株式会社ピュアフラット

Amazonの広告運用代行会社おすすめ5選!選び方のポイントも解説

更新日: 2024.4.17

カテゴリ:  Amazon

Amazonの広告運用代行会社おすすめ5選!選び方のポイントも解説

Amazonで出店した店舗に集客したい、売上アップを図りたいと考えたときに、検討する施策の1つに広告運用が挙げられます。

 

Amazonでの広告運用には、やり方のノウハウや知見が欠かせません。よって、自社で取り組もうと思っても難しいこともあるでしょう。そこでおすすめなのがAmazon広告運用代行会社への依頼です。

 

この記事では、Amazonの広告運用代行を依頼するにあたってのメリットやおすすめの会社、選び方について解説していきます。
 
なお、弊社ではAmazonの新規出店ガイドを無料で提供しています。

 
これからAmazonに出店を考えている方や、出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、成果を最大化するためのポイントを解説しております。
資料は下記のバナーをクリックしていただくことでダウンロード可能です。
 
Amazonの新規出店ガイドダウンロードバナー

Amazon広告の運用代行も依頼可能


冒頭で述べた通り、Amazonの広告運用は外部に依頼可能です。

 

一般的に店舗の運用代行なら聞いたことがあるかもしれませんが、広告運用に特化したサービス提供をしているところも少なくありません。

 

すでに多くの運用実績がある広告運用代行会社に依頼すれば、自社のリソースが取られることなくスピーディーに結果を出せます。

 

自社のリソースやノウハウがない場合は、依頼を検討してみると良いでしょう。

Amazon広告の運用代行を依頼するメリット

Amazon広告の運用代行を依頼するメリット

では、Amazon広告の運用代行を依頼する3つのメリットについてみていきましょう。

  1. 広告運用に必要な業務を一括で委託できる
  2. 広告運用の成果が出る確率が上がる
  3. 自社のリソースをあけられる

広告運用に必要な業務を一括で委託できる

まず、Amazonの広告運用を代行してもらえるとなれば、必要な作業を一貫して委託できます。

 

Amazonで広告運用をするにあたっての必要な業務は以下の通り。

  • Amazonアカウントの登録
  • 商品登録
  • 初期設定から広告を掲載するキーワード選定
  • ターゲットの設定
  • 広告文章の作成
  • 商品ページの作成・最適化
  • 客単価設定
  • 分析・効果検証
  • 在庫管理

上記のように業務範囲は多岐にわたります。そうした業務を自社リソースで全てまかなえるかというとそうではないでしょう。

 

人件費や労力といったコストを削減しつつ、失敗する可能性を大幅に下げられるメリットがあります。

広告運用の成果が出る確率が上がる

広告運用のプロに依頼するため、成果が出る確率が飛躍的に向上します。

 

自社で取り組む場合は、社内に広告運用の知見に長けたスペシャリストが在籍していなければいけません。でなければ、成功確率が下がるだけでなく、費用負担が大きくなってしまうからです。

 

そうした中で、すでに実績のある広告運用のプロに委託することで、適切な広告出稿による高い費用対効果が期待できます。

自社のリソースをあけられる

また、広告運用を外部に委託するため、本来自社の広告運用におけるリソース分を丸々あけられます。

 

例えば、広告運用における効果検証やレポート作成など、大切な業務は少なくありません。

 

こうした業務を自社で取り組む必要がなくなるため、そのリソースを本来注力したかった領域に注げるようになります。

Amazon広告の運用代行を依頼するデメリット

Amazon広告の運用代行を依頼するデメリット
一方、Amazonの広告運用代行におけるデメリットについてお伝えします。

  1. 広告運用費用と別途コストがかかる
  2. 自社に広告運用のノウハウが蓄積されない

広告運用費用と別途コストがかかる

広告運用代行会社に依頼する場合、広告掲載費と別途で手数料が発生します。

 

手数料は依頼する会社によって異なるため、一概には言えません。しかし、一般的には20%ほどの手数料が発生するとみておきましょう。

 

つまり、100万円の広告掲載費をかける場合の手数料は20万円。こうしたコストは小規模の店舗であればあるほど、負担としては大きく感じてしまうでしょう。

 

商品登録や商品ページ作成など、自社で事前に行っておくと代行会社へ価格交渉ができる可能性もあるため、コスト削減につなげられます。

自社に広告運用のノウハウが蓄積されない

自社に広告運用のノウハウが蓄積されないというのもデメリットでしょう。

 

運用代行会社に依頼すれば、依頼先が持つノウハウを駆使して成果を上げるための運用を進めていきます。そのノウハウを共有してもらえるわけではありません。

 

よって、自社に広告運用のノウハウは蓄積されず、いざ自社で運用を試みてもうまくできない可能性が高いでしょう。

 

