株式会社ピュアフラット

楽天のショップサイトデザインを魅力的に!ポイントと事例を大公開

更新日: 2024.4.17

カテゴリ:  楽天市場

楽天のショップサイトデザインを魅力的に!ポイントと事例を大公開

楽天市場へ新規出店したけど、ショップのサイトデザインをどのようにしたら魅力的に見えるか分からず、思い悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

サイトの雰囲気やデザインは、言わばショップの顔であり、ユーザーが抱く印象も大きく変えかねません。

 

ショップを訪れたユーザーが買いたいと思わなければ売上には繋がらないため、サイトデザインはとても重要な役割を担います。

 

この記事では楽天のサイトデザインを魅力的にするためのポイントや参考サイトを紹介していきます。

 

なお、弊社では出店後に売上が伸びない方や楽天のショップ運用方法がわからない方に向けて店舗の無料診断を行っております。

 

お気軽にお問合せください。

 

出店したのに売上が伸びないとお悩みの方はこちらから

店舗の無料診断

楽天市場で掲載するサイトデザイン設計のポイント7つ

楽天市場で掲載するサイトデザイン設計のポイント7つ

では早速、楽天市場で掲載するサイトデザインを設計するときのポイントを7つ紹介します。

  1. ファーストビューが大切
  2. 上位にメニューを表示
  3. 見栄えのよいレイアウト
  4. 人気商品・レビューの多い商品を上位に配置
  5. ターゲットとするユーザーをイメージ
  6. 見やすく目立つバナーの配置
  7. スマートフォンへの最適化

ファーストビューが大切

まず、ショップのファーストビューは最重要となります。ファーストビューで印象を与えられないとスクロールしてもらえず、そのまま離脱されかねません。

 

具体的には、画像や図を用いてショップが一番に押し出したい魅力を伝えたり、送料無料などユーザーへのメリットを提示したりといった工夫が効果的です。

 

ただし、あまりに情報を詰め込みすぎるとユーザーに伝わりにくくなるため、ポイントを3つ程度に絞ってユーザーの興味を惹く流れを形成しましょう。

上位にメニューを表示

サイトのメニュー欄を上位に表示させておくと、ユーザーの目に留まりやすく欲しい商品をスムーズに探しやすくなります。

 

このメニュー欄が分かりづらい箇所にあると、ユーザーが不便だと感じるだけでなく、そもそもメニューがないと判断されかねません。

 

ユーザービリティの低いショップページだと思われてしまうと、店舗のイメージも低下してしまいます。そういった状況を防ぐためにもメニューをページの上位に表示させ、ユーザーが使いやすいサイトに仕上げましょう。

 

見栄えのよいレイアウト

ページのレイアウトも見栄えの良さが大切です。

 

特に情報量が多いうえにデザイン性がバラバラだと、受け取る側が重要なポイントを掴めず、店舗の魅力に気づけません。

 

シンプルかつグループごとに情報がまとまったレイアウトに仕上げると、訴求ポイントが明確になり、相手にも魅力が伝わりやすくなります。

 

また、画像やテキストの大きさも見栄えの良さに繋がる大切な要素であるため、パソコンやスマートフォンのどちらからでも見やすいページ設計を心がけましょう。

人気商品・レビューの多い商品を上位に配置

店舗内の人気商品や高評価・レビューの多い商品は、ページの上位に配置してください。

 

こうした商品は、他のユーザーが実際に購入している商品で評判も良いと判断され「良さそうだから購入してみたい」と思ってもらえやすいです。

 

加えて、商品の購入から利用してみて良いと感じたら「他の商品も試してみたい」と興味を抱くユーザーが現れるかもしれません。こうして店舗で販売する商品が幅広く売れていき、店舗の信頼性と安心感を強めていける効果も期待できます。

ターゲットとするユーザーをイメージ

ショップページのデザインを作るにあたって、ターゲットをイメージした設計をしましょう。

 

具体的には、年齢や性別、職業など、商品を届けたいペルソナに対して適切なデザインをイメージしてください。

 

例えば、20〜30代の女性ユーザー向けの場合、ホワイトや薄いピンクなどを活用したかわいらしさと大人らしさの演出は、代表的なデザインでしょう。

 

