株式会社ピュアフラット

ECサイトの運営がなぜ辛いと感じるのか?理由と対策法を徹底紹介

更新日: 2024.7.9

カテゴリ:  ECサイト

ECサイトの運営がなぜ辛いと感じるのか?理由と対策法を徹底紹介

 

「ECサイトの運営を始めたけれど、思っていたよりも辛い…」

そう思う人は少なくないようです。

ではなぜ辛いと感じるのでしょうか。
本記事では辛く感じる理由と対策法を徹底紹介します。

また、ECサイトの将来性なども解説していますので、ぜひ参考にしてください!

ECサイトの運営が辛い理由とは

ECサイトの運営が辛い理由とは

誰でも手軽に始められるECサイト運営ですが、運営することに辛さを感じてしまう人が多いと聞きます。

では実際どのような点に辛さを感じてしまうのでしょうか。
ひとつずつ見ていきましょう。

業務量の多さ

ECサイトの運営が辛い理由のひとつ目は、業務量の多さです。

主な業務内容は以下の通りです。

  • 商品の企画や仕入れ作業
  • 商品の撮影や画像作成
  • 商品ページ制作
  • 受注、出荷
  • マーケティング
  • カスタマーサポート
  • セール、キャンペーン対応

スタッフが多いお店であれば業務を担当制にして割り振ることができますが、小規模なお店の場合はそうはいきません。
競合対策として”迅速な対応”を求められることもありますので、負担は多くなるでしょう。

人的リソースの不足

 

ECサイトの運営が辛い理由のふたつ目は、人的リソースの不足です。

ECサイトを運営する際、慢性的な人手不足に悩まされる店舗は少なくありません。
多岐に渡る業務をこなすには、小規模店舗だとなかなか手が回りにくく、困難とする場合が多いでしょう。

特に受注や出荷などのバックエンド業務は大きな労力と時間を要します。
また、1年の中でも繁忙期と平常時との差も大きく、繁忙期には短期的に人員を増員するなど臨機応変に対応しない限り、業務量の負担は避けられません。

 

その結果、少人数で対応する場合は、ひとりひとりが対応する業務量が多いだけでなく、効率良く処理することにストレスを抱えてしまい、辛くなってしまうでしょう。

 

集客がなかなかうまくいかない

ECサイトの運営が辛い理由の3つ目は、集客がなかなかうまくいかないことです。

ECサイトの運営には、顧客の存在無くして成立しません。
既存の顧客がリピーターになったとしても、常に新規顧客を開拓していかなければ、ECサイトの長期的な運営は難しいでしょう。

新規顧客に向けてお得なキャンペーンや既存の顧客へ向けてのイベントの打ち出しなど、さまざまな施策を行う必要があります。

 

こういった集客へ向けての対策に、ECサイト運営の難しさや辛さを感じてしまうことでしょう。

カスタマーサービス業務

ECサイトの運営が辛い理由の4つ目は、カスタマーサービス業務です。

ECサイト運営において、カスタマーサービスは欠かせない業務のひとつです。
主なカスタマー業務は以下の通りです。

  • 商品の説明
  • 配送に伴う質問や対応
  • クレーム対応

ECサイトは商品を直接手に取って見ることができない分、商品の説明を要するケースが多々あります。
そして、ギフト配送のイレギュラーリクエストや配送時のトラブルにも対応しなくてはなりません。
また、最も労力を使うのが、クレーム対応でしょう。

 

ECサイトを運営する上で、カスタマーサービスは顧客と直接コミュニケーションを取るため、今後のショップ売上などに直接繋がります。
ただし、クレーム対応は非常にストレスが溜まる業務になりますので、ECサイト運営が辛くなる理由となるでしょう。

こまめなサイト管理

ECサイトの運営が辛い理由の5つ目は、こまめなサイト管理です。

ECサイト運営において、業務が完結することはありません。
運営していく以上、常に新商品の更新やそれに伴う商品登録、季節によってサイトのバナー更新、キャンペーン発信やクーポン発行など、多岐に渡る業務が定期的に発生します。

 

特に競合他社を意識する場合は、顧客とのコミュニケーションを継続するためにメルマガ発信やSNS更新など、業務が尽きることはありません。

通常の業務に加え、上記のようなサイト更新などを並行して行うのは、少人数もしくは個人で運営している場合は、辛く感じてしまう理由となるでしょう。

 

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

▶︎ECサイト構築の費用相場について詳しくはこちら

ECサイト運営の主な業務内容

ECサイト運営の主な業務内容

ECサイト運営における主な業務内容は以下の通りです。

  • 商品企画と仕入れ
  • 商品撮影・説明文の作成
  • バナーやLPの制作
  • 商品登録
  • 受発注管理
  • 在庫の管理
  • 商品の出荷
  • カスタマーサービス

