株式会社ピュアフラット

ヤフーショッピングの売上アップを目指す!売上アップのためにすること

更新日: 2024.2.21

カテゴリ:  Yahoo

ヤフーショッピングの売上アップを目指す!売上アップのためにすること

「ヤフーショッピングでショップを運営しているけれど、なかなか売上が上がらない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

 

ヤフーショッピングで売上アップを狙おうと試行錯誤しても、なかなか売上が上がらないこともありますよね。

しかし、それはヤフーショッピングならではの売上アップを狙える方法を試していないからかもしれません。

 

そこで今回の記事では、ヤフーショッピングの売上アップを目指すためにすることについて詳しく解説していきます。

ぜひ今後のショップ運営の参考にしてみてくださいね。

ヤフーショッピングで売上アップのためにするべきこと

ヤフーショッピングで売上アップのためにするべきこと

ヤフーショッピングで売上を上げるためには、正しい商品選定が必要です。

ヤフーショッピングには、約80万店舗以上の出店者がいます。
そのなかで多くの売上を得るためには、ヤフーショッピング内のキャンペーンの把握やショップ独自の施策など、他店との差別化が必要になるでしょう。

また、取扱商品がひとつでも多い方が、検索エンジンからの流入が増えます。

そのため、ほかの店舗では取り扱いされていないサイズやカラーを展開することもおすすめ。

 

ここからは、ヤフーショッピングで売上アップのためにするべきことについて具体的に解説していきます。

商品ページを改善する

商品ページを改善する

ヤフーショッピングで売上をアップさせるには、商品ページの改善が必須です。

商品画像や説明文の内容の変更など、すぐ実践できることでも、少しの工夫で売上が大きく上がることもありますよ。

商品ページを改善するためには、具体的に下記項目を実施してみましょう。

商品画像を変えてみる

EC販売において、画像の質が売上を左右するといっても過言ではありません。

それほどに商品画像の改善は外せないポイントだといえるでしょう。

 

具体的な改善内容として挙げられるのが、サムネイル画像の強化です。

サムネイルとは、ヤフーショッピングの検索結果に表示される1枚目の画像のこと。

一番に顧客の目に入ってくる画像なので、クリック率を高める上で非常に重要です。

サムネイル画像1枚に、商品の特徴やカラーバリエーション、送料無料などの情報を盛り込むのがおすすめ。

 

また、商品ページの画像は必ず最大枚数まで登録してください。

現物を見ることができないヤフーショッピングでの販売では、参考画像が多いに越したことはありません。

さまざまな角度からの画像やそれぞれのカラーの画像、素材や大きさが伝わる画像などを登録できる最大枚数の21枚まで登録してみましょう。

商品の概要を具体的に伝える

商品の登録画面に空白の項目があるなら、必ずすべての項目を埋めてください。

特に、「プロダクトカテゴリ」と「スペックコード」を空白にしている場合は、いますぐ改善が必要です。

これらの項目に入力漏れがある場合、カテゴリー検索や絞り込み検索で商品を探した時に検索結果に表示されない可能性があります。

プロダクトカテゴリには商品と一番マッチするもの、スペックコードには商品のスペックを示す値を入力しましょう。

 

また、商品のタイトルや説明文は、検索に引っ掛かりやすくなるような工夫をしましょう。

商品名には正式名称だけでなく、一般的な呼び名を入れておくと検索画面に表示される機会を増やすことができます。

 

その商品の具体的な特徴や強み、使用方法などを詳しく記入し、どんな商品なのかが分かるようにしておけば、ユーザーに選んでもらえる機会の増加が期待できます。

ほかにも、商品ページの画像の上に貼り付けられるひとことコメントを登録し、商品の良さや特徴を伝えるのもおすすめです。

顧客の回遊率を上げる

店舗内での回遊率を上げることで、関連商品などを購入してもらえる可能性が高まり、売上アップに直結しやすいです。

回遊率が上がると、ついで買いやまとめ買いを狙うことができます。

また、送料を無料にするための条件を提示している場合(〇〇円以上のご購入で送料無料、など)、回遊率を上げないと送料条件をクリアするのが難しくなり、顧客が離脱したりカゴ落ちしてしまうことがあります。

 

