株式会社ピュアフラット

ヤフーショッピングで売れない。売れない原因と売上アップの施策とは?

更新日: 2024.2.21

カテゴリ:  Yahoo

ヤフーショッピングで売れない。売れない原因と売上アップの施策とは?

ヤフーショッピングは、Yahoo! JAPANが提供するECモールです。

IDを取得しプレミアム会員に登録すれば、法人だけでなく個人でも商品の販売が可能です。

 

楽天やAmazonと比べてコストは少なくて済むので、店舗数が多い傾向にあります。

そのため、出店したはいいものの、競合店舗の多さで商品が売れず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、ヤフーショッピングで売れていない時の原因や、売上を上げるためにするべきことを紹介していきます。

今後売上を上げて、ヤフーショッピングでしっかり稼げるようになりたい方はぜひ参考にしてください。 

ヤフーショッピングで売れない時に考えられる理由

ヤフーショッピングで売れない時に考えられる理由

ヤフーショッピングで商品が売れない時の代表的な原因は以下の5つです。

1つずつ紹介するので、自分の店舗に当てはまっているものがないかチェックしてください。

競合が強い

競合が強い

競合店舗の数が多かったり売上が大きかったりすると、後から参入しても商品は売れにくいです。

競合が強い場合は競合が少ないキーワードや商品を調査して、もっとニッチな部分を探す必要があります。

 

また、ユーザーは商品を購入する際、色々な店舗を見比べて自分に合った商品を探して購入します。

そのため、自社商品の魅力をアピールし、競合との差別化ができていないと選んでもらえません。

競合が強くても埋もれてしまわないよう、訴求すべきポイントを明確にすることが大切です。 

ショップへの流入数が少ない

ショップへの流入数が少ない

当然ですが商品ページへのアクセス数が少ないと、なかなか商品は売れません。

ヤフーショッピングでは商品を検索し、表示された中から購入する商品を選ぶケースがほとんどです。

そのため、自社の商品が検索結果の上位に表示されないと、ユーザーに認識すらしてもらえません。

 

商品に関するキーワードで検索した時に、自社の商品が上位に表示されるのかチェックしてください。

上位表示されない場合は、上位表示されて商品ページにアクセスしてもらうための対策をする必要があります。

商品の魅力を伝えられていない

商品の魅力を伝えられていない

商品ページにある程度のアクセスがあるにもかかわらず、売れていないのであれば商品の魅力が伝わっていない恐れがあります。

購入してもらうには商品の良さはもちろん、商品ページのクオリティも非常に大切です。

 

自社サイトなら、シンプルでスタイリッシュな商品ページの方が好まれることもあります。

しかし、ヤフーショッピングのようなモールの場合、訴求力のある商品ページでないとユーザーに魅力が伝わらず購入に至りません。

情報を十分に盛り込みながら、アピールするポイントが伝わりやすいデザインにすることが重要です。

ユーザビリティが欠けている

ユーザビリティが欠けている

商品の魅力だけでなく、商品の発送や顧客から寄せられる質問や疑問に迅速に対応してもらえるかどうかも、購入する際の重要なポイントになります。

ネット上には同じような商品は山のようにあるため、対応スピードが遅いとユーザーを競合に奪われかねません。

そのため、商品をいつでもすぐに届けられて、顧客から寄せられる質問や疑問にすぐに対応できる環境を整えておきましょう。

 

また、スピードだけでなく顧客対応の品質も大切です。

ECでの販売は顧客の顔を見ることができませんが、顧客からの問い合わせや要望には、対面接客と同じように丁寧な対応を徹底してください。

キャンペーンやイベントを活用できていない

キャンペーンやイベントを活用できていない

ヤフーショッピングでは、お得なキャンペーンやイベントが豊富に用意されています。

キャンペーンやイベントが開催されている期間はユーザーの購買意欲が高まるので、売上も上がりやすいです。

そのため、その期間中に何も準備せずいつも通り販売しているだけでは、競合にユーザーを奪われてしまいます。

 

開催されるタイミングを把握し、キャンペーンやイベントの対策をして売上の最大化を図ってください。

ここからは、ヤフーショッピングの代表的なキャンペーンを3つ紹介するので、しっかりと準備しましょう。 

5のつく日キャンペーン

5のつく日キャンペーンは、毎月5日、15日、25日に開催されるキャンペーンです。

 

