株式会社ピュアフラット

クーポンアドバンス広告とは?効果的な運用方法とメリットデメリット解説

更新日: 2024.5.21

カテゴリ:  楽天市場

クーポンアドバンス広告とは?効果的な運用方法とメリットデメリット解説

 

「楽天のクーポンアドバンス広告って何だろう?」「クーポン広告を運用するメリット・デメリットは?」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

この記事では楽天のクーポンアドバンス広告のメリット・デメリット、運用にかかる費用について分かりやすく解説していきます。

楽天クーポンアドバンス広告について知りたい方、内容を確認したうえで運用してみたい方のお悩みを解決する内容になっていますので最後まで読んでみてください。

楽天のクーポンアドバンス広告とは?

 

楽天のクーポンアドバンス広告は、楽天IDを持つユーザーに対して自分が売り出している商品のクーポンをおすすめとして表示することができるものです。

商品の検索結果最上部にある「クーポンが使えるおすすめ商品」、楽天市場の「あなたにおすすめのクーポン」に自分の商品を表示させることができ、商品の販売率・認知度を上げたい方やなかなか売れない商品の販促におすすめの広告です。

 

クーポンアドバンス広告の種類は運用型広告のため、販売者側はクーポンを配信した商品やクリック単価などの各種設定を細かく指定することができ、販売商品を効果的にユーザーに訴えかけ、売り上げを伸ばすことが期待できます。

 

クーポンアドバンス広告のメリット

クーポンアドバンス広告のメリット

以下ではクーポンアドバンス広告を運用するメリットについて解説していきます。利用することでさまざまなメリットがあるため、事前にしっかり確認し広告運用の際の効果を最大限発揮できるようにしておきましょう。

感度の高いユーザーに訴求できる

クーポンアドバンス広告はユーザーの購買履歴などを蓄積したビックデータに基づき、商品ごとに購入する可能性が高いユーザーに対してクーポンが配信される仕組みになっています。販売者の商品を購入してくれる可能性が高いユーザーを自動的に判断し、一度に多くのユーザーに情報配信できるため購入確率を上げることが可能です。

 

ユーザーの検索キーワードが自分の商品にマッチした際にも、クーポンが配信される仕組みになっているため、ユーザーの幅広いニーズに対して商品を訴求できることが大きなメリットです。

 

レポートを活用できるのでPDCAが回しやすい

クーポンアドバンス広告を運用すると定期的に商品ごとの詳細なレポートが提供されます。

レポート内容を基に値引きなどのキャンペーンの効果、広告の効果が出ているのか確認することができ、改善点を見つけ出し販売プランを再度考え直すことが可能です。広告を出稿しつつ、継続的に商品販売を分析することで売上アップを見込むことができます。

 

EC上で売り上げを上げるためには計画をたて、随時販売計画を練り直していくことが重要ですが、「自分だけで情報を調べて整理するのは難しい…」と感じている方にとって強い味方になります。

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

検索画面で上位表示が狙える

クーポンアドバンス広告を利用する最大のメリットは、検索結果のトップに表示される可能性が大幅に上昇することです。トップに表示されることでユーザーの目に留まりやすくなったり、他の競合相手と比較してクリック率が上がったりすることが期待できます。

 

検索キーワードでマッチした際には、購買意欲があまり高くないユーザーの目にも留まりやすいため新規顧客を開拓することも可能です。

 

▶︎楽天SEOについて詳しくはこちら

クーポンアドバンス広告のデメリット

クーポンアドバンス広告のデメリット

以下ではクーポンアドバンス広告のデメリットについて解説していきます。利用する上でデメリットを把握しておくことは、利用後のトラブルや効果的に広告のメリットを生かすために非常に大切なため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

クーポンの費用は店舗負担

クーポンアドバンス広告を使用することで提供が可能なクーポンの割引分の金額は、店舗が負担しなくてはなりません。クーポンの割引率が高いほど割引分の利益が少なくなってしまう可能性があるため、クーポンをユーザーに提供する際は割引率に注意する必要があります。

クーポン提供により商品が売れやすくなり売り上げ増加につながる可能性がありますが、適切な割引率を設定しないと商品は売れる一方、利益が低いという結果になりかねません。クーポンを提供する際は割引率に注意して設定するようにしましょう。

 

商品によってはクーポンが表示されにくい

クーポンアドバンス広告によるクーポン配信は、検索数などのビックデータに基づいておこなわれています。クーポンの発行数が少ない商品の場合はデータが少ないためクーポンが表示されにくい場合があります。

 

販売する商品のデータ数が少ない場合があるため、商品を販売する際はクリック単価を上げるなどの工夫をしながら運用することが必要です。

 