そうした事態を防ぐためにも、Amazonの広告運用における基礎知識を蓄積できるように事前に運用しておくのも良いです。

Amazon広告運用代行にかかる主な費用相場

Amazon広告運用代行の主な費用相場

Amazon広告運用代行にかかる主な費用相場について紹介していきます。主に発生する費用は下記の3つです。

  • 初期費用:広告出稿までに必要な作業費
  • 広告出稿費用:Amazonで利用できる広告における出稿料
  • 運用代行手数料:運用代行に発生する費用

初期費用や運用代行手数料は、依頼先によっても異なるため、明確な金額は言えません。ただ広告出稿費用の一つであるディスプレイ広告では、少なくとも150万円以上の出稿費用が必要です。

 

そうした予算感なども踏まえて、複数会社から見積もりを取っておくと良いでしょう。

 

なお、売上などの成果に応じて発生する成果報酬型のプランを提供している会社もあるため、希望する範囲と金額などを考慮してみてください。

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

Amazon広告運用代行の費用別にみた対応範囲の目安

Amazon広告運用代行と一言でいっても、依頼する料金によって、対応してもらえる業務範囲が異なると思います。
 
そこで、ある程度の目安として、費用別にみた対応範囲を紹介していきます。
 
ピュアフラットでは、Amazonでの豊富な支援実績と業界トップクラスの広告運用のノウハウを活用した支援が可能です。初回相談は無料なので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
 
ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

月10万円以下

Amazon広告運用代行の中でも、ミニマムプランである月10万円以下だと、主に以下のようなサービス内容になることが多いです。

  1. 現状の分析
  2. キーワード選定
  3. 効果分析
  4. 月次など定期的なレポートの作成

月10万円以下のプランは、お試しで広告運用代行を試したい方や費用をなるべく抑えながら、Amazon広告運用のプロに軽くサポートもしてもらいたいという方におすすめです。
 
とはいえ、このプランだとできることも限られてしまうため、もう少し費用の高いプランを検討してみても良いかもしれません。

月20~30万円

月20〜30万円のプランは、主に以下のようなサービス内容です。

  1. 現状の分析や改善
  2. 商品詳細ページの作成や改善
  3. 売上を上げるための戦略の提案、実行

月20〜30万円で広告運用代行会社に依頼すると、本格的な広告運用代行のサービスを受けられるようなイメージです。
 
Amazonでの売上を上げたり、商品の認知度を上げるために、具体的な改善策を提案してほしいという方には、月20〜30万円くらいの費用がかかると認識しておくと良いでしょう。

月50万円以上

月50万円以上のプランでの対応範囲は、主に以下のようなものになります。

  1. Amazon内SEOやキーワードの最適化などのアクセス対策
  2. 商品ページの最適化による転換率対策
  3. 客単価向上のための施策提案
  4. 大幅な売上向上やインハウス化を目指したコンサルティングサポート

月50万円以上のプランになると、大幅な売上向上や社内で広告運用できる人材の育成など、ほかの料金帯と比べて、対応できる範囲がかなり広がります。
 
すでに、Amazonの広告運用に取り組んでいて、成果が伸び悩んでいる方やこれから社内人材の育成に力を入れていきたいと考えている方におすすめです。

Amazonの広告運用代行会社おすすめ5選

では、おすすめのAmazon広告運用代行会社を5選紹介していきます。

  1. 株式会社ピュアフラット
  2. 株式会社グラッドキューブ
  3. デジタルアスリート株式会社
  4. 株式会社いつも.
  5. アナグラム株式会社

株式会社ピュアフラット

アマゾンLP

株式会社ピュアフラットは、売上アップ率平均372%を達成している実績のあるWebコンサルティング・運用代行会社です。

 

深い知識と専門性に長けたスペシャリストが専任担当制で徹底サポート。EC領域で結果を出すために最適な提案と支援を行います。

 

お客様と二人三脚で結果にコミットしていくため、しっかりと売上アップを実現できます。

 

初回のみ無料相談を実施しているため、広告運用などについてお気軽にお問合わせも可能です。

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブは、数々の賞を受賞しており幅広い広告運用代行サービスを展開する会社です。

 

商品ごとやオーガニックごとに細かな配信調整や戦略立案をはじめ、季節に合わせたプロモーションや他媒体で最適な施策を実行。目標達成にコミットしています。

 

また、英語や中国語などにも対応しているなど、専用チームによる幅広い的確な広告運用が可能です。

デジタルアスリート株式会社

デジタルアスリート株式会社は、Amazon広告などさまざまな広告運用に特化した運用代行会社です。

 

Amazonの広告運用ではキーワード選定が鍵を握りますが、豊富なノウハウを活かしたキーワード戦略の立案が可能。他社の実績が少ない中でも結果を出してきた独自のノウハウを持っています。

 

お客様のアカウント運用体制を万全に整えており、継続率は90%を超えているため、安心して依頼できます。

株式会社いつも.

