株式会社ピュアフラット

Amazonで出品者を調べたい!セラー検索の方法とは?

更新日: 2024.5.10

カテゴリ:  Amazon

Amazonで出品者を調べたい!セラー検索の方法とは?

Amazonで売上を上げるためには、広告運用、SEO、商品ページの作り込みなど、やるべき施策が多数ありますが、それらはすべて「売れる商品を出品する」ことが大前提です。

 

そして、「売れる商品」を見出すのに必要な市場調査やマーケティングに有用なのが、「セラー検索」です。

 

Amazonセラー検索の方法と、セラー検索で得られる情報の活用の仕方を覚え、売上アップに繋げましょう。

Amazonセラー検索とは?

通常買い物をしていると、Amazonで検索するのは、商品名です。

 

しかし、Amazonには「セラー検索」という検索も存在します。

 

セラー検索とは、Amazonへの出品者を検索することを指します。

 

Amazonへの出品者には、必ず「セラーID」が割り振られており、そちらを使って、出品者を検索します。

 

このセラー検索、目的は「競合調査」です。

 

自身が扱おうとしているのと似た商品を扱っているセラーを検索し、売れ筋商品を発見し、それを基に真似するか、差別するかなど、販売戦略を練っていくことになります。

セラーIDの検索方法

それでは、AmazonのセラーIDはどのようにすれば検索できるのか。

 

ここではその方法について解説します。

Amazonの商品ページにアクセス

まずは通常通り商品を検索し、商品ページにアクセスします。

 

このとき、売れ筋商品や流行の商品を検索すると、Amazon販売での実績があるセラーにたどり着きやすくなるのでおすすめです。

出品者一覧ページをクリック

商品ページに移動したら、続いて出品者一覧に移動します。

 

出品者一覧は、商品を購入するボタンの下部にあります。

 

このとき、人気商品や流行商品を見ていると、数多くのセラーが出てきて、参考データをたくさん集められるので、やはりおすすめです。

セラー名をクリック

出品者一覧を開くと、いくつかのセラーが出てくるので、任意のセラー名をクリックします。

 

どのセラーを選んでもいいですが、レビューを参考に、評価が高いセラーを選ぶのがおすすめです。

 

評価が高いセラーが販売している商品ということは、Amazonの規約違反になったり、在庫切れが起こりやすい商品ではない可能性が高く、より安心して出品できるためです。

WEBブラウザに表示されているURLからセラーIDを確認

Amazonで興味を持った商品が見つかった時、その出品者の信頼性を確かめる一つの方法として、セラーIDの確認が役立ちます。

 

商品ページでセラー名をクリックすると、出品者の詳細ページへと遷移します。

 

この際、ブラウザのアドレスバーに表示されるURLに注目してください。

 

URL内に含まれる「seller=●●」の後に続く英数字の羅列こそが、探しているセラーIDです。

 

通常、セラーIDはURLの末尾に位置しており、このIDをメモすることで、後からでもそのセラーの出品リストを確認することが可能になります。

この小技を使うことで、気になるセラーの他の商品も簡単に探すことができますし、セラーの信頼性や評価をさらに深堀りして調べることもできるでしょう。

Amazonセラー検索の活用方法

上記でAmazonのセラー検索は可能になったので、ここからはセラー検索の活用方法についてお伝えします。

 

セラーを検索し、活用できるようになることで、新規商品を出品する際に、さまざまなことが可能になります。

 

ここでは代表的な活用方法を3つご紹介します。

①売れ筋商品の調査

すでに何度かお伝えしていますが、セラー検索の活用方法1つ目は、売れ筋商品の調査です。

 

商品検索でこれをやろうとすると、何度も何度もキーワードを変えて、商品を1つ1つ調査していくことになり、莫大な工数がかかりますが、セラー検索であれば、売れ筋セラーが販売している売れ筋商品をまとめて把握できるので便利です。

