株式会社ピュアフラット

楽天バナーのクリック率を上げる作り方を徹底解説

更新日: 2024.7.9

カテゴリ:  楽天市場

楽天バナーのクリック率を上げる作り方を徹底解説

楽天市場で、売上アップを目指すためには楽天バナーを上手く活用することがポイントになります。
ですが、中には「楽天バナーの作り方がわからない」「楽天バナーのメリット・デメリットが知りたい」など、楽天バナーについてあまり知識のない方も多いのではないでしょうか。
そこで、本記事では楽天バナーの作り方やポイントを、メリット・デメリットを踏まえながら徹底解説します。
ぜひ、最後まで読んでクリック率を上げるための楽天バナーの作成方法を参考にしてみてください。

楽天バナーを作る方法

楽天バナーを作るには、下記の2種類の方法があります。

  • ツールを活用する
  • 楽天バナー作成業者へ委託する

自社に合うものはどれなのか考えながら、お読みください。
では、順番に解説していきます。

 

ツールを活用する

楽天バナーはツールを活用して作成することができます。
主な作成ツールは、下記の通りです。

  • Canva
  • Photoshop

2つのツールのうち、楽天バナーを手軽に作成するなら「Canva」で、本格的に作成したい場合は「Photoshop」がオススメです。

Canva

Canvaは、バナー作成の初心者の方でも簡単に作ることができる無料のデザインツールです。
無料で、25万点以上のテンプレートが利用できたり、数多くの写真を使用することができます。
また、おしゃれな素材がたくさん入っているため、初めての方でも少し手を加えるだけで手軽にバナー作成ができるでしょう。
基本機能は、無料で使うことが出来ますが「Canva Pro」という有料プランに加入すると、使えるテンプレートの数が増えたり背景リムーバーなど使える機能を増やすことができます。

 

しかし、初心者のうちはまずはCanvaの無料プランで試してバナー作成を行ってみてください。

Photoshop

Photo shopは、元々画像編集スキルがあり、本格的に楽天バナーを作成したいという方向けのツールになります。
Canvaのように、テンプレートを使って簡単に作成するのではなく、Photoshopは画像合成や色調補正などを使い、自由に細かいところまで自分で調整できる特徴があります。

 

しかし、高度な機能が備わっているため細部までこだわることができる反面、初心者にとっては使い方を習得するまで時間が必要になります。
そのため、すでに画像編集のスキルがある方向けのツールとなるため、初心者の方はコストだけでなく学習時間も必要になる可能性があるでしょう。

楽天バナー作成業者へ委託する

他にも、楽天バナーをツールで作成する時間がない方や時短でプロに任せたい方は、バナー作成業者へ委託する方法もあります。
初心者の方は、バナーの作成に時間がかかってしまうので、楽天バナーはプロに任せておくことで他の作業にコミットすることができます。

 

しかし、どの業者でもいいという訳ではなく、目的に合った業者へ依頼することがポイントになるので、楽天バナーなどの通販サイトを得意とするかどうかも選ぶ上で大切です。
業者ごとに、費用や納品実績などきちんと比較して、自社に合うか十分考慮しながら選ぶようにしましょう。

 

 

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

▶︎楽天の転換率アップの秘訣について詳しくはこちら

楽天バナーを作るときのポイント

楽天バナーを作るときのポイント
次に、楽天バナーを作るときのポイントをご紹介します。
下記に5つのポイントをまとめました。

  • 楽天バナーのサイズを確認
  • 印象に残る素材を選ぶ
  • キャッチコピーで訴求ポイントを明確にする
  • 色によってイメージが変わる
  • フォントを場面に合わせて使い分ける

では、順番に解説していきます。

楽天バナーのサイズを確認

楽天市場の共通バナーの推奨サイズは、下記の通りです。

大きいバナーの場合、横616×高さ120ピクセル
小さいバナーの場合、横266×高さ110ピクセル

しかし、実際に楽天バナーを作る際は、上記の楽天の推奨サイズよりも2倍のサイズで作成するようにしましょう。
なぜかというと、サイズを大きめに作っておくと画像や文字がぼやけてしまうのを防ぐことができるためです。
楽天バナーがぼやけていると、ユーザーからの商品に対するイメージに悪影響が及んだり、クリック率が下がってしまう危険性もあるため、サイズ選びは慎重に行いましょう。

印象に残る素材を選ぶ

ユーザーにバナーを見てもらい、そのバナーをクリックしてもらうためには、印象に残る素材を選ぶのがポイントです。
例えば、楽天バナーに写真素材を載せる場合は、ユーザーの目的に合った素材を選ばなければなりません。
というのも、バナーに載せている素材が良いものを選んでも、何を目的とした商品なのかがバナーから伝わらなければ意味がないからです。

 

そのため、ユーザーの目に留まりやすくて、狙っているターゲットに刺さる印象的な素材を選ぶようにしましょう。

キャッチコピーで訴求ポイントを明確にする

楽天バナーを作成する場合、ダラダラと長い文を書いたり、逆に文字が少なすぎるのも良くありません。
そのため、簡潔で、目に飛び込んでくるキャッチコピーで訴求ポイントを明確にすることが重要になります。

 

どうしても商品の特徴やオススメなポイントを絞りきれずたくさん書いてアピールしたくなってしまうこともありますが、それよりも簡潔で商品の魅力が伝わるキャッチコピーの方がクリック率は高まるでしょう。

色によってイメージが変わる

楽天バナーは、何色をメインにするかでイメージもガラリと変わります。
自社の商品ページのイメージカラーで統一するのも良いですが、セールのバナーは赤色など目立つ色を使用するのが良いでしょう。
しかし、背景色を目立つ色にすると、選ぶ文字色によっては浮いてしまうこともあります。