回遊率を上げるための具体的な方法として、商品ページ内に関連商品やおすすめの商品を掲載しておくと効果的です。

さらに、ヘッダーのHTMLを使えるスペースを利用して、売れ筋の商品のバーナーを並べておく方法も良いでしょう。

商品の出品数を増やす

商品の出品数を増やす

売上アップを目指すにあたって、商品の出品数を増やすことを検討しましょう。

出品数を増やすといっても、商品点数の種類が少なく、在庫を数多く積めばいいというわけではありません。

 

売上アップを狙うためには、カラーバリエーションやサイズ展開などの出品商品の種類を増やし、それぞれの在庫を多く持たないという「広く・浅く」を心がけるのがポイントです。

商品点数が増えれば増えるほど検索画面への露出が増えるので、検索画面からの流入が期待できますよ。

売上アップが狙える商品の選び方

競合が激しいヤフーショッピングでは、他のショップより優位性の高い商品をいかに上手く選定するかが売上を大きく左右します。

 

優位性の高い商品といっても、必ずしも他社よりも価格が安いことだけではありません。

たとえば、オリジナルの商品や特別販売権がある商品など、さまざまな要素から選んでいきましょう。

顧客の流入を増やす

顧客の流入を増やす

ヤフーショッピングで売上アップを狙うためには、顧客の流入をいかに増やすかが重要になります。

SEO対策や広告枠などをうまく利用し、集客の導線を作りましょう。

SEO対策をする

ECモール内の検索アルゴリズムは一般的な検索エンジンとは異なります。

しかし、サジェストや関連キーワードを洗い出し、最適化していく手法自体は一般的なSEO対策と変わりません。

 

調査結果によると、ヤフーショッピングを利用しているユーザーの約7割は、商品をモール内検索やカテゴリリストから探しているそうです。

そのため、検索結果の上位に表示されるようにSEO対策をとることで、購買意欲のある多くのユーザーの目に留まりやすくなります。

メルマガを配信する

ヤフーショッピングでは、過去にショップを利用してくれた顧客に対してメルマガを配信することができます。

 

ヤフーショッピングのメルマガ配信は、どれだけ送っても配信料がかかりません。

そのため、気軽にコミュニケーションを促せるメルマガをどんどん活用しましょう。

メルマガはHTML方式で作成し、本文に画像を挿入しながら商品情報を紹介すると魅力が伝わりやすいのでおすすめです。

さらに、ショップならではのクーポン情報などを添えると、より効果的ですよ。

アフィリエイトを実施する

アフィリエイトとは、成果報酬型広告のこと。

インフルエンサーやブロガーに自社の商品を宣伝してもらう手法です。

ヤフーショッピングはアフィリエイトに最も力を注いでいます。

そのため、ヤフーショッピングで売上アップを狙うためには、どんどんアフィリエイトを活用すべきだといえるでしょう。

 

ちなみに、アフィリエイト報酬の手数料は1%〜50%と幅広い設定が可能です。
しかし当然ながら、報酬が高ければ高いほど有力なインフルエンサーに紹介してもらえる可能性が上がります。

広告枠を利用する

ヤフーショッピング上でもっとも短期間で集客をしやすいのが広告枠の利用です。

ヤフーショッピングでは、一般的な通常広告だけでなく、イベントの際に商品購入を促すための販促広告など、さまざまな形状の広告を掲載できますよ。

どのようなシチュエーションで広告を利用するかどうかで利用すべき広告の種類は変わってきます。

 

ちなみに、広告枠の料金形態は、商品が広告から購入されることで料金が発生するコンバージョン課金型広告や、広告がクリックされると料金が発生するクリック課金型広告などが用意されています。

イベントを活用する

イベントを活用する

商品を購入するユーザーは、できるだけお得に商品を購入したいと考えています。

そのため、ヤフーショッピングのイベントの際は普段より多くのユーザーが閲覧しているはずです。

 

5のつく日キャンペーンやボーナスストアなどの主なイベントは一通りチェックしておきましょう。

また、イベントのタイミングで、独自のキャンペーンを打つのも売上アップの戦略の一つですよ。

5のつく日キャンペーン

5のつく日キャンペーンとは、毎月5日、15日、25日の3日間に実施されているキャンペーンです。

ヤフーショッピングでのお買い物の際、PayPayあと払い、PayPay残高、PayPayカード(旧Yahoo!JAPANカードを含む)、PayPayカードゴールドのいずれかの方法で支払いをした場合にポイントが+ 4%となるため、売上アップを狙えるキャンペーンです。

