株式会社ピュアフラット

【必読!】Amazonで売れない理由とは?原因と対策法を徹底解説

更新日: 2024.6.25

カテゴリ:  Amazon

【必読!】Amazonで売れない理由とは?原因と対策法を徹底解説

Amazonは商品が売れなくなる時があります。そこでこの記事では、Amazonで商品が売れなくなる「原因」について紹介し、記事後半からは「対処法」について解説します!今商品が売れなくて困っている事業者の方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

Amazonで売れない理由とセラーがやる初歩的なミスとは

Amazonで売れない理由とセラーがやる初歩的なミスとは
ここではAmazonで売れない理由について解説していきます。

商品選定が間違っている

優れた場所に位置し、人気の高い店舗であっても、売れ筋商品だけでなく、全く売れない商品も存在します。需要がない商品は、多くのユーザーが集まり、売れやすいAmazonで販売しても、その商品が売れるようになるとは限りません。

 

さらに、Amazonでは数多くの商品が出品されており、類似の商品も多数存在し、その中で商品が埋もれてしまうこともしばしばあります。商品自体が認知されていなければ、商品ページにアクセスされることもなく、売れる可能性も低くなります。

出品情報の不足

Amazonでの商品販売において、各商品には商品カタログと呼ばれる商品ページがあります。これらのページに問題があると、売り上げにも影響が及びます。たとえば、商品の画像が魅力的でない、商品説明文の内容がわかりにくい、または不十分な場合、良い売り上げを得ることができません。

 

また、一括出品登録時にエラーが発生している可能性や、検索に表示されていない商品があるかどうかも確認が必要です。

競合が多すぎる

Amazonでは、通常、既存のカタログに相乗り出品する販売スタイルが採用されており、1つの商品には複数の競合相手が存在することがあります。どれだけ売れ筋の商品であっても、出品者が多ければ自社の商品が売れるまでに時間がかかる可能性が高まり、価格競争も起こりやすくなります。

価格設定

Amazonでは、価格設定が高すぎると商品が売れない可能性があります。逆に、極端に安いと不安を感じられることもあります。ですから、適正価格を設定することが重要です。Amazonでは、商品の価格は常に変動しています。それはAmazon自身の出品でも、セラーの出品でも同様です。

ある商品が順調に売れていたのに急に売れなくなった場合、価格競争によって全体の価格が下がることがあります。このような場合、過去の価格が現在の市場価格と合わなくなっている可能性も考えられます。

評価が低い(悪い)

Amazonで中古商品を出品するとカートを獲得できないことがあります。そのため、商品の状態だけでなく、出品者の評価も重要視するユーザーがいます。

新品商品でも、Amazonシステムに詳しいユーザーは、カートを獲得している出品者を含め、どの出品者から購入するか選ぶこともあります。

出品者の評価が低いと、商品選択肢から外されることがあります。新品を販売している場合、出品者の評価が低いとAmazonからの評価も低下し、カートの獲得が困難になります。
Amazonでは、商品や出品者の評価が悪化すると様々な悪影響が出ることがあります。

ショッピングカート未獲得

Amazonにおいて、ショッピングカートを獲得していると、ユーザーが商品ページを訪れ、商品をショッピングカートに追加する際に、他の多くの出品者の中から自身の商品が買われる可能性が高まります。特に新品商品においては、ショッピングカートを獲得しているかどうかが、売り上げに大きな影響を与える要因となります。

 

新品商品を販売する場合、ショッピングカートを獲得している出品者の商品が優先的に売れていきます。逆にショッピングカートを獲得していないと、どれだけ人気のある商品であっても、販売の機会を得ることができません。

 

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

Amazonで売れない時の対策法

Amazonで売れない時の対策法
ここからはAmazonで売れない時の対策法について解説していきます。

商品リサーチの徹底

商品を出品する際には、新品であろうと中古であろうと、事前のリサーチが不可欠です。
例えば、商品の人気度や売れる頻度、販売の傾向、販売時期、そして競合商品の状況など、自社の出品戦略を考える上で確認すべきポイントはいくつかあります。

