株式会社ピュアフラット

Amazon広告の運用方法は?おすすめの運用代行業者も紹介

更新日: 2024.4.17

カテゴリ:  Amazon

Amazon広告の運用方法は?おすすめの運用代行業者も紹介

「Amazonで商品を広めたいのだけど、広告運用をどのようにすればよいか分からない」

「Amazonで打てる広告には、どのようなものがあるのかな?」

 

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

 

Amazonは参入障壁の低いECサイトです。比較的低コストで自社商品を出品できる仕組みになっています。

 

しかし、出品しただけで思うように売れるわけではありません。商品を売るためには、広告を打ち、多くのユーザーに知ってもらうことが重要となります。商品に力があっても、広告運用に失敗したせいで売上が思うように伸びないケースも、十分あり得るのです。

 

本記事では、Amazon広告の運用方法について、具体例を交えながら分かりやすく解説します。また、プロフェッショナルの力を借りたい方に向けて、おすすめの運用代行業者も紹介します。

 

最後まで読むことで、Amazon広告についての一通りの知識が得られるでしょう。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら
Amazon無料診断バナー横

Amazon広告は3種類ある

Amazon広告は3種類ある

Amazonには広告の配信システムがあり、使用することでAmazon内において自社製品を宣伝することが可能です。Amazon広告には、以上の3種類があります。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、検索結果ページや商品詳細ページに表示される広告です。ユーザーが特定のキーワードで検索したときに、売上上位の商品に先んじて表示されるのが特徴となっています。

 

スポンサープロダクト広告は、個々の商品の売上拡大を促進するのに適しています。

 

参考:スポンサープロダクト広告|Amazon

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、検索結果ページの上部や商品詳細ページに表示される、ブランドを強調した広告です。特定の商品ではなく、ブランド単位での認知度強化のために利用するのがメインです。

 

広告として使用する画像や動画内に、カスタマイズした見出しやロゴを表示したり、ブランドで扱う商品を最大3点まで一度に宣伝できるなどの特徴があります。

 

参考:スポンサーブランド広告|Amazon

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、トップページや検索結果ページ、カスタマーレビュー横や外部サイトなどに表示される広告です。取り扱う商品のカテゴリーに関心を示したユーザーや、商品詳細ページを閲覧したが購入には至らなかったユーザーに働きかけます。

 

スポンサーディスプレイ広告には、価格設定や商品レビューの星の数なども含まれることに注意が必要です。

 

参考:スポンサーディスプレイ広告|Amazon

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットではAmazon、楽天、Yahoo!、Qoo10など各プラットフォームの出身メンバーを中心に経験のあるメンバーがコンサルティングを行うECモール領域のコンサルティングに特化した企業です。売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで一気通貫でサポートいたします。 下記のフォームからお問合せいただけますので、是非お気軽にご相談ください。  

スポンサープロダクト広告の運用方法

スポンサープロダクト広告の運用は、以下のような手順で行います。

  1. キャンペーンを作成する
  2. ターゲティングを選ぶ
  3. 入札方法を選択する
  4. 広告グループを作成し商品を選ぶ

順番に見ていきましょう。

キャンペーンを作成する

スポンサープロダクト広告を利用するには、まずAmazonセラーセントラルで新しいキャンペーンを作成することから始めます。キャンペーン作成ページに移動する方法は以下の通りです。

  1. Amazonセラーセントラルから「広告」を選択し、「広告キャンペーンマネージャー」をクリックする
  2. Amazon広告のキャンペーン管理画面で「新しいキャンペーン」をクリックする
  3. 「スポンサープロダクト広告」をクリックする

キャンペーン作成ページに移動したら、以下の3点を設定しましょう。

  1. キャンペーン名
  2. 広告運用の開始日と終了日
  3. 1日の予算

ただしAmazonでは、キャンペーンの終了日を設定せず、継続的に広告運用する方法が推奨されています。広告運用は継続的に行うことで、大きな効果が期待できる手法だからです。

