株式会社ピュアフラット

【必見】Amazon SEOで検索順位と売上を大幅アップ~広告・商品・キーワードの選定~

更新日: 2024.4.17

カテゴリ:  Amazon

【必見】Amazon SEOで検索順位と売上を大幅アップ~広告・商品・キーワードの選定~

世界中で多くの企業が利用し、日本にもすっかり定着したAmazon。

 

当然、企業同士の競争は激化するので、Amazon内でライバル企業との競争に勝ち、売上を上げていくには、相応の対策が必要です。

 

この記事では、そのための施策の1つ、”Amazon SEO”の具体的な対策について、分かりやすく解説します。

Amzon SEOの重要性

まず、Amzon SEOとは何か、Amazon SEOが各企業にとってどこまで重要なのか、お伝えしましょう。

そもそもAmazon SEOとは?

AmazonSEOとは
そもそも、”Amazon SEO”とは、「Amazon内におけるSEO」のことです。

 

そしてSEOとは、”Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)”の略で、GoogleやYahoo、Amazonや楽天といった検索エンジン内で、自社のサイトが最も目的を達成しやすい状態にしていくことを指します。

 

Amazonの場合、出店企業の目的は「売上最大化」ですから、SEOを通じて売上最大化を実現することになります。

 

ここで、「売上=訪問数×転換率×客単価」と考えることができ、「訪問数」は、自社のサイトがいかに多くのユーザーの目に留まるかが重要になるので、SEOを通じて検索順位を上げることは、自社の売上に直結します。

SEOにおけるGoogleとAmazonの違い

”Amazon” SEOというからには、Amazonと他のサイトでSEOに違いがあります。

 

そもそも、Amazonにせよ、Googleにせよ、あらゆる検索エンジンには、「アルゴリズム」というものが存在します。

 

「アルゴリズム」とは、「検索結果の表示順等を決定する論理、考え方」のことで、検索エンジン上の各サイトは、このアルゴリズムに基づいて評価されることになります。

 

AmazonとGoogleでは、このアルゴリズムが全く別物であるため、SEOのやり方も異なります。

 

それぞれがどんなアルゴリズムなのかは非公開なので、誰にも正解はわかりませんが、AmazonのSEOにおいては、GoogleのSEOと比べて、「販売件数」が影響してくると言われています。

 

売上を最大化するためにSEOをするのに、そのSEOに売上件数が絡んでくる……。

 

皮肉な話ですが、それくらいSEOは複雑で、他企業に勝つチャンスがあふれているということです。

検索順位が与える影響

では次に、SEOによって検索順位を上げていくことが企業にどれほどの影響を与えるのか、解説します。

検索結果はどの程度閲覧されるか?

Amazonは非常に大きなプラットフォームであり、大量の商品が存在するので、検索結果もそれだけ膨大なものになります。
この検索結果を、1つ残らず全部見る方はほとんどいないでしょう。

 

では、検索結果は一体どの程度まで、ユーザーの目に留まるのでしょうか?
様々な見解がありますが、Amazonの場合は、70%の人は1ページ目までしか見ないと言われています。

Amazonの検索結果画面

では、「70%の人は1ページ目までしか見ない」という前提で、Amazonの検索結果画面を確認してみましょう。いくつの商品がユーザーの目に留まることができるのでしょうか?

検索結果画面
引用:Amazon検索結果画面

 

こちらは、Amazon内で「SEO」と検索した際のPC表示画面です。

 

ご覧のとおり、一行に5つの商品が並び、1ページには14列表示されます。

 

ところが、先頭の4商品(写真赤枠箇所)は、Amazonにお金を払って掲載してもらう広告枠です。

 

つまり、検索結果の1ページ目までに掲載されるには、何十、何百もの商品がある中で、少なくとも5×14-4(広告枠)=66番目に表示される必要があるということです。

 

そして、この検索結果をスマホで表示すると、下の写真のようになります。


引用:Amazon検索結果画面

 

1画面に表示されるのは3商品まで。しかも最初の3つは広告です。そして、1ページ目に表示されるのは、広告の状況にもよりますが、おおよそ15商品です。

 

また、「人がスマホをスクロールするのは3回まで」と言われることもありますし、パソコンの場合でも、ページのすべてを見る人は少ないと思われるので、実際にユーザーの目に留まる商品はさらに限られてきます。

 

また、「35%の人が最初の3つの商品をクリックする」と言われることもあるので、やはり、SEOによって検索順位を上げることは、Amazonで売上を上げるうえで欠かせない施策だといえるでしょう。