また、ショップの方向性や世界観、扱うジャンルに沿ったデザインにすることもオリジナリティを出せるため有効となります。

 

特定のユーザーをターゲットとして決めると、より明確でわかりやすいデザインを作成できるようになります。サイトのデザインを作成する前に、きちんと方向性を決めておきましょう。

見やすく目立つバナーの配置

見やすく目立つバナーの設置も、ユーザーの目を惹く要素としてとても重要です。

 

ページを見ていくと多くの方の目に留まりやすいため、気になる商品であればクリックするでしょうし、注目商品として掲載すれば興味を惹けるでしょう。

 

バナーにも横長のタイプや正方形のタイプ、スライド式で表示されるタイプなど、見せ方にも工夫が施せるため、効果的なものを作成しましょう。

スマートフォンへの最適化

意外と対策できていないのがショップサイトのスマートフォン最適化です。レスポンシブ対応とも呼ばれます。

 

そもそも、楽天市場を利用するユーザーの約7割がスマートフォンで閲覧しているとされています。よって、パソコンで作成するページですが、スマートフォンでの表示を意識して設計しなければいけません。

 

スマートフォンに最適化されていないだけで、大きな機会損失になりかねないため、自作する場合は特に注意しましょう。

 

制作を外注する場合は問題ありませんが、自社で作成する場合は、スマートフォン表示のレイアウトが崩れていないか、こまめにチェックしてください。特にフリック画像のデザインを、スマートフォンでもスムーズに見られるかもチェックしましょう。

楽天のおすすめショップサイトデザイン5選


ではここからは、選りすぐりの楽天おすすめショップサイトデザインを5つ紹介していきます。

 

自社が取り扱う商品によって最適なデザインは異なるものの、参考になる部分は多々あるはずです。良い部分は取り入れて、自社サイトをより良いものに仕上げてください。

  1. タマちゃんショップ
  2. シードコムス
  3. ヒオリエ
  4. eBaby-Select
  5. こめたつ

タマちゃんショップ

まず紹介するのは、自然食材を販売している九州を拠点とした食品店舗であるタマちゃんショップです。

 

柔らかい印象を与えるイラストと色合いで、ユーザーの心を惹きつけています。とくに自然食品を販売するうえで大切な、優しさを感じさせるサイトのデザインになっています。

 

現在セール中の商品をまとめた「本日のしあわせーる」も親しみやすさを感じますし、リアルタイムで注文状況を確認できる仕様であるため、商品人気も一目瞭然です。

 

また、ショップ紹介や歴史、新着ニュース、ブランドなどユーザーが知りたい情報を調べやすくする設計と実績の掲載で見栄えも良好。

 

ユーザビリティの高いデザイン設計がされています。

シードコムス

続いては、サプリを扱うシードコムスです。

 

ファーストビューで大胆に開催中のキャンペーン情報や注目商品、お得商品をアニメーションをつけて掲載。ダイナミックな印象を与えるため、ユーザーの脳裏にも記憶されやすいでしょう。

 

その他、ネコポスで全国送料0円や11周年など、重要な情報が見やすく掲載されています。

 

クーポン割引の項目の下部には、利用方法が記載されてあるページに飛べるボタンがついています。丁寧な説明が人気の秘密でもあります。

 

また、ユーザーの目的・お悩み別に、項目が細かくわかれています。年代別・性別からの検索もできるため、より求めているサプリを見つけやすくなるデザインや設計がされています。

ヒオリエ

タオルの直販店ヒオリエは、品質の高さと丁寧さを感じられる、白を基調とした落ち着いたサイトのデザインとなっています。

 

スライド表示される大きなバナーは、季節ごとの特集やセール情報などを掲載し、注目を惹く設計。画像とともにキャッチコピーが記載されています。

 

新着情報は日付と一緒にわかりやすく載っているほか、人気ランキングも6位まで確認できます。お問い合わせ情報や送料など、購入前に知りたいことがまとめて記載されているところも、見つけやすく便利です。

eBaby-Select

ベビー・キッズ用品を購入できるeBaby-Selectは、ファーストビューに受賞したジャンル賞の掲載やターゲットとする子連れの家族がイメージしやすい画像掲載がされており、安心感を与えてくれます。