いつも

株式会社いつも.は広告費と売り上げが反比例しているなど、広告運用をはじめとする店舗運営における悩み解決ができる運用代行会社です。

 

例えば、広告配信戦略から予算設計、各種広告出稿やキーワード選定、費用対効果分析・検証など幅広い項目から支援。細かな入札単価設定や調整もできるため、費用対効果を最大化できます。

 

3プランを提供していますが、すべてのプランで広告運用は対応しています。

アナグラム株式会社

アナグラム株式会社は、Amazon広告運用をはじめとする運用型コンサルティング会社です。

 

リスティング広告などの運用型広告を専門に取り扱うプロフェッショナル集団であるため、豊富な検索ノウハウや一気通貫な体制でスムーズな支援が可能。

 

変化の激しいWeb業界だからこそ、最新情報などもキャッチし常にブラッシュアップし続けている会社でもあります。

Amazonの広告運用代行を依頼するうえで知っておきたいポイント

では最後に、Amazonの広告運用代行を依頼するうえで知っておきたい5つのポイントについてみていきましょう。

  1. 広告運用での成功実績が充実しているか
  2. レポート共有の頻度が多いか
  3. サービス範囲が充実しているか
  4. 信頼できる豊富なノウハウがあるか
  5. かかる費用が明確か

広告運用での成功実績が充実しているか

まず広告運用でどれだけの成果をあげているのかは、みるべき大切なポイントです。

 

広告運用は費用が必要となるため、失敗すれば損をしてしまうでしょう。ですから、外部に依頼するにあたって、本当に結果につなげられるのかはシビアにみるべきです。

 

具体的には、どのような店舗でどれほどの売上アップを実現させているのか、その点に着目しつつ予算も考慮しながら依頼先を決定していきましょう。

レポート共有の頻度が多いか

また、広告運用に関するレポート作成および共有頻度の多さも大きなポイントとなります。

 

当然、費用がかかる広告を活用するということは短期間で結果を出したいと考えているはずです。よって、この成果を示すレポート共有頻度が少ないと良心的とは言えません。

 

よって3ヶ月に一度なのか1ヶ月に一度なのか、1週間に一度なのかで満足度も変わってくるでしょう。事前の相談などでレポートの頻度についても確認しておいてください。

サービス範囲が充実しているか

そして、サービス範囲の充実度もポイントとして欠かせません。

 

広告運用と一口に言っても、アカウント登録や商品登録といった事前準備から実際の出稿、効果検証まで作業範囲は多岐にわたります。よってこれらの範囲をすべてもしくは広くカバーできるところが依頼先としておすすめです。

 

こうしたサービスの範囲は公式サイトもしくはお問い合わせで確認できるため、望ましいサービス提供をしているのかきちんと確認しておきましょう。

信頼できる豊富なノウハウがあるか

Amazon広告運用代行では、信頼できる豊富なノウハウがあるかどうかも依頼する際には、必ず確認しておきましょう。
 
広告運用代行会社によっても、実践しているノウハウや成果は異なるため、自分たちの求めるノウハウがあるのかどうかを見極める必要がありますよ。

かかる費用が明確か

最後に、そのサービスを受けるのに、いくら費用がかかるのか明確に提示してくれる会社を選ぶようにしましょう。
 
提示された料金が曖昧なまま、契約してしまうとコスト管理をするのが難しくなったり、委託先とトラブルになりかねません。
 
初回の打ち合わせなど、契約前にしっかりといくら費用がかかるのか聞いておくようにしましょう。

まとめ


Amazonの広告運用は、店舗運営して売上向上を狙うにあたって欠かせません。

 

しかし、ノウハウが必要であり結果が出せないと費用が水の泡となるリスクから自社で取り組める店舗は決して多くないでしょう。

 

そこで広告運用代行会社の活用はおすすめです。とはいえ、どこにでも広告運用を依頼して良い訳ではありません。
 
Amazonでの広告運用の実績があったり、売上を伸ばすためのノウハウがあるとわかるような会社に依頼することをおすすめします。

 

弊社ではAmazon出店の店舗向けに広告運用代行のプロが専任制でサポートいたします。無料診断や初回の無料相談もありますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

Amazonの広告運用に関するよくある質問

  • Amazonの広告運用代行にかかる費用は成果報酬ですか?

  • 成果報酬の料金プランを提供している会社もありますが、全ての企業が成果報酬ではありません。 主にかかる広告運用費用は以下のとおりです。 1.初期費用 2.広告出稿費用 3.運用代行手数料 依頼する際は予算感なども踏まえて、お気軽にご相談ください。

  • Amazonの広告運用代行のコツを教えてください

  • スポンサープロダクト広告を活用して売上を伸ばしていくコツは以下の5つです。 1.検索クエリで1ページ目の最上部に表示を目指す 2.キーワード設定でオート機能の見直す 3.マニュアルターゲティングを設定する 4.オートターゲティングとマニュアルターゲティングを併用する 5.商品ページを充実させる 広告が目に見える位置に表示されても、商品ページが充実していなければ売上につながらないので、その点も見直しましょう。 なお、弊社では広告運用のキーワード選定といった対策を行いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