 

したがって、キャンペーン終了日の設定は必須項目ではありません。

ターゲティングを選ぶ

キャンペーンを作成したら、ターゲティングの方法を選びます。Amazon広告には、以下の2つのターゲティングが存在します。

オートターゲティング
  • キーワードの指定が不要
  • 設定した商品と関連のある広告枠を、Amazonが自動で選択して配信できる
マニュアルターゲティング
  • 特定のキーワードを指定することにより、ユーザーの検索ワードに合わせた広告配信が可能
  • 商品ターゲティングを行うことで、類似商品を閲覧しているユーザーに向けた広告配信ができる

両者の違いは、だれに商品の広告を表示させるかを決める「ターゲティング」を、Amazonのアルゴリズムにやってもらうか、自分でやるかです。

 

初めてスポンサープロダクト広告を使う場合は、オートターゲティングを選択することをおすすめします。Amazonが自動で、適切な広告表示を行ってくれるからです。

入札方法を選択する

ターゲティングを選択したら、次に入札方法を決定します。入札とは、希望金額を提示することです。

 

Amazon広告はオークション制がベースになっており、入札額を高くすると、広告が表示される確率が上がります。入札方法は、以下の3種類から選びます。

動的な入札(ダウンのみ) 売上につながりにくい広告クリックについて、徐々に入札額を自動的に下げていく戦略。新規開拓に向いている。
動的な入札(アップとダウン) 売上につながりにくい広告クリックの入札額を下げ、反対に売上につながりやすい広告クリックの入札額を上げていく戦略。効果的な広告運用を希望したい方に向いている。
固定額入札 キャンペーン期間を通して一定の金額を用いる入札。特定のターゲティングをしたい場合に向いている。

広告グループを作成し商品を選ぶ

広告グループは、作成したキャンペーン1つにつき複数作ることが可能です。関連性のある商品ごとに分類して広告グループを作成すれば、広告グループ別に運用結果を分析できるようになるでしょう。

 

後に分析しやすいように、広告グループ名は分かりやすい名前に設定しておくことをおすすめします。

スポンサーブランド広告の運用方法

スポンサーブランド広告の運用は、以下のような手順で行います。

  1. 自社ブランドをAmazonに登録する
  2. キャンペーンと広告フォーマットを設定する
  3. クリエイティブを設定する
  4. ターゲティングを選ぶ

1つずつ解説します。

自社のブランドをAmazonに登録する

スポンサーブランド広告を利用するには、まずAmazonブランド登録が必須となります。

 

Amazonブランド登録とは、Amazon上で独自ブランドの商品を販売するにあたって、事前にブランド情報などを登録するサービスのことです。ブランド登録することによって、自社ブランドの商品を一元管理でき、偽造品からブランドを守れます。Amazonに申告することで、偽造品を削除してもらうことも可能です。

 

Amazonブランド登録を行うには、商品について商標登録がされていなければいけません。商標登録は特許庁への申請が必要で、申請してから正式に登録されるまでには通常、半年から1年程度の時間が必要であることに注意が必要です。

 

スポンサーブランド広告の運用を計画しているのであれば、商標登録の手続きを早めに済ませておきましょう。

キャンペーンと広告フォーマットを設定する

Amazonに自社ブランドを登録できたら、キャンペーンを作成します。以下の操作はすべてAmazonセラーセントラルから行います。

 

3種類のキャンペーンのなかから「スポンサーブランド広告」を選んでクリックしましょう。キャンペーンの名前や予算、公開日や終了日など、基本的な項目を埋めていきます。

 

最低額は100円から設定できるため、予算が潤沢でない場合であっても諦める必要はありません。続いて広告フォーマットを設定します。広告フォーマットには、以下のような種類があります。