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットではAmazon、楽天、Yahoo!、Qoo10など各プラットフォームの出身メンバーを中心に経験のあるメンバーがコンサルティングを行うECモール領域のコンサルティングに特化した企業です。売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで一気通貫でサポートいたします。 下記のフォームからお問合せいただけますので、是非お気軽にご相談ください。  

Amazon SEOのアルゴリズムを理解しよう

AmazonSEOの具体的な方法

 

Amazonでの販売成功には、Amazon SEOのアルゴリズムを理解することが欠かせません。
このアルゴリズムは、購入者が何を検索し、どの商品を選ぶかを決める重要な役割を担っています。
 

ここからは、Amazon SEOのアルゴリズムとそれを活かすための具体的な方法を解説していきます。

検索頻度の高いキーワードを使う

まずはじめに、できるだけ多くのユーザーの目に留まるようにするために、ユーザーがよく使うキーワードを押さえることが肝心です。

 

また、「よく見られているページ」=「人気の記事」とみなされ、Amazonのアルゴリズムからの評価も高まるため、キーワード選びは検索順位にも影響を与えます。

 

では、検索頻度の高いキーワードは、どのようにして調べたらよいのでしょうか?

 

いくつかおすすめのツールをご紹介します。

Amazonサジェスト

最初にご紹介するのは「Amazonサジェスト」です。

 

Amazonの検索ボックスに単語を入力すると、自動で検索キーワードが提案されます。

 

例えば、下の写真は「SEO」と検索した際の検索ボックスです。

 

SEO検索結果
引用:Amazon検索結果画面

 

「SEO」と入力した段階で、いくつかのキーワードが自動で提案されます(赤枠箇所)。

 

これがAmazonサジェストです。

 

このAmazonサジェストを活用することで、売上を上げたい商品のカテゴリや商品名とセットでよく使われているキーワードを把握できます。

Amazon広告データ

Amazon広告を出稿している企業にとっては、Amazon広告のデータも、SEOに有効なキーワードを考えるのに有益なデータになり得ます。

 

Amazonの広告レポートを見れば、キーワードごとのクリック率やコンバージョン率を把握できるため、商品と相性のよいキーワードを探すヒントになります。

Googleトレンド

Googleが提供しているサービスを使うこともできます。

 

まずご紹介する「Googleトレンド」は、今どんなキーワードがどれくらい検索されているかという「トレンド」を把握できるツールです。

 

特定の単語を入力すると、その単語の検索回数の推移と、地域別の動向を把握できます。

Googleトレンド①

引用:Googleトレンド検索結果

 

ある単語がキーワードとしてふさわしいかどうか判断する際に活用できます。

Googleサジェスト

 

Amazonサジェストと同様に、Googleの検索窓にキーワードを入力した際に提案されるワードも、キーワード選びのヒントになります。

 

Amazonサジェストの方が重要ですが、「今よく検索されているワードを知る」という意味では有効です。

Googleキーワードプランナー

最後に、Googleキーワードプランナーをご紹介します。

 

Googleキーワードプランナーは、あるキーワードを入力すると、そのキーワードがどんな単語とセットで、どれくらい検索されているのかを教えてくれます。

 

下の写真は「SEO」と入力してみた場合の例です。

キーワードプランナー

引用:Googleキーワードプランナー検索結果

 

以上、「検索頻度の高いキーワード」を調べるツールのご紹介でした。

キーワードを工夫するべき箇所

 

次は、上記のツールを使って選定したキーワードをどこで使ったらよいのか、解説していきます。

 

①商品名

 

第一に、商品名です。ユーザーにとっても、最初に目にする言葉で最も大きく表示されるので、SEOにおいても、商品名は極めて重要です。

Amazon商品名

引用:Amazon検索結果画面

 

②商品仕様(商品説明の箇条書き)

 

商品名に続いて重要になるのが、「商品仕様」と呼ばれる部分です。(「商品説明文」と言われることもあります。)

 

商品仕様は、箇条書きで記載することになっており、最大で5つまで設定できます。(下記写真の赤枠箇所)

 

Amazonのアルゴリズムでは、この商品仕様も評価対象になっているとされているため、意識的にキーワードを盛り込むなど、工夫が必要です。

商品説明

引用:Amazon検索結果

CVRのアップ

Amazon SEOの方法2つ目は、CVRを上げることです。
この方法について解説します。

そもそもCVRとは?