②無在庫輸出での活用

無在庫輸出とは、自身で一切の在庫を抱えることなく、海外で商品を販売することを指します。

 

これについても、セラー検索によって、アメリカのAmazonで無在庫販売をしている日本人セラーを発見できれば、彼らと同じもの、あるいは類似した商品を輸出すれば、大きな売上を作れる可能性が高いです。

③無在庫輸入での活用

輸出の場合と同様に、無在庫輸入を検討する際にも、セラー検索を活用できます。

 

日本のAmazonで無在庫販売をしている出品者を見つけて情報を集めれば、どのような商品を扱えばよいのかというヒントを得られます。

 

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

Amazonセラー検索を行う目的は?

目的

では、出品者がセラー検索を行うのは、どういった目的があるのでしょうか。

 

冒頭で簡単にお伝えしておりますが、改めてお伝えします。

①利益の取りやすい商品を見つけられる

セラー検索を行うと、優秀なセラーがどんな商品を販売しているのかがひと目でわかります。

 

特に、彼らが出品している商品のなかでも特に売れ筋の商品は利益も大きいはずなので、「利益を取りやすい商品」として参考にすることができます。

②簡単にリサーチできる

Amazonに商品を出す前にさまざまリサーチを進めることは重要ですが、かといって、莫大な時間と労力をかけるわけにもいきません。

 

そのようなとき、セラー検索であれば、通常の商品リサーチよりも、圧倒的に少ない工数で売れ筋商品のリサーチができます。

 

これもセラー検索を行う目的の一つです

③リピート商品をリスト化できる

検索したセラーのなかには、リピート商品を扱うことで売上を伸ばしているセラーもいます。

 

そうしたセラーの情報を読み取り、自身が販売できるリピート商材を見出すことができます。

 

Amazonでセラー(出品者)を検索できない場合は?

Amazonでセラー(出品者)を検索しようとしても、時には目的の出品者が見つからない場合があります。
このような状況に直面したとき、いくつかの原因と対処法を理解することが役立ちます。

 

Amazon上で競合出品者の情報を確認し、特定の出品者を効果的に絞り込む方法などを紹介していきます。

出品者の情報はどこに書いてあるのか?

Amazonでの競合リサーチと出品者の絞り込みは、自身のビジネス戦略を練る上で欠かせない要素です。

自社製品と競合する他の出品者の活動を理解し、市場内での位置づけを明確にすることが、効果的な販売戦略を立てる鍵となります。

 

出品者情報は、商品ページ内に記載されており、「販売元」の項目をクリックすることでセラーのプロフィールページにアクセスできます。

事業概要、カスタマーレビュー、出品商品の一覧など、競合のビジネスモデルや顧客満足度を推測するのに役立つ情報が得られます。

出品者を絞り込む方法は?

Amazonでの出品者を絞り込む方法は、ビジネスの成否を左右する戦略の一環と言えます。

市場内での自身の立ち位置をより明確に把握し、効果的な販売戦略を練ることができます。

 

以下にその手順を紹介します。

 

①キーワード検索

まず始めに、自分の販売商品や関心のある商品カテゴリーに関連するキーワードでAmazonを検索します。
市場内でどのような競合が存在するのかを初歩的に知ることに役立ちます。

②フィルタリングの活用

次に、検索結果をより具体的に絞り込むために、Amazonが提供する豊富なフィルタリングオプションを活用しましょう。
配送オプション、カスタマーレビューの評価、商品の状態(新品または中古)など、ニーズに合わせて条件を設定できます。

③新品&中古品の活用

「新品&中古品」項目の活用も可能です。
特定の商品に対するすべての出品者のリストを確認でき、それぞれの価格設定や配送オプション、さらにはセラー評価を比較することができます。
ここから得られる情報は、販売戦略を見直すための貴重なデータとなり得ます。

④出品者の評価やレビューの活用

特定の出品者の評価やレビューを活用することも、絞り込みプロセスの重要な一部です。
出品者の顧客満足度や信頼性、対応速度などを把握し、自身のサービス向上に役立てることができます。

 

このようにして、Amazon上での競合リサーチを効果的に行うことは、ビジネス戦略を洗練させ、市場内でのポジショニングを強化する上で欠かせないプロセスです。

正確かつ詳細な情報を収集し、市場での成功を目指しましょう。

検索用のアプリはある?