  • 商品コレクション広告フォーマット
  • ストアスポットライト広告フォーマット
  • スポンサーブランド動画広告フォーマット

自社商品の性質にもっとも適した広告フォーマットを選ぶことが大切です。例えば、動画で紹介することで初めて使い勝手や魅力が伝わる商品であれば、積極的に動画を選択するべきでしょう。

クリエイティブを設定する

キャンペーンと広告フォーマットが決まったら、次にクリエイティブの表示項目を設定します。以下の項目について定めなければいけません。

  • ブランド名
  • ロゴ
  • 商品
  • 見出し
  • カスタム画像

特に注意すべきは、見出しの項目です。見出しの項目はAmazonのガイドラインが適用される部分であるため、虚偽の表記や誇張しすぎた表現にならないよう、慎重になる必要があります。

 

また、カスタム画像は商品ページの画像とは別に表示されるもので、比較的大きめであることが特徴です。ブランドイメージを形作る重要な役割を担っているため、画像作成に力を入れることが広告効果に大きく寄与します。

 

ユーザーにベネフィットを想起させる魅力的な画像を設定し、興味を引き付けるよう工夫してみましょう。

ターゲティングを選ぶ

最後にターゲティングを選びます。ターゲティングとは、広告をどのユーザーにどのように表示させるかの設定であり、スポンサーブランド広告においては以下の2種類があります。

  • キーワードターゲティング
  • 商品ターゲティング

キーワードターゲティングは、商品の関連キーワードを設定することで、当該キーワードで検索された際に広告を表示させるものです。

 

表示条件は「部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」のなかから選べます。露出を強化したいキーワードや、逆に制限したいキーワードをコントロールできるようになっています。

 

また「自動入札」を有効にすることで、検索結果画面上部以外の表示位置での入札価格を自動調整させることも可能です。

 

一方、商品ターゲティングは、特定の商品やカテゴリーなどを指定することで広告配信ができる方法です。カテゴリーのなかから「推奨」を選択することで、Amazonが推奨するカテゴリーから広告商品を選択できます。

 

また、商品ターゲティングにおいては、「除外商品」を設定することも可能となっています。

スポンサーディスプレイ広告の運用方法

スポンサーディスプレイ広告を運用する段取りは、以下のようなものです。

  1. キャンペーンと広告グループを作成する
  2. 入札方法を決める
  3. 広告フォーマットを選ぶ
  4. 広告する商品を選ぶ
  5. ターゲティングを選ぶ
  6. クリエイティブを設定する

順番に見ていきましょう。

キャンペーンと広告グループを作成する

まずはAmazonセラーセントラルにログインし、キャンペーンマネージャーでキャンペーンを作成することから始めます。3種類あるキャンペーンから「スポンサーディスプレイ広告」を選択し、以下の項目を入力しましょう。

  • キャンペーン名
  • ポートフォリオ
  • 開始日と終了日
  • 1日の予算

「1日の予算」の項目には初期値が設定されていますが、そのままにしておくことは推奨されません。必ず自社の予算を考慮したうえで、適切な額を設定してください。

 

キャンペーンを作成したら、次に広告グループを作成します。広告グループは、キャンペーン1つあたり複数作成することが可能です。関連性のある商品をグループ化しておくことで、運用結果の分析などが楽になります。

 

分析の際に混乱しないよう、広告グループ名は分かりやすい名前に設定しておくことをおすすめします。

入札方法を決める

キャンペーンと広告グループを作成したら、続いて入札方法を決定します。入札方法は3種類用意されており、以下のなかから選ぶ必要があります。

  • リーチに合わせた最適化
  • ページの訪問数に合わせた最適化
  • コンバージョンに合わせた最適化

Amazon広告は上記3要素のすべてが絡むものですが、特に何を重視するかで判断しましょう。それぞれの選び方としては、以下を参考にしてください。

リーチに合わせた最適化 商品の認知度を向上させたい場合に使用する。
ページの訪問数に合わせた最適化 商品のコンバージョンアップなどを図りたい場合に使用する。
コンバージョンに合わせた最適化