では、ひとつずつ見ていきましょう

商品企画と仕入れ

ECサイトを運営するには、まず商品の企画と仕入れが必須となります。

ただ商品を売れば良いというわけではなく、季節やトレンドなどを意識して商品を打ち出す必要があります。

 

また、原価率と利益率を試算し、予算内で最大限の利益を出せるような考察も大切です。

 

更に、商品企画を行った後に大切なことが仕入れです。
商品企画を行っても、商品が手元にない限り、販売することはできません。
また、SNSなどで人気が出た際に、品切れを起こして売上の機会損失を起こすことも避けたいものです。
よって、ECサイトを運営する上で、仕入れ業者の選定は大変重要となってきます。
品切れによる売上損失を防ぐためにも、最短で仕入れを行うことができる業者を探すことが売上アップの要となってきます。

商品撮影・説明文の作成

ECサイト運営で売上を左右するのが商品撮影と説明文の明瞭さです。

 

ECサイトは顧客が実際に手に取って商品を見ることができない分、商品の画像と説明文で購入の有無を検討します。
細部までわかりやすい写真と、それに伴う説明文は売上に直結するため、疎かにできない部分です。

バナーやLPの制作

ECサイトを運営する上で、バナーやLPを制作する必要があります。
バナーやLPは自社のブランドイメージや世界観を伝える重要な場所なため、既存の顧客だけでなく、新規顧客獲得に大切な制作場面となります。

 

バナー:広告宣伝やECサイト内に商品やサイトの視覚的に紹介するために必須な画像

 

LP:ランディングページと言い、ユーザーを誘導するためのサイト

 

いずれもWEBデザインなどの専門的な知識を必要とします。
自社で行うことが難しい場合は、外注などを検討してみるのも良いでしょう。

商品登録

ECサイトはサイト上に商品の画像や説明文を登録します。
とても簡単そうな作業に思えるかもしれませんが、実はその工程は細かく分かれています。

  • 商品名
  • キャッチコピー
  • 商品説明文
  • 詳細情報(サイズや素材など)
  • 商品ごとのカテゴリー登録

慣れてしまえばそれほど難しいことではありませんが、登録作業には時間を要します。
特に洋服、家電製品など、数が多く詳細な情報を必要とする商品ほど、業務量が増えることは否めません。

受発注管理

商品が売れる度に発生する受発注。
購入された商品を倉庫や工場に出荷依頼をかけます。
また、在庫が少なくなってきた商品に関しては商品を補充するための発注作業も発生します。

 

更に、購入した顧客に対してサンクスメールであったり、発送メールなどの業務も受発注管理のひとつです。

 

これらの作業を迅速且つ正確に行うことで店舗への信頼度が上がりますので、重要な業務であると同時に集中力も要する作業となります。

在庫の管理

ECサイトを運営する上で、在庫がないことで売上機会の損失だけは避けたいものです。

 

よって、日々在庫の管理をすることが大切になってくることと、品薄になってきたものに関しては前もって発注をかけておくことが重要です。

年間を通した在庫管理は、ロスを軽減する上で大切な業務のひとつです。

商品の出荷

ECサイトを運営する上で、迅速で正確な出荷はお店の信頼度に繋がります。

指定された商品のピッキングから検品、梱包、配送業者への引き渡しが主な業務内容となります。

 

決して難しい作業ではありませんが、ミスは許されない大切な業務です。
精密機器や割れ物など、取り扱いに注意が必要な商品の場合は、手作業で行う可能性もあるだけに、細心の注意を払って取り組む部分となります。

カスタマーサービス

ECサイト運営においてカスタマーサービスは必須となります。

受注の際の商品問い合わせから、メールや電話での不満やクレームを処理するものまで、カスタマーサービスの役割は多岐に渡ります。

いかに顧客に寄り添えるカスタマーサービスかで、リピーターや新規顧客の獲得など店舗にとって大きな要となる部分です。

 

▶︎ECサイトを立ち上げるメリットについて詳しくはこちら

ECサイト運営が辛い時の対策【少しでもラクにするための工夫】

ECサイト運営が辛い時の対策【少しでもラクにするための工夫】

ECサイトを運営するにはたくさんの業務量があります。
そこで、ECサイト運営が辛くなった時の対策方法をいくつかご紹介します。

  • 人員の確保
  • 業務効率を高める
  • 不要な業務を止める
  • 外注・代行業者を活用

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

人員の確保

ECサイト運営が辛い時の対処法ひとつ目は、人員の確保です。

ECサイト運営における業務量はたくさんあることから、小規模な店舗に関しては一人一人が対応する業務が多く、負担となります。

よって、新たに人材を確保することで、業務内容を分担することができ、一人あたりの負担は軽減するでしょう。

 