まず、CVRとは、Conversion Rate(コンバージョン率))の略で、webサイト訪問者のうち、そのwebサイトが最終目的にしている成果(Amaozon出店者の多くの場合は「購入」)に至った割合のことです。

 

Amazonのアルゴリズムでは、「CVRが高い=ユーザーの興味・関心に応えている」と判断され、高く評価されるので、検索順位が上がりやすくなります。

 

次に、CVRを高めるためにやるべきことをご紹介します。

キーワードの工夫

まずは、すでに解説したキーワードの工夫が重要です。

 

ユーザーはニーズをもって検索するので、そのニーズに応え、ユーザーが「気になる!」と思わずクリックしてしまうようなキーワードを設定する必要があります。

商品紹介文

また、「商品紹介文をいかに魅力的に書けるか」という観点も重要です。

 

よほど名の知れた有名ブランドでもない限り、製品名を見ただけでは、それがどんな製品なのか、ユーザーにはわかりません。
そのため、この商品紹介文は、必ずユーザーに読まれる箇所です。

 

他製品と差をつけられる箇所でもあるので、商品の魅力を最大限伝えられる紹介文を作成しましょう。

商品画像

商品画像は、購入意欲を刺激し、消費者の判断に大きく影響を与える要素の一つです。
購入者はオンラインで買い物をする際、画像で判断することになります。
 
特にトップ画像がとても重要です。
高品質でわかりやすく、購買意欲が高まる画像を使用しましょう。
鮮明で詳細がはっきりとした画像は、信頼性を高め、商品の魅力を伝えるのに効果的です。
 

さらに、複数の角度や使用シーンを示す画像を用いることで、消費者が商品を手に取って見るような体験をオンラインで再現できます。
 
また、特徴を強調した画像を加えることで、商品の理解を深め、購買意欲を引き出すことができるでしょう。

商品紹介コンテンツ

商品説明文と同じく大事になるのが、「商品紹介コンテンツ」です。商品説明文はテキストのみで商品の魅力を訴求しますが、「商品紹介コンテンツ」は、画像も用いて商品の魅力を訴求できるため、商品紹介文よりも強力です。

 

また、商品紹介コンテンツにテキストで記載した文章はSEOにも影響するため、キーワード選びも重要です。

 

なお、商品紹介コンテンツにはテキストを記載できることから、商品紹介コンテンツを用いるときは、商品紹介文は不要になります。

ユーザーレビュー

ユーザーレビューもCVRに影響を与えます。

 

商品紹介コンテンツなどを見て、「この商品よさそうだけど、どうしようかな」と迷っているユーザーが次に見るのが、ユーザーレビューです。

 

ユーザーレビューは、先にその商品を購入した人からの第三者評価なので、ユーザーレビューが高いと、購入を迷っているユーザーを後押しすることになり、CVRが高まります。

ショップレビュー

ユーザーレビューだけでなく、ショップレビューも重要です。

 

Amazonには膨大な数の出店者がいるため、同じ商品を複数の会社が売っているケースも珍しくありません。

 

そのため、Amazonで売上を上げるには、商品を購入するという意思決定だけでなく、「このお店で」購入するという意思決定をユーザーに促す必要があります。

 

そこで重要になるのがショップレビューです。

 

「配送が速い」「アフターフォローが丁寧」「梱包が丁寧」など、よい評価がたくさん書かれていると、ユーザーが安心して購入に進めるため、CVRが高まります。

販売件数のアップ

Amazon SEOに有効な施策3つ目は、「販売件数のアップ」です。

 

どの店舗も、よく売れている商品を前面に打ち出すと思いますが、それはAmazonも同じです。

 

Amazonでは、直近1週間の販売件数を評価しており、よく売れている商品ほど、上位表示されることになります。

 

ここからは、販売件数を増やす方法をご紹介します。

値引き

販売件数を増やす方法の1つ目は「値引き」です。

 

価格を下げると、販売件数は増えますが、1件販売したときの利益は小さくなるので、どの店舗にとっても、積極的に打ち出したい施策ではありませんが、検索結果を上げるために、一時的に値下げ戦略を取ることもあります。

広告活用

続いての方法は、広告の活用です。

 

Amazon内での広告は、販売ページへの訪問者数を短期間で増やすのに効果的です。

 

