商品を販売します。

 

しかし、すべての出品者が参加できるわけではありません。

 

Amazonは一定の基準、例えば販売実績、カスタマーレビュー、出品者の評価などを設けています。

 

これは、購入者にとっても信頼性のあるショッピング体験を提供するためです。

 

特にFBA(Fulfillment by Amazon)を利用している出品者は、プライムデーに参加しやすいです。

 

FBAを利用すると、Amazonが商品の保管から配送までを行ってくれるため、出品者は販売戦略に集中できます。

 

プライムデーに参加するためには、事前にこれらの条件を確認し、必要な準備を整える必要があります。

プライムデー専用プロモーション:効果的な割引やバンドル戦略

プライムデーは多くの出品者が参加する大規模なセールイベントです。

 

そのため、単純な値引きだけでは埋もれてしまう可能性が高いです。

 

ここで重要なのが、割引だけでなくバンドル戦略や時間限定のフラッシュセールを活用することです。

 

例えば、商品Aと商品Bをセットで購入すると10%オフ、といった形です。

 

また、午前中には商品Cが20%オフ、午後には商品Dが15%オフといった時間限定のセールも効果的です。

 

これにより、顧客は何度もサイトを訪れ、多くの商品を購入する可能性が高まります。

在庫管理と配送:プライムデーに備えるべきロジスティクス対策

プライムデーには通常よりも多くの注文が予想されるため、在庫管理は非常に重要です。

 

在庫が多すぎると保管費用がかかりますが、少なすぎると販売機会を逃してしまいます。

 

特にFBAを利用する場合、Amazonの倉庫に商品を送るタイミングも計算に入れる必要があります。

 

また、プライムデー当日に急に在庫がなくなってしまうと、顧客の評価が下がる可能性もあります。

 

そのため、過去のデータを基にして、どれくらいの在庫を確保するべきかを事前に計算しておくことが重要です。

プライムデー後のフォロー:リピーター獲得と評価管理

プライムデーが終わった後も、その効果を最大限に活かすためのフォローが必要です。

 

具体的には、プライムデーで購入した顧客に対して、感謝のメールを送る、次回購入割引のクーポンを提供するなどが考えられます。

 

これにより、一度購入した顧客をリピーターに変える可能性が高まります。

 

また、プライムデー後は新たなレビューが増える可能性が高いため、これに対する迅速な対応が必要です。

 

特に、低評価のレビューには、何が問題だったのかを丁寧に聞き、改善することで、将来的に高評価のレビューを増やすことができます。

Amazonプライムデー出品におすすめの商品

Amazonプライムデーで成功する商品の特徴

プライムデーで成功するためには、商品選定が非常に重要です。

 

一般的に、高評価を受けている商品や、独自性がある商品がよく売れます。

 

これは、多くの顧客がこの日に購入を検討しているため、信頼性や魅力が高い商品が選ばれやすいからです。

 

また、季節性のある商品や、ギフトに適した商品もよく売れる傾向にあります。

 

例えば、夏に向けてのプライムデーであれば、扇風機やエアコンが売れやすいです。

 

逆に、冬には暖房器具や厚着が売れやすいでしょう。

Amazonプライムデーに向かない商品

プライムデーには向かない商品もあります。

 

例えば、高額すぎる商品や、特定の専門知識が必要な商品は、一般のプライム会員にはあまり魅力を感じられない可能性が高いです。

 

また、新発売の商品でレビューが少ない場合も、購入をためらう顧客が多いでしょう。

Amazonプライムデー以外の狙い目のセール

では最後に、アマゾンプライムデー以外で狙い目のセールを3つ紹介していきます。

  1. Amazon初売りセール
  2. Amazonブラックフライデー
  3. Amazonサイバーマンデー

Amazon初売りセール

まず、Amazonの初売りセールです。

 

初売りセールとは文字どおり、年始の1月に実施されるセールであり、2022年は3日(火)9時から6日(金)までの約4日間開催されました。

 

Amazonプライム会員のみが参加できる大きなイベントであり、オリジナル商品や高額商品をお手頃価格で購入できるチャンスがあります。

 

毎年、開催時期に大きなズレはないものの、1日だけ日付が前倒しになるなどのズレは起こる可能性があるため、一日出遅れるといったことがないように注意しましょう。

Amazonブラックフライデー

そして、毎年11月の第4金曜日から開催されるAmazonブラックフライデーは、特選タイムセールや数量限定タイムセールで人気商品が多数登場する人気セールです。

 

2022年は11月25日(金)〜12月1日(木)の7日間。開催期間も長いため、多くのAmazonユーザーに利用されています。

 

Amazonプライムデーとは違い、プライム会員であるかどうかに関わらず誰でも参加できます。よって、より多くのユーザーへのアプローチが期待できるでしょう。

Amazonサイバーマンデー

さらに、毎年12月に開催される年内最後のセールとなるAmazonサイバーマンデーは、Amazonプライムデーと並ぶAmazonの大型セールイベントです。

 

Amazonブラックフライデーと同じく、Amazonプライム非会員でも参加可能。年末商戦の中で開催されるセールであるため、見逃せない注目商品も多々見られます。

 

そんなAmazonサイバーマンデーは特選タイムセールや数量限定タイムセールだけでなくサプライズセールといった特別セールも開催されるため、多くのユーザーにアプローチができるでしょう。

まとめ

Amazonプライムデーは、年に一度しかないうえに2日間限定の短期開催のセールイベントであるため、チャンスを逃してはいけません。

 

もし逃せば次に掴めるのは一年後です。それまでの期間は非常に長いでしょう。そして、こうしたセール期間を確実に掴むには、Amazon支援の実績豊富な会社への依頼がオススメです。

 

弊社では、Amazonで売上アップを叶えるために検索表示対策から広告運用などトータルでサポートを行っています。セール期間中の広告単価設定やキーワード選定なども豊富なノウハウや経験から提案していますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら
  
≪Amazonの新規出店ガイド≫
Amazonの新規出店ガイドには、出店時の手順やメリットだけでなく、注意すべきポイントも記載しておりますのでこれから出店を検討されている方だけでなく、今後さらに伸ばしていきたい方にもおすすめです。
 
Amazon資料
 
Amazonの新規出店ガイドには、記事にはないAmazon出店で成功するための秘訣も含まれておりますので、是非フォームを送信しダウンロードしてください。
 

    出店ガイド 資料請求

    必須

    必須

    必須

    必須

    個人情報保護方針

    に同意する

    Amazonプライムデーに関するよくある質問

    • Amazonのプライムデーとは何ですか?

    • Amazonプライムデーとは、例年7月に開催されるAmazonプライム会員限定の超大型セールイベントです。 さまざまなジャンルの商品が最大50%OFF以上と破格の値段で購入できるため、多くのユーザーに活用されています。

    • Amazonのプライムデーは1年間に何回開催されますか?

    • Amazonのプライムデーは、例年7月のたった2日間しか開催されません。年に一度しか開催されないため、セール時のチャンスを逃さないように日程は確認しておきましょう。

    Twitter Facebook LINE
    コラム一覧
    X