販売開始から2週間以上経過して広告が表示される

クーポンアドバンス広告の特徴は、商品の広告が入るのが商品販売開始から2週間以上経過した商品が対象であるということです。
商品が販売前の段階、早く商品を売りたい場合はクーポンアドバンス広告のメリットを生かすことができないため注意が必要です。

この広告を利用する際は、商品が販売されてから2週間以上経過しているかどうかを事前に確認しておきましょう。

クーポン条件の変更は決まった日にしかできない

クーポンアドバンス広告の制度上、クーポンの有効期限や割引率などの条件の変更は決められた日時にしかおこなえないのが特徴です。

利用者はクーポンの条件が変更できる日時を事前にしっかりと確認をしたうえで、クーポンアドバンス広告の配信をおこなう必要があります。

 

商品販売の戦略をたてる際は、突発的にたてるのではなく事前にクーポンの条件変更日時を把握し販売戦略をおこなうようにしましょう。

 

▶︎楽天のRPP広告について詳しくはこちら

クーポンアドバンス広告にかかる費用は?

クーポンアドバンス広告にかかる費用は?

以下ではクーポンアドバンス広告を利用する際の費用について解説していきます。

楽天内で売り上げを上げるため広告を利用するのは非常に効果的ですが、費用などの支出についても知っておかなければいけません。事前にクーポンアドバンス広告を利用するにあたってかかる費用をしっかり把握し、自分の広告活動にかけられる予算内での活動ができるようにしておきましょう。

クーポンの割引費用

クーポンの割引費用とは、消費者が提供されたクーポンを利用して商品を購入した際に発生する割引額のことを指します。例えば1000円(税込)で売り出している商品に対して、20%引きのクーポンが使用された場合の割引金額200円が割引費用です。

クーポンの割引費用は広告費とは異なり、商品の売り上げから差し引かれるものになります。

 

クーポン提供の際の割引率や割引額は商品販売者が自由に設定が可能です。商品を売りたいターゲット層を絞ってのクーポン提供の戦略をたてやすい一方、割引率などを高く設定してしまうと商品は売れるが、売り上げ金額が低い状態になってしまう可能性があるため注意が必要です。

クーポンの獲得費用

クーポンの獲得費用とは、消費者がクーポンを獲得した際に発生する費用のことです。

費用は消費者がクーポンを獲得したときだけ発生するので、購買意欲が高い消費者に対して

効果的にアプローチができる点で非常に効果的な広告費といえます。

ターゲット層をある程度しぼることのできる広告費のため、費用を最小限におさえることが可能ですが、費用はキャンペーンやクーポン内容によって上下するため商品の価格は慎重に考えて設定する必要があります。

 

▶︎楽天のTDA広告について詳しくはこちら

まとめ

クーポンアドバンス広告のメリット・デメリット、広告にかかる費用について解説してきました。

クーポンアドバンス広告を利用することで自分の商品をユーザーに効果的にアピールすることができ、売り上げを伸ばすことが可能です。一方で広告を利用する上でのデメリットや広告費についても事前に把握をし、商品の価格設定や適切なクーポンの割引価格や割引率を設定するようにしましょう。

クーポンアドバンス広告を利用した運用や戦略について困ったことがあれば、ピュアフラットのコンサルタントのようなEC分野のプロにサポートしてもらいつつ運用するのがおすすめです。

 

この記事を通じて多くの方が楽天のクーポンアドバンス広告を効果的に利用し、売上アップに繋がれば幸いです。

 

クーポンアドバンス広告を活用するならピュアフラットへ!

クーポンアドバンス広告を実際に利用する際は、メリット・デメリットを把握し、広告費を上回る売り上げをあげなければいけません。戦略を一からたてて効果的に運用するのはなかなか難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。

 

ピュアフラットはEC分野に特化したマーケティング企業で、元楽天市場出身のメンバーを中心に楽天市場で効果的に売り上げを上げる確固たるノウハウがあります。これまでの支援実績や業界トップクラスの広告運用も生かし、専門のコンサルタントが短期間での売り上げアップを目指す環境が整っています。

いきなりの契約に抵抗がある方やお話しを聞いてみたい方、現状の課題について相談にのってほしい方はまず無料診断を受けるとよいです。広告を利用しながら安定した売り上げを出すためには確固たる戦略が必要なため、EC分野における戦略などを組み立てるのが難しい方や初心者の方はぜひ活用してみてください。

 

楽天市場無料診断バナー

 

 

楽天のクーポンアドバンス広告に関するよくある質問

  • クーポンアドバンス広告の入札価格はいくらですか?

  • 条件によって異なりますが、配信商品選定を自動にした場合は25円〜、配信商品選定を手動にした場合は40円〜です。

  • クーポンアドバンス広告が表示されません。

  • クーポンアドバンス広告は入札形式の広告となっているため、競合がいる場合は表示されないことがあります。 また、販売実績の少ない商品や登録したばかりの商品である場合も、表示されないことがあります。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