しかし、人材確保をすることで更なる人件費が発生します。
小規模な店舗の場合は人件費の捻出が難しいことがあると思いますが、その際はクラウドソーシングサービスを利用することもおすすめです。

業務効率を高める

ECサイト運営が辛い時の対処法ふたつ目は、業務効率を高めることです。
非常に業務量が多いECサイト運営ですが、店舗の規模が大きくなるにつれ、生産性における対策は必要不可欠です。
個人のスキル向上はもちろんですが、業務効率の良いツールやシステムの導入を検討することは大変有益なカギと言えます。

 

出荷業務のアウトソーシングは今では一般的となっていますが、近年ではChatGPTなどの生成AIツールの活用が注目されています。

生成AIツールを活用することで、文章作成やデータ分析、画像編集などを半自動化することができるため、業務負担はかなり軽減されるでしょう。

不要な業務を止める

ECサイト運営が辛い時の対処法3つ目は、不要な業務を止めることです。

長くECサイトを運営していると、現在の業務に疑問を持たずに行っていることが多いでしょう。
しかし、改めて業務内容を見返すと、不要な業務を行っていることがあります。

 

例えばギフトラッピングやメッセージカードの種類など、複数のバリエーションを用意する必要はないかもしれません。

定期的にサービス内容を振り返ることが大切です。

外注・代行業者を活用

ECサイト運営が辛い時の対処法4つ目は、 外注・代行業者を活用することです。

とにかく業務量の多いECサイト運営。
小規模な店舗や個人で運営している場合は、なかなかうまく全てに手が回らず、悩んでしまうことも。

 

そういった際は外注や代行業者を活用することも一つの対策です。
例えば「ピュアフラット」のようなコンサルティング会社を活用することで、店舗の売上アップやマネジメント方法まで、プロのコンサルタントが対応してくれます。
ぜひ一度検討してみるのはいかがでしょうか。

 

▶︎ECサイトで全く売れない理由と対策について詳しくはこちら

ECサイト運営に携わる将来性は?

ECサイトを運営する上で、将来性が感じられるか否かは非常に重要な点となります。
実際日本においての将来性は高いと言えます。
その理由は以下の2点です。

  • スマートフォン利用者の増加
  • EC化率の伸びしろが大きい

スマートフォンの利用でアプリから気軽にECサイトでのショッピングを楽しむことができます。
また、日本においてのEC化率は世界的に見てまだ低いのが現状です。
今後、EC化率はどんどん上がっていくことが見込まれています。

 

よって、ECサイト運営の将来性は非常に明るいと言えます。

まとめ

誰でも気軽に始めることができるECサイト運営。
しかし、継続することは大変難しく、ECサイト運営を辛く感じてしまう人も少なくありません。
そこで、この記事ではECサイト運営が辛くなった時の対処法をお伝えしてきました。
少人数や個人で運営している場合は、時にはプロのコンサルタント会社に依頼することも大変おすすめです。

 

ぜひ一人で悩まずに、コンサルタント会社を検討してみてはいかがでしょうか。

ECサイトの運営が辛くて悩んでいるならピュアフラットにご相談を

ECサイトの運営が辛くて悩んでいたら、ぜひピュアフラットに相談してみるのはいかがでしょうか。

ピュアフラットは楽天市場やAmazonなど、さまざまなECサイト運営のコンサルティングを行っています。

 

正しいノウハウで売上アップを目指し、充実のサポート体制でゼロからの出店にも対応しています。
気になる売上アップ実績は平均372%という驚異の数字です。

 

少ない人数で運営していると、大きな負担や悩みを抱えてしまうと思いますが、そういう時こそ、プロのコンサルタント会社に依頼してみてはいかがでしょうか。
ピュアフラットでは無料診断も行っていますので、悩みや辛さを感じている場合は一度相談してみることをおすすめします!

 

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら

ECサイトの運営に関するよくある質問

  • ECサイトを構築するときの費用はどのくらいかかりますか?

  • どのような機能をつけて、どのようなデザインで作成するかによって変動がありますが、簡単なものなら~30万円で作成することができます。

  • ECサイトの構築にはどのくらいの期間がかかりますか?

  • 作成するサイトの機能やデザインによっても異なりますが、一般的なサイトであれば1~2ヶ月ほどで作成が可能です。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