ただし、ユーザーが広告をクリックしたタイミングや、広告が表示されたタイミングで費用がかかりますし、広告に設定するキーワードによって広告1回あたりの費用が大きく変わるので、戦略的に活用できなければ、ただ費用をつぎ込むだけになりかねないので、重要な施策です。

 

商品パフォーマンス

Amazonでは、ユーザーの購買体験の満足度を高めるため、商品ごとに、「商品パフォーマンス」という指標を設け、各商品を評価しています。
AmazonにおけるSEOにおいては、この商品パフォーマンスも影響を及ぼすため、商品の評価を高めることも、間接的なSEO対策だといえるでしょう。

販売実績

先にお伝えした販売実績も、商品パフォーマンスを決定づける要素です。
Amazonのアルゴリズムは、購入者にとって価値のある商品を提供するため、商品の人気や信頼性を示す指標である販売実績を重視して、検索順位を決めています。
そのため、広告などを用いて販売実績を作ることが、最初のAmazon SEO対策といえるでしょう。

在庫管理

Amazonでは、商品が在庫切れを起こすと、検索順位に悪影響を及ぼす可能性があります。
在庫切れだと、商品を購入したいと思ったユーザーが結局購入できず、ユーザーの満足度を下げてしまいかねないためです。
つまり、適切に在庫を管理することは、Amazonにおいて機会損失を防ぐ以外に、SEO対策としての効果もあるということです。

外注(プロに任せる)

Amazon SEOとして最後におすすめするのは、コンサルや運営代行会社などに外注し、プロに任せるという方法です。
これまで見てきたように、Amazon SEOには様々な施策が存在し、どれも相応のノウハウとコストを必要とします。さらに、検索キーワードなどは、移り変わりが激しいので、ずっと対策を打ち続ける必要があります。

 

これらをすべて、1から内製で進めようとするのは、多くの企業にとって困難なことですので、思い切って外注してしまうという方法もあります。

 

Amazon SEO(検索順位)で活用できるツールはあるのか

Amazonでの売上向上を目指す際、検索順位の最適化は非常に重要です。

このプロセスを助けるために、様々なAmazon SEOツールが存在します。

これらのツールは商品の検索順位を高め、より多くの顧客に商品を見てもらうことを目的としています。

代表とされるツールは以下の5つがあります。
 

  1. AMZ Data Studio
  2. Helium 10(ヘリウム10)
  3. Ubun BASE(ウブンベース)
  4. SellerSprite(セラースプライト)
  5. Arrows 10

 

ここでは、各ツールの特徴などを解説します。

AMZ Data Studio

Amazon内での製品の検索順位を正確に追跡し、さらに競合の分析も行えます。

特にバリエーションが多い商品に対しても、どのバリエーションが最も検索結果で上位に表示されるかを把握できる点が特徴です。
 

複数のキーワードについてのランキング推移も一目でわかり、戦略的なSEO対策を立てる上で大変便利です。
 

さらに、「Amazon おすすめ」バッジの獲得状況もチェックできるため、商品の魅力向上にも役立てられます。

AMZ Data Studioを使いこなして、Amazonでの商品の見える化を実現し、売上アップを目指しましょう。

Helium 10(ヘリウム10)

Amazon出品者の間で評価が高い、多機能なSEOツールです。

Amazonの検索順位を向上させたいと考えている方にとって、非常に価値のあるツールです。
 

ヘリウム10は30以上のツールを提供し、検索順位のチェックだけでなく、市場調査、キーワード検索、競合分析など、商品販売に関連する幅広い機能を備えているので、

安定したデータを提供し、Amazonでの成功に必要な洞察を得るのに役立ちます。
 

また、売上やアクセス数の分析も行え、商品の市場での位置づけや改善点を把握するのにも適しています。

Ubun BASE(ウブンベース)

Amazonの出品者に特化した無料のツールで、株式会社ウブンが提供しています。

このツールは、Amazonの売上や広告レポートを自動化し、データを簡単に管理・分析できるように設計されています。

特に、Amazonでの検索順位を確認する機能があり、自社商品がどのような位置にあるのかを瞬時に把握できます。
 

また、レビューリクエストの自動化やページビュー数、注文率など重要なメトリクスを可視化することも可能です。

Amazonで効率的にビジネスを展開したい、または既存のビジネスの改善を図りたい出品者に適しています。
 

無料で利用できるため、コストを抑えつつも、販売戦略の最適化を目指すのに役立ちます。

SellerSprite(セラースプライト)