参考:スポンサーディスプレイ広告の最適化戦略|Amazon

広告フォーマットを選ぶ

次に広告フォーマットを選択します。スポンサーディスプレイ広告における広告フォーマットは、「画像」と「動画」の2種類です。

 

画像を選択した場合には、商品画像が自動で作成されます。改めて画像素材を準備する必要がないため、手間がかからない点はメリットといえるでしょう。

 

動画を選択した場合には、表示するべき動画を自社で作成し登録する必要があります。画像に比べると手間はかかりますが、動画によって商品の機能をうまく説明できる場合などは、積極的に活用するべきです。

広告する商品を選ぶ

スポンサーディスプレイ広告を利用して宣伝したい商品を選びます。商品を選択する方法には、以下の3種類があります。

検索 ASINまたはSKUで検索して1個ずつ追加する
リストを入力 ASINリストをコピー&ペーストする
アップロード テンプレートを利用して、ASINリストをアップロードする

ターゲティングを選ぶ

スポンサーディスプレイ広告においては、以下の2種類のターゲティング方法があります。

  • コンテキストターゲティング
  • オーディエンス

〈コンテキストターゲティング〉

 

コンテキストターゲティングを選んだ場合、選択した商品に応じて推奨カテゴリーが表示されます。カテゴリー単位で広告を表示させたいのであれば、提案されたなかから選択するのがおすすめです。

 

広告を配信したいカテゴリーが、推奨のなかに含まれていない場合には、隣にある「検索」から、ターゲットとしたいカテゴリーを検索しましょう。

 

〈オーディエンス〉

 

オーディエンス設定は、以下の3つのカテゴリーから選択できます。

Amazonオーディエンス ライフスタイル、興味関心、ライフイベント、インマーケットなどからアプローチする
閲覧リマーケティング 選択した条件に合致する商品詳細ページを閲覧したユーザーにアプローチする
購入リマーケティング 選択した条件に合致する商品を購入したユーザーにアプローチする

閲覧リマーケティングと購入リマーケティングにおいては、それぞれ訪問後あるいは購入後何日間のユーザーを対象にするかを選択可能です。以下の選択肢があります。

  • 7日
  • 14日
  • 30日
  • 60日
  • 90日

クリエイティブを設定する

最後に、クリエイティブを設定します。任意の設定であり、配信したいロゴや見出し、画像などを自由に設定可能です。

 

宣伝したい商品を追加すると自動で広告が表示されますが、カスタマイズしたい場合は個別で画像を入稿します。広告宣伝の効果を決定する重要な要素であるため、プレビュー画面を参照しながら慎重に設定することが大切です。

Amazon広告を運用するコツ

Amazon広告を運用するコツ

 

Amazon広告を運用するコツとしては、主に以上の3つが挙げられます。

  • キーワードターゲティングを選ぶ
  • 商品詳細ページを作り込む
  • ビッグセール開催時に広告を運用する

結局のところ、広告の効果は総合力によるところが大きいものです。しかし、現実的には予算などに限りがあるため、要所に絞ってリソースを注ぎ込むことが重要となります。ここではその重要な要素について見ていきます。

キーワードターゲティングを選ぶ

キーワードターゲティングは、比較的ハードルが低いにもかかわらず、初心者でも成果を出しやすい手法です。真っ先に学んでおいて損はありません。

 

キーワードターゲティングの特徴は、ユーザーがAmazon内で検索しているキーワードに対して広告が出せることです。

 

Amazon内で検索したということは、ユーザーの興味はすでに購入に近づいている状態であることを意味します。ユーザーの心理をすくい取るように、上手に特定のキーワードをターゲットに設定することで、費用対効果のよいターゲティングが確立されます。

 

また、スポンサープロダクト広告を運用する場合、通常はオートターゲティングから始めます。オートターゲティングは、購入につながるさまざまなキーワードを自動的に収集するため、広告戦略におおいに役立つでしょう。