ゾロ目の日クーポン争奪戦

ゾロ目の日クーポン争奪戦とは、毎月11日と22日に実施されているキャンペーンのことです。

その日にしか使用できないクーポンが先着順で配布されます。

次に紹介するボーナスストアのポイントを併用すれば、さらにお得に商品を購入できる日になります。

ボーナスストア

ボーナスストアとは、PayPayポイントが+ 5%または+ 10%付与されるキャンペーンです。

しかし、すべてのストアが対象となるわけではなく、ボーナスストアに参加した店舗のみが+ 5%や+ 10%の対象となります。

 

ほかにも、ソフトバンクユーザーのみ日曜日にポイントが最大22%還元されるキャンペーンもあるので把握しておくと良いでしょう。

顧客対応を見直す

顧客対応を見直す

ヤフーショッピングで売上を伸ばすためには、顧客対応を見直すことも重要です。

EC販売で顧客の顔を見ることができなくても、顧客が気持ちよく買い物することができるようにすることが大切です。

ここからは、顧客対応で見直すべきポイントを紹介します。

配送条件を変更する

ヤフーショッピングにおいて検索結果で上位に表示される出品者は、送料無料、もしくは安価な送料で出品している傾向にあります。

また、ネットショッピングでは、商品の購入を決めて購入手続きに進んでも、思ったより送料が高いという理由で購入を断念するユーザーが多いです。

 

そのため、配送条件を見直すことで顧客に迷う隙を与えずに済むので、売上アップに直結しやすいといえるでしょう。

問い合わせやクレームの対応を見直す

ヤフーショッピングは、レビューや評価点が上位表示を左右します。

そのため、問い合わせ対応が雑だったりクレーム対応が悪いと、悪い評価に繋がる可能性があるため早急に見直しが必要です。

 

理不尽なクレームがくることもありますが、そのような顧客にも対応できるよう基本的なクレームマニュアルを作っておくと安心ですよ。

問い合わせやクレームは、とにかく迅速で丁寧な対応が基本です。

アフターフォローを丁寧に行う

商品をご購入いただいた後のアフターフォローが丁寧だと、ショップへの印象が上がります。

その結果、リピーターになってもらえる可能性が高くなりますよ。

 

丁寧なアフターフォローの例として、発送した商品に不具合が見られた場合でも迅速に対応したり、商品に関する疑念点も丁寧に解決することが挙げられます。

また、ご購入いただいたユーザーへ向けて購入のお礼や、商品に不具合があった時の対処法などを書いたフォローメールの設定をするのもおすすめです。

ユーザーに寄り添った運営を意識していれば、自然と売上アップに繋がっていくことでしょう。

プロに相談してみる

これまでに紹介した方法を試しても、なかなかヤフーショッピングの売上アップに繋がらないと感じているのなら、思い切ってプロに相談してみるのも一つの手です。

やはりヤフーショッピングという競合の多いなかで売上を上げるのは簡単ではありません。

売上を上げるためのコンサルを受けたり、プロの知識を頼ってみるのもひとつの手です。

自分でやるだけでなく、他社へ運営をまるごと外注するという選択肢もありますよ。

 

自分の力だけでは売上アップが見込めないなら、まずは費用対効果を検討するために、運用代行業者に見積もりや提案をもらってみると良いでしょう。

ヤフーショッピングの売上アップはピュアフラットへ!

ピュアフラットは、ヤフーショッピングのコンサルも可能です。

ピュアフラットはECに精通したwebコンサルティング会社で、ヤフーショッピングはもちろん、楽天市場やAmazonなどのモールでも運用代行を行っています。

支援店舗は3000店超え・売上アップ率は372%と驚異的な実績を持っており、ヤフーショッピングで多くの経験を積んでいるスタッフに運用代行やコンサルティングを依頼することができます。

店舗の悩みや困りごとのすり合わせを行い、その課題やショップの特色に合わせた改善プランを提案してくれます。

 

見積もりや提案は無料で受けられるので、まずは相談だけでも問い合わせてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回の記事では、ヤフーショッピングの売上アップのためにするべきことについて詳しく解説しました。

 

ヤフーショッピングで売上アップを狙うためには、ヤフーショッピングの特性にあった対策をする必要があります。

今回紹介したものは、どの方法もすぐ取り入れられる内容ばかりなので、早急に改善していきましょう。

 

それでも思うように売上アップが見込めないとお悩みの場合は、見積もりと提案を無料で対応してもらえるピュアフラットに相談してみるのもおすすめですよ。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