リサーチをしっかりと行った上で、需要のある商品を出品しましょう。仕入れのためにランキングを参考にする場合、その仕組みの理解が必要です。相乗りで出品する際は、価格変動やライバルの数、Amazon自体の出品状況なども注意深く確認する必要があります。

さらに、類似の競合商品も徹底的にチェックし、売れることにつながる戦略を立てましょう。

▶︎Amazonの競合調査について詳しくはこちら

売れやすい時期・売れにくい時期を把握する

1年のサイクルの中で、商品の需要が高い時期と低い時期があることがご理解いただけるでしょう。

商品の需要が高い時期

1月:お正月や初売り
3月:企業の決算セール、新学期の準備
4月:新生活シーズン
7月:夏のボーナス
12月:冬のボーナス、クリスマス、年末セール
それ以外の月、例えば年末から年始にかけて出費が多くなり、翌月の2月は出費を抑える傾向があるため、商品の需要が低い時期となります。

 

夏の扇風機や冬のヒーター、年末のカニなど、季節商品に限られた需要のある商品もございます。

 

このように、1年の需要の流れと自社商品の季節性を把握することで、需要が低い時期でも心配せずに済むでしょう。次の忙しい時期に向けた準備期間と位置づけることが可能です。

価格の調整

Amazonにおいて、商品の価格は日々変動しています。

競合もなく独自性のある商品であれば、価格の修正は必要ありませんが、他社との競合がある場合は、定期的な価格調整が欠かせません。

 

日頃から競合の動向を観察し、適切な価格設定をおこなうようにしましょう。

商品画像や説明文の最適化

転換率の向上を目指すために、細部にまでこだわったサブ画像を登録しましょう。メイン画像とは異なり、サブ画像にはテキストやロゴを自由に追加することができますので、商品の魅力を効果的に伝えることができます。

お客様が一目見ただけで商品の内容を理解できるように心がけましょう。また、画像のサイズは1600ピクセル以上を選択することをおすすめします。こうすることで、ズーム機能を使用できるようになり、商品の詳細まで確認することができます。

 

さらに、商品説明文はテキストのみが表示されるため、見落とされがちです。しかし、商品の魅力を伝えるためには、可能な限り多くの情報を記載することが重要です。実際、商品説明文を読んで購入に至ったというお客様も少なくありません。

製品の魅力だけでなく、成分や生産地などの詳細情報も記載することで、お客様にわかりやすくアピールできます。

ショッピングカートの獲得

Amazonにおける新品出品の成功は、購入率が向上するかどうかに左右されます。なぜなら、カートを獲得することで、商品ページで優先的に購入されやすくなるからです。カート機能は、Amazonが設定した条件を満たす1社の出品者のみが表示され、条件を満たす複数の出品者が存在する場合には、一定時間ごとに自動的に切り替わる仕組みです。

競合他社の数など出品商品の状況によりますが、Amazonでカートを獲得するためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 大口出品者であること
  • 販売実績がありパフォーマンス指標が良好であること
  • 価格が競合他社よりも安く設定されていること

以上の条件を満たし、購入率を向上させることが重要です。

良いレビューを集める

Amazonでの評価が悪いということは非常に重要です。これは出品者評価や商品に対するカスタマーレビューにも同様に影響を及ぼします。Amazonでは、評価を必ずしも付ける必要がありません。実際にレビューを投稿するのは購入者全体のごく一部です。良い評価を一度に多く集めるのは難しい傾向にあります。

評価を促すことは可能ですが、時には悪い評価を引き起こす可能性も考えられます。そのため、必ずしもレビューを積極的に求めるのが最善とは限りません。時には、良い評価を得るためには商品を集中的に安く提供するなどの戦略も効果的です。

大口出品とFBAを利用

Amazonの場合、カートを獲得できるのは大口出品者のみであり、小口出品ではカートを取得することはできません。大口出品には自己発送とFBAの2つの選択肢がありますが、Amazonの配送サービスを利用し、Primeマークが表示されるFBA(フルフィルメント by Amazon)を選択すると、よりカートを獲得しやすくなります。