商品詳細ページを作り込む

広告をクリックしてユーザーが訪れたとしても、商品ページが魅力的でなければ、購入へと促すことはできません。商品詳細ページにおいては「商品名」「商品画像」「商品説明」の3つが重要です。

 

商品名は、以下の点に注意してつけましょう。

  • ブランド名が入っているか
  • 検索キーワードが入っているか
  • 訴求したいスペック情報が入っているか
  • 型番、サイズ、色は入っているか
  • 商品名が長すぎないか

商品画像には、メイン画像とサブ画像があります。メイン画像は、広告としてユーザーに表示される画像になるため、クリック率に大きな影響をおよぼします。

 

一方のサブ画像は、商品の詳細イメージをユーザーに提供するものであり、商品の購入率に影響を与えます。

 

商品説明には「この商品について」「商品の情報」の2種類があります。前者は箇条書きで、5~10個掲載できます。すっきりとした見た目を意識しましょう。後者は表を用いるスタイルであるため、スペックをきちんと整理することが大切です。

ビッグセール開催時に広告を運用する

Amazonでは、四半期に一度ビッグセールがあるほか、頻繁にタイムセールも開催されています。セール時にはユーザーの購買意欲も増加しているため、積極的に広告を運用することで、大きな効果が見込めるでしょう。

 

ただし、セールで割り引いた分は店舗負担となるため、利益率が低い商品はセール時の広告対象として適していません。目の前の売上だけに注目するのではなく、商品の利益率などをしっかりと考慮して、どの商品をセール時に推していくのかを考えましょう。

Amazon広告の運用代行でおすすめの会社6選

Amazon広告は、初心者でも比較的分かりやすいよう設計されています。しかし忙しい事業者にとって、広告を自社で運用することは難しいと感じることもあるでしょう。

 

ここでは、広告運用するリソースがない、いまいち効果が出ないという方のために、広告運用を代行してくれる会社を6つ紹介します。

ピュアフラット

株式会社ピュアフラット

ピュアフラットは、Amazon特化のマーケティング支援を行っている会社です。Amazonの状況を深く理解したエキスパートが、緻密な設計とサポートで売上向上へと導いていきます。

 

さまざまな業界経験のあるメンバーが集結しており、汎用的かつ核心的なノウハウを活用した、抜け漏れのないフルサポートが可能。顧客と二人三脚で、売上アップをともに目指してくれます。

 

ピュアフラットの売上アップ率は平均372%であり、実績も抜群です。効率的かつ短期間で売上アップに導くことをモットーとしています。早い段階で、売上増加を顧客に肌で感じ取ってもらえることを重視しているのが特徴です。

 

広告運用代行はもちろんのこと、店舗を立ち上げる段階のサポートも受けられます。Amazon事業の大部分を任せることも可能であり、ノウハウのまったくない初心者であっても、事業成功の確率を飛躍的に高めることができるでしょう。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら
Amazon無料診断バナー横

ZonExpert

ZonExpert

ZonExpert株式会社は、費用対効果の高いAmazon広告運用を行ってくれる会社です。公式サイトによれば、売上拡大成功率96%、平均売上上昇率324%、契約継続率90%です。300社以上の販売業者を売上拡大へと導いてきた実績が、実力を物語っています。

 

広告の出稿方法や正しい設定方法が分からないといった初心者はもちろん、より効率的な広告運用をしたいと考えている中級者、上級者にも対応。機械的な運用ではできない、プロフェッショナルの目を通した「顧客にぴったりマッチする」広告運用を行ってくれます。

 

楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECモールとは異なる、Amazonならではの仕組みに特化した広告代行業務を行っているため、Amazon広告に関する信頼性は抜群。すべての顧客に対して3名がチームを組むという、手厚い密着型コンサルティングもポイントです。

 

WALTEX

WALTEX

WALTEXは、顧客の広告運用の課題に合わせて、オーダーメイドで広告運用のプロチームを構成する会社です。事業の課題解決パートナーとして、伴走してくれます。

 