Amazon出品者のためのデータ駆動型のツールです。

Amazonでの販売戦略をデータに基づいて行いたい方にとって非常に役立つツールです。

市場分析、商品リサーチ、キーワードリサーチ、競合リサーチなど、Amazonのビジネスに関連する様々なデータ分析が可能です。

 

ただし、セラースプライトはAmazonの公式ツールではないため、提供されるデータの信憑性には多少の注意が必要です。

それでも、市場のトレンドを把握したり、商品戦略を練る上で参考にするには非常に便利です。
 

Amazonでの販売をデータに基づいて最適化し、成功に導きたい方にお勧めのツールです。

Arrows 10

Amazonの出品者がSEOを効果的に行うためのツールです。

このツールを使えば、Amazon内での商品の検索順位やキーワードのインデックス状況を簡単に把握できます。
 

また、キーワードの検索ボリュームの分析も可能で、どのキーワードがどれだけの影響力を持っているかを知ることができます。
 

さらに、「Amazon Choice」バッジの追跡も可能で、商品のビジビリティ向上に役立ちます。

簡単な操作で幅広いデータを収集できるため、Amazonでの販売戦略を立てる際に大きな助けとなります。
 

特に、自分の商品がどのキーワードでどのように見つけられているのかを知りたい、または改善したい方におすすめです。

ニーズに合わせて活用してみよう

これらのツールを利用することで、どのキーワードが効果的か、どの商品が検索結果で上位に来ているか、といった有益な情報を得ることができます。
その情報を基に、商品のタイトルや説明、キーワードの選定を最適化し、検索順位を高めることが可能になります。
 
ツールの選択に際しては、自社のニーズに合った機能を提供するかどうか、利便性やコストパフォーマンスを考慮することが重要です。
 
また、ツールだけに頼るのではなく、常に市場の動向を把握し、消費者のニーズに合わせた商品改善やキーワードの見直しを行うことも、成功のためには欠かせません。

Amazon SEOでお困りならピュアフラット

株式会社ピュアフラットは、「結果にしっかりこだわるコンサル会社」として、Amazonを始めとするあらゆるECモールでの売上アップ実績があります。

 

SEOはもちろん、広告運用や商品紹介ページの作り込みなど、Amazonで売上を上げるために必要な施策を一気通貫してご支援可能です。

無料の店舗診断も期間限定で承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
 

Amazon無料診断バナー横

関連するご支援実績

ピュアフラットのamazonでのご支援実績を紹介します。
 
 
ご支援実績
 
詳しくはこちら

まとめ

以上、Amazonで売上を伸ばすための、Amazon SEOの具体的な方法を解説しました。

 

Amazon SEOには、キーワード選びを中心に、商品ページのありとあらゆる部分の作り込み、値引きなどの販売戦略や広告戦略など、様々な施策が存在します。

 

そのため、0から売上最大化に至るには相当な労力と時間とコストがかかるので、今や外注が当たり前になってきています。

 

弊社では、売上が上がった場合にのみコンサル費用が発生する成果報酬制を採用しているため、最小限のリスクでお取り組み可能です。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

Amazon SEOに関するよくある質問

  • コンサル会社に委託して、本当に売上が伸びるの?

  • 多くの場合、売上は上がります。 どうしても売上が上がるか不安な場合は、成果報酬を採用している会社を選ぶとよいでしょう。 成果報酬であれば、クライアントの売上を上げなければ、コンサル会社も売上が上がらなくなるので、売上げアップにコミットすることになります。 あるいは、契約開始前に、コンサル会社側で売上アップできるかを精査し、難しいと判断したら、そもそも契約しないということもあり得ます。 また、コンサル会社を利用することの価値は、売上最大化まで「最短で」到達できることです。膨大な時間と莫大な予算をかけてありとあらゆる施策を試せば、コンサル会社なしでも売上最大化に到達できる可能性はありますが、費用対効果を考えると、「最短距離で売上最大を実現できるコンサル会社に外注した方がよい」という結論に至る可能性があります。

  • キーワード選びや広告運用は、どれくらいのスパンでチェックすればいいの?

  • 正解はありませんが、できるだけ短いスパンで、可能であれば毎日のチェックをおすすめします。 Amazonは競合他社やユーザー数が多く、その分トレンドや検索順位などの移り変わりも激しいため、最速で変化に対応し続けることが、売上最大化のコツです。 特に広告運用においては、細やかな分析と改善が、運用効果を大きく左右するので、短いスパンでPDCAを回し続けることがカギになります。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧
X