キャンペーンにエントリーすると、購入金額の4%のポイントがユーザーに還元されます。

ヤフーショッピングユーザーにもかなり浸透しており、モール全体で集客が増加します。 

ゾロ目の日クーポン争奪戦

ゾロ目の日クーポン争奪戦は、毎月11日と22日にクーポンが配布されるイベントです。

 

クーポンの配布時間や割引内容は事前に分かりますが、取得は先着順で枚数に限りもあります。

使用期限は当日のみとなっているので、即売上につながります。

ボーナスストア

ボーナスストアは、毎日開催されているポイントキャンペーンです。

期間中に対象店舗で購入すると、5%もしくは10%のポイントが付与されます。

 

企画対象店舗は検索時にアイコンが表示されるので、アクセス数の増加が見込めます。

対象店舗は2~3日で入れ替わり、希望するタイミングでキャンペーンに参加することができます。

ヤフーショッピングで売上を上げるためにすること

ヤフーショッピングで売上を上げるためにすること

ヤフーショッピングに出店して売上を上げるにはコツがあります。

ここから8つの対策方法を紹介するので、出来ていない方はぜひ取り入れてください。

競合や売れているショップを調べる

売上を上げたり、売上を安定させてキープするためには、競合の動きを調査する必要があります。

たとえ一時的に売上が上がったとしても、競合に巻き返されてしまうこともあるので、安心はできません。

 

ヤフーショッピングには多数の店舗が出店しており、それぞれの店舗がさまざまな施策を打ち出しています。

価格の安さや配送の早さ、特典などに魅力があれば、ユーザーは簡単に奪われてしまいます。

商品情報の伝え方や、商品画像、構成やデザインなども比較し、自社の強みを明確にしましょう。

 

競合を調査して得た訴求すべきポイントをもとに、商品情報の登録や商品ページの改善を繰り返してください。

とくに、売上に直接影響するような似た商品を扱っている競合店舗の動向は、週に1回は調査しましょう。 

商品ページを作り込む

ユーザーは、検索結果で表示された画面から商品ページへアクセスすることが一般的なので、商品ページが最重要といえます。

商品の魅力が分かりやすく伝えられ、店舗内が買い回りしやすい設計になっていることが求められます。

 

商品の魅力をしっかり伝えるためにも、商品の詳細情報の文章や写真の鮮明さにはこだわりましょう。

同じ商品だとしても、画像やテキストの違いで競合との差別化は図れます。

商品の特徴や割引率などのお得情報も、サムネイル画像には盛り込んでください。

 

実際に現物を触れないEC販売において、画像情報は多ければ多いほうが有利です。

商品ページの画像は、最大の21枚まで出来る限り登録しましょう。

SEO対策を行う

ユーザーに商品を見つけてもらうためには、検索結果で上位表示されるようSEO対策を実施しましょう。

ヤフーショッピング内で、どのようなキーワードでのアクセスが多いか調査し、商品名やキャッチコピーに盛り込んでください。

商品のサイズや色、型番での検索もよくあるので、わかりやすく記載してユーザーが流入しやすいようにしておく必要があります。

 

SEO対策でもっとも大切なのが、キーワードの適合性です。

実際の商品と、商品名のキーワードと関連性があるのかが重要視されるので、キーワード選定は慎重に行ってください。

SEO対策を実施したら翌日から順位チェックを行い、効果があったのか確認して定期的に改善を繰り返しましょう。

優良配送マークがつくようにする

優良配送マークは、安心でスピーディーな配送であることをヤフーショッピング側が認定した証拠となるマークです。

せっかく商品に興味を持ってくれたのに、お届けまでの日数が掛かると購入をあきらめる方が出てくることも。

優良配送マークの取得は、そのようなリスクを下げてくれます。

 