購買意欲の高いユーザーに対するアプローチや、競合ブランドに勝つための広告など、多角的な戦略で顧客を売上向上に導くことを重視しています。

 

運用メンバーは全員が5年以上の業務経験を保有しており、大手広告代理店での職歴や表彰経験があるなど、エース級の実力を持った人材ばかりです。無駄なミーティングなどは行わず、あくまでも顧客の目標達成に向けた業務に集中することで、結果にフルコミットしています。

 

グラッドキューブ

グラッドキューブ

グラッドキューブは、顧客とのコミュニケーションを重視している広告運用代行会社です。オンラインのやり取りであっても、顔が見えないというハンディを感じさせない、ホスピタリティあふれるサービスを提供しています。

 

最低契約期間は存在しないため、まずは短期契約で「お試し」することも可能です。テストで依頼してみて、相性がよいと感じた場合には継続する、といったスタンスで活用するのもよいでしょう。

 

無料診断フォームで問い合わせをしてから、運用代行業務を開始するまでの期間は5~10日と、スピーディーに動いてくれるのも魅力です。

 

いつも.

いつも

いつも.は「Amazon売上アップに関するあらゆることを支援する」をコンセプトに、豊富なノウハウと実績にもとづいて広告運用代行をしてくれる会社です。

 

「出店したが売れない」「広告費と売上が反比例している」「運用のためのリソースが不足している」といったさまざまな問題に対し、効果的なサポートを提供。契約件数12,000件以上の運用経験に裏打ちされた、実践的なサービスが期待できます。

 

広告運用代行だけでなく、コンサルティング業務や運営全体の代行も請け負っており、全面的に業務を委託することも可能です。これからAmazonで商品を売っていこうと考えている新規事業者にとって、強力なサポーターとなるでしょう。

 

デジタルアスリート

デジタルアスリート

デジタルアスリートは、リスティング広告で培った最適なキーワード戦略でAmazon市場にアプローチする会社です。

 

従来の広告手法がAmazonに通用しない、Amazon内で自社商品がなかなか表示されないといった悩みに対し、実行力のある回答を提供し、顧客の売上アップを実現します。

 

Amazon広告とほかの広告媒体の違いを熟知したスタッフによる、Amazonならではのさまざまな施策を打ち出してくれる点が強みです。また、広告運用代行だけでなく、出品準備からのトータルサポートも行ってくれるため、Amazon運用の丸投げが可能となっています。

 

顧客1社につき3名のスタッフがつき、いつでも直接相談できる体制を整えてくれるのも嬉しいポイントでしょう。

 

Amazonで商品が売れないとお悩みならピュアフラットへ

Amazonにおける広告運用とはどのようなものかについて、詳しく解説してきました。

 

Amazonの広告には複数のタイプがあり、それぞれに異なるコツと戦略が必要です。
Amazonは巨大な市場であり、そのなかでライバルとの競争に打ち勝ち、自社製品を狙い通りに露出させるのは、簡単なことではありません。

 

商品が優れていれば売上が伸びる、という単純な話ではないことに注意する必要があるでしょう。潜在顧客に対するアピールがうまくいかなければ、どんなに優れた商品であっても、いつまでも在庫のままという可能性もあります。

 

Amazonで商品が売れないとお悩みの方は、ぜひピュアフラットまでご相談ください。

 

ピュアフラットは、結果にこだわるECマーケティングのプロフェッショナル集団です。「いい商品なのに売上が伸びない」といったお悩みに対し、客観的な視点で、効果的な施策を提供いたします。

 

さまざまな業界経験のあるメンバーによるフルサポートで、お客様の売上アップが実現するまで全力で向き合いつづけます。初回相談は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ピュアフラットへのお問い合わせはこちら
Amazon無料診断バナー横

Twitter Facebook LINE
コラム一覧
X