 

そのため、背景と文字色の組み合わせを考え、ユーザーの目に留まりやすいか、浮いてしまっていないかなどを心掛けながら作成しましょう。

フォントを場面に合わせて使い分ける

楽天バナーを作成する場合、同じ文字フォントを使い回すのではなく、場面に合わせながら使い分けをしましょう。
フォントが違うだけで涼しいものを連想させたり暖かみを連想させるなど、フォントの種類によって感情が動かされます。
商品の内容に合ったフォント選びがポイントになるため、商品の特徴をよく理解し何を伝えたいかを十分理解する必要があるでしょう。

 

そのため、表現したい雰囲気のフォントに合うかどうか、色々なフォントで実際に試しながら作成するのがオススメです。

楽天バナーのメリット・デメリット

最後に、楽天バナーのメリット・デメリットについてご紹介します。
楽天バナーを作成する前に、メリットとデメリットをきちんと理解しておきましょう。

楽天バナーのメリット

楽天バナーのメリット
楽天バナーのメリットは、下記の通りです。

  • 売上向上につながる
  • 効果的なターゲティングができる
  • ビジュアル訴求ができる

楽天バナーのメリットをきちんと理解しておくと、作成時の参考になるでしょう。

売上向上につながる

もちろん楽天バナーは、楽天での売上アップを狙うの施策として効果的です。
楽天バナーを上手く活用することで、購買意欲の高いユーザーの目を引きクリック率を高めることができるため、そこから購入へとつながる可能性が高まります。
商品に興味を持ってくれたユーザーに向けて、バナーにセール情報を載せたり人気アイテムを載せることができるので、売上向上へと繋がりやすいというメリットがあります。

効果的なターゲティングができる

楽天バナーは、幅広いターゲット層に向けたものではなく、自社の商品ページに来訪してくれた方に向けたバナーになるため、効果的なターゲティングができます。
訪問してくれたユーザーにバナーをクリックしてもらうことで回遊性が高まり、より多くの商品の閲覧を促し売上向上へとつなげることができるでしょう。
回遊性が高まることで、リピート率が上がったりお気に入り店舗として高い口コミ評価にもつながります。

ビジュアル訴求ができる

ビジュアル訴求ができる点も、楽天バナーのメリットの一つになります。
やはり、文字だけの広告で売上に繋げるのは難しく、イメージ写真をバナーに載せることで訴求性を高めることができます。

 

また、写真だけでなく文字フォントを変えることでイメージも伝わりやすくなるため、そういった点で楽天バナーは時間をかけて作成したりプロに任せてこだわりを持つことが重要となるでしょう。

楽天バナーのデメリット

楽天バナーのデメリット
楽天バナーのデメリットは、下記の通りです。

  • コストがかかる
  • 導入までに準備が必要

メリットだけでなく、デメリットに関しても頭に入れておきましょう。

コストがかかる

楽天バナーを掲載するためには、広告費がかかります。
また、無料プランを使って楽天バナーを作成すれば追加でコストはかかりませんが、外注で業者に依頼する場合はその分のコストもかかってしまいます。

 

楽天バナーに必要なコストと売上の金額とが見合っていない場合、利益がマイナスになってしまうため、必ず費用対効果を比較しましょう。
費用対効果が低い場合は、楽天バナーの見直しや効果的なバナー作成の知識を習得する必要があります。

 

 

▶︎楽天市場のROASについて詳しくはこちら

導入までに準備が必要

楽天市場でバナーを掲載するためには、導入までに準備が必要になります。
というのも、楽天バナーを掲載したい場合、楽天市場の審査に通らなければなりません。
そのため、楽天のガイドラインに従ったバナーの作成、およびクリック率を上げるためのデザイン性や文字選びが必要になります。

 

全て整った上で楽天へ申請を行い審査を待つので、すぐに楽天バナーを掲載できないことを頭に入れておきましょう。

 

 

▶︎楽天市場の出店プランについて詳しくはこちら

まとめ

本記事では、楽天市場で売上アップを目指すための楽天バナーの活用方法について解説しました。
楽天バナーを作成したことがない方、楽天バナーの効果はあるか疑問をお持ちの方は、まずは無料で作成できるCanbaでバナーを作成してみて下さい。

初めは、バナー作成に時間がかかってしまいますが、少しずつ慣れてくると要領よく作成できるようになっていくはずです。
楽天バナーは、上手く活用すると売上アップにつながるため、初心者で苦手意識がある方は広告業者に依頼するなどして、一度活用してみることをオススメします。

楽天バナーを上手く活用したいならピュアフラットにご相談を

楽天バナーを上手く活用できなくてお悩みの方は、ピュアフラットにご相談ください。
ピュアフラットでは、楽天市場出身のメンバーが在籍しているため、効果的なノウハウを提供できます。
バナー作成はもちろん、マーケティングも行っているため売上に伸び悩んでいたり集客に困っているなどの悩みに寄り添いながら、トータルサポートを行います。
コスト面が心配という方も、予算に合わせてプランを提供いたします。
店舗の無料相談も行っていますので、まずは気軽にホームページよりご相談ください。

 

 

 

楽天市場無料診断バナー

 

 

楽天市場のバナーに関するよくある質問

  • 楽天バナーの指定サイズは?

  • 大サイズは1080px×210px、小バナーは266px×110pxとなっています。

  • バナー作成を業者に依頼したときの費用相場はどのくらいですか?

  • 静止画のバナーの場合、3,000~10,000円程度が相場となっています。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