Amazonで競合リサーチを目的とした出品者検索専用アプリは、現在のところないようです。

代わりに市場分析と競合調査をサポートする多様なツールやアプリケーションが利用可能です。

出品者情報や商品詳細を迅速に把握するのに役立ち、Amazon公式のモバイルアプリでは、フィルター機能やソート機能を使用して、特定の出品者からの商品を間接的に検索することが可能です。

特定の出品者名やショップ名をキーワードに含めることで、関連する商品を素早く見つけ出すことができるはずです。

 

また、Amazonの販売動向や出品者評価を分析するサードパーティ製(互換性のある)ツールも存在しているようです。

出品者の評価、販売履歴、競合との比較分析など、販売者や購入者にとって有益な情報を提供します。

 

主にセラーやビジネス向けに設計されており、競合リサーチに深い洞察を提供することができます。

商品ページの「販売者情報」や購入者のレビューも、出品者の信頼性やサービス品質を理解する上で有用な情報源です。

競合リサーチ専用アプリはないものの、Amazon公式アプリやサードパーティ製ツールの活用により、競合出品者の詳細情報収集が可能となり、市場での競争分析と戦略立案が効率的に行えます。

【要約】Amazonセラーを検索できない時の対処法

以下に、セラーを検索できない時の対処法などを簡単にまとめます。

リサーチする時に役に立つはずです。

<Amazonでセラーを検索できない場合の対処法>

目的の出品者が見つからない時は、商品ページで「販売元」をクリックしてセラー情報が確認可能。

セラーのプロフィールから事業概要、カスタマーレビュー、商品一覧を確認できる。

 

<出品者の絞り込み方法>
キーワード検索、フィルタリング機能、新品&中古品の項目利用、セラー評価の確認を通じて出品者を絞り込む。

評価の高いセラー選択が、効果的な販売戦略立案に役立つ。

 

<検索用アプリの有無>
出品者検索専用アプリは存在しないが、公式アプリやサードパーティ製ツールを利用して競合リサーチが可能。

まとめ

Amazonのセラー検索の方法、目的や活用方法についてお伝えしました。
Amazonのセラー検索は、販売戦略に際して、競合店舗の情報を基に売れ筋商品を把握する機能で、セラーからすると大変良い機能です。
ぜひ使いこなして売上アップに繋げていきましょう。

 

Amazonセラー検索は使いこなせれば大変便利な機能ですが、そもそも知名度自体が高くなく、
やり方もきっかけがないとしれないものなので、なかなか使いこなせていない人が一定数いらっしゃるのが実情です。

 

また、仮にセラー検索ができたとしても、そこで得た情報をどう販売戦略に活かしていくかを考えることができなければ、セラー検索は徒労に終わります。

 

ピュアフラットは、どのような商品を、いついくらで打ち出すかといった販売戦略設計や、実際に商品を販売した後の売上アップのための各種施策をお手伝いできる企業です。

 
これを機に、ぜひ一度無料診断を受けられてはいかがでしょうか。

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

 

Amazon無料診断バナー横

Amazonセラー検索でよくある質問

  • Amazonのセラーを調べる方法は?

  • Amazonのセラーは、下記の手順で検索できます。 ・Amazonの売れ筋商品を見つけ出す ・商品ページに飛ぶ ・出品者一覧で評価の高い人を見つける ・セラー名をクリックして出品一覧を開く

  • Amazonの出品者情報はどう調べますか?

  • まずは特定の商品ページに進むと、複数のセラーが出品しているので、興味を持ったセラーの名前をクリックすれば、出品者情報にたどり着けます。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