FBAを利用すると自己発送よりも手数料がかかりますが、そのメリットも大きいため、導入を検討してみる価値があると考えられます。

 

▶︎AmazonのFBAについて詳しくはこちら

パフォーマンス指標の向上

Amazonのカートを獲得する際には、大口出品やFBA出品だけでなく、パフォーマンス指標を適切に向上または維持することが欠かせません。カートを獲得するための判断基準となるAmazonのパフォーマンス指標には、以下の3つがあります。これらの指標が向上すれば、カート獲得の可能性も高まります。

  • 注文不良率
  • キャンセル率
  • 出荷遅延率

Amazonセラーセントラルのアカウント健全性ページで、パフォーマンス指標を確認できます。これらの指標に意識を向け、カート獲得率を向上させるよう努めましょう。

広告を活用

商品ページへのアクセスが集まらない場合、Amazonで新規出品した商品の露出頻度を高めるためには、スポンサープロダクト広告を活用することをおすすめします。

商品を販売開始後は、アクセスがなかなか集まりにくい状況が続くことがあります。そのような場合には、広告費をかけてでも広告を出稿することが効果的です。

 

▶︎Amazonの広告の種類について詳しくはこちら

損切り

どのような改善をしても売れない商品は、価格を下げても売れることはありません。FBA出品をしている場合は、Amazon倉庫に在庫を保管しているだけで在庫保管手数料がかかります。

売れない商品には価格調整や破棄などの検討が必要です。売れない商品に固執するよりも、売れる商品を開拓することがより重要です。

Amazon新規出品者は売れないのは本当?

Amazonでは商品のみならず、販売者自身も評価されますが、まだ1つも評価を受けていないアカウントには「新規出品者」のタグが付けられてしまいます。

はじめのうちは新人なので、仕方がないとは言えますが、ユーザーにとっては評価が多い販売者の方が人気が高く、売れやすい傾向にあります。

 

また最近ではアマゾンでの販売詐欺が増加しているため、専門家は評価のない新規出品者からの購入を避けるようユーザーに警告し、以前よりも販売元の信頼性がより厳しくチェックされるようになっています。

1つでも評価を受けると、「新規出品者」のタグが消えますので、早めにレビューを受け取れるよう努力しましょう。

 

ただし、数が少ない時点での低い評価には気を付けてください。例えば、最初のレビューが悪いと一気に「低評価」と表示されてしまうことがあるため、少ない段階では高評価を受けられるように心がけましょう。

まとめ

Amazonで商品が売れない場合、即座に取り組める対策もあります。商品自体の改善には時間がかかりますが、例えば商品説明の見直しは数分でできることです。自社の商品だけでなく、競合出品者や商品の研究をしながら、最善の対策を講じて売上を向上させることを目指しましょう。

 

Amazon新規出品でお悩みの場合はピュアフラットにご相談を

Amazonでの新規出品を検討している方には、ピュアフラットがおすすめです。当社は主にAmazon特化のコンサルティングを行っており、これまでに平均売上アップ率は372%と高い結果を誇っています。

さらに、元Amazonや楽天の専門家がサポートしてくれるため、初心者でも十分な支援を受けることができます。イージーマイショップなどのECモールでご販売をご検討中で、「出店しても売り上げが伸びない」や「広告運用の方法が分からない」といったお悩みをお持ちの方は、ぜひピュアフラットにご相談ください。

 

いまなら無料店舗診断も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

Amazon無料診断バナー横

 

 

 

Amazonの販売に関するよくある質問

  • Amazonの出品料はどのくらいかかりますか

  • Amazonでの出品料は無料ですが、商品が売れた場合の販売手数料と、月額利用料金がかかります。

  • Amazonで出品するまでにどのくらいの期間が必要ですか

  • 審査の完了までに約10日間ほどかかります。その後、商品の販売が可能になります。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