それだけでなく優良配送マークの付いた商品は、検索でも優遇され上位に表示されます。

そのため、出来る限り優良配送マークの取得条件を満たす対応をするようにしましょう 

優良配送マークがつくロジック

優良配送の条件を満たすには、まず最短お届け希望日が注文日から2日以内である必要があります。

さらに、過去の出荷遅延率が5%未満であれば認められる仕組みになっています。

優良配送マークを取得できるよう、これらの条件をクリアできるよう体制を整えておきましょう。

販促イベントを活用する

ヤフーショッピングでは、販促イベント開催中にアクセスが増加します。

ユーザーの購買意欲も高まっているので、このタイミングでクーポンを配布するのは効果が高いです。

クーポンを発行するユーザーの設定ができるツールもあるので、リピーターやプレミアム会員に限定するなど効率よく配布しましょう。

 

また、販促イベント中に商品の露出を高めるため、広告配信を実施するのも有効です。

普段は広告配信をしていない場合でも、イベント開催時は配信を検討してみるといいでしょう。

メルマガを活用する

ヤフーショッピングでは、無料でメルマガを配信できます。

各種SNSの普及でメルマガの価値は下がっていると思われがちですが、まだ十分に活用の余地はあります。

店舗内情報の配信だけでなく、キャンペーンの告知やアンケートなどマーケティングにも活かせるでしょう。

 

また、クーポン付きのメルマガを配信すれば購入を促せますし、定期的に配信することでリピート率の向上も期待できます。

ユーザーのファン化や顧客離れ対策のためにもメルマガを活用してください。

顧客のアフターフォローを見直す

売上を向上させるには、商品を購入してくれた顧客へのアフターフォローも大切です。

新規ユーザーの獲得ばかりに目を向けるのではなく、顧客のリピーター化にも注力してください。

 

販売後の問い合わせにも真摯に対応し、不具合は無いかなどの確認やフォローも個別に実施しましょう。

その際、商品レビューやショップレビューをお願いし高評価を得られれば、競合との優位性も生まれます。

売ったら終わりではなく、販売後から本当の対応が始まるくらいの考え方が必要です。

運用代行業者に依頼する

売れない理由と売るためにするべきことが分かっても、人手や時間が足りなくて難しいと感じる方が多いと思います。

人手や時間があったとしても、自分で効果的に実施できるか不安な場合もあるでしょう。

そのような場合、運用代行業者に依頼するのも一つの手です。

 

運用代行業者を利用するのには費用が掛かりますが、コスト以上のメリットが得られる可能性が高いです。

運用代行業者はECモールの仕組みに精通しており数多くの経験があるので、短期間で効率の良い売上改善が期待できます。

たとえ自分に専門的な知識が無くても、安心してサイトを運営していけるでしょう。 

ヤフーショッピングの運用代行ならピュアフラットへ

運用代行はメリットの大きいサービスですが、多数の業者が参加しているので、どこを選べば良いのか悩む方も多いでしょう。

そんな中、実績が豊富で対応業務の範囲が広くおすすめなのがピュアフラットです。

 

ピュアフラットはECに精通したWebコンサルティング会社です。

深い知識を持った各分野の専門家に、集客からサイトの構築まで幅広くサポートしてもらえます。

商品登録や商品撮影、商品ページ作成、バナー作成、広告運用、メルマガ配信などの各種業務を依頼できるのが特徴です。

 

専門の担当者がヒアリングした内容をもとに、個人の課題にあわせてオリジナルの改善プランを立案してくれます。

売れる商品ページの作成や勝てるキーワードの発掘、売上を安定させる検索上位表示法などのノウハウを伝授しているので、再現性も高いです。

 

売上アップ率の平均は372%を誇り、リピート率は94%、支援店舗も3000店を超え、短期間で売上を伸ばした数多くの実績があります。

取扱い商品や成果目標により予算は変わりますが、契約するまで費用は掛からず無料診断を行っているのも魅力的といえるでしょう。

まとめ

以上、ヤフーショッピングで売れていない時の原因や、売上を上げるためにするべきことを紹介してきました。

売れない理由には、競合の強さやショップへの流入の少なさ、商品の魅力が伝えられていないことなどがあります。

そのため、競合の調査や商品ページの作り込み、SEO対策や販促イベントの活用が売上向上には欠かせません。

 

しかし、手間や時間を考えると負担が大きいので、運用代行業者に依頼するのも有効な手段といえるでしょう。

数多くのサービス業者が存在しますが、ピュアフラットなら実績も多く安心です。

今後ヤフーショッピングで稼ぎたいと考えている方は、まずはピュアフラットの無料診断を試してみてはいかがでしょうか。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