 

各商品画像には単純に商品が分かるものではなく、生活感を醸し出す写真が使用されており、購入後のイメージがしやすい点がポイント。加えて、人気商品のランキングが、週間・注目度・お出かけアイテムの3つにわかれており、より用途にあった商品を探しやすいでしょう。

 

赤ちゃんグッズを取り扱っているため、全体的にかわいらしく、優しい印象を受けます。割引やポイントなど、お得な情報のバナーはほかと色合いを少し変えて、目立つ工夫がされています。

こめたつ

最後は、お米を専門に取り扱うこめたつです。

 

ファーストビューで新商品の発表など、注目のトピックに関してスライド式で取り上げ、下のスライドではセール情報を紹介。まずユーザーの心を掴むことができます。

 

また、お米に関するメニューとショップに関するメニュー欄を2つ掲載し、それぞれ求めるユーザーが簡単に該当するページにたどりつけるように工夫が施されています。

 

なお、弊社では楽天市場の新規出店ガイドを無料で提供しています。
 

これから楽天市場に出店を考えている方や、出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、失敗しないための出店手順やプラン、成果を最大化するためのポイントについて解説しています。

 

【全33ページ】出店の流れやポイントなどを徹底解説!資料のダウンロードはこちらから

楽天市場のサイトデザインのチェックリスト

楽天市場のショップサイトデザインは、多くの競合との差別化やユーザーの購買意欲を引き出すために、非常に重要な要素となっています。
 
以下のチェックリストを参考に、日常的に意識してデザインを行っていきましょう。

デザインの一貫性の確認

デザインの一貫性は、ブランドイメージの強化やユーザーの信頼感を高めるために不可欠です。
 
一貫性のあるデザインは、ユーザーに安心感を与え、サイト全体の認知度や信頼性を向上させる要因となります。

ブランドカラーの統一

ブランドカラーは、ショップの特徴やイメージを伝える重要な要素です。
 
全ページで統一されたカラーを使用することで、プロフェッショナルな印象を与えることができます。
 
また、ブランドカラーを一貫して使用することで、ユーザーの記憶に残りやすくなります。

フォントの統一

フォントもまた、ブランドの印象を大きく左右します。
 
読みやすさを保ちつつ、ブランドの特色を反映したフォントを選ぶことが重要です。
 
異なるフォントを乱用すると、ページが雑然として見える原因となります。

レイアウトの統一

ページごとのレイアウトの一貫性は、ユーザーの混乱を避けるために必要です。
 
特に、ヘッダーやフッター、メニューバーなどの配置は統一することをおすすめします。
 
これにより、ユーザーはサイト内で迷うことなく、必要な情報や商品を探しやすくなります。

ユーザビリティの確認

ユーザビリティは、サイト訪問者が快適にサイトを利用できるかどうかを示す指標です。
 
高いユーザビリティを持つサイトは、訪問者の満足度を高め、リピート訪問や購入へとつながる可能性が高まります。

ナビゲーションのアクセス性

ナビゲーションは、サイト内の情報を効率的に探すための手がかりとなります。
 
明確で分かりやすいメニュー構造を心がけましょう。
 
また、重要なページへのリンクはトップページから直接アクセスできるように配置することが推奨されます。

クリック可能な要素の明確性

ユーザーが求める情報やアクションへのリンクは、明確に表示することが重要です。
 
不明瞭なリンクは、ユーザーの混乱や離脱を招く可能性があります。
 
ボタンやリンクのデザインは、一目でクリック可能であることが分かるように工夫することが求められます。

レスポンシブデザインの確認

スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスでの表示を確認し、最適化されているかをチェックしましょう。
 
特に、モバイルユーザーの増加を考慮すると、レスポンシブデザインの導入は必須となります。

高品質な画像や動画の使用

高品質な画像や動画は、サイトのプロフェッショナルさを高めるだけでなく、ユーザーの興味を引きつける要素となります。
 
特に、商品の詳細画像や使用方法を示す動画などは、購買意欲の向上に寄与します。

SEO対策も確認

SEO対策は、検索エンジンでの表示順位を向上させるための重要な要素です。
 
画像や内部リンクを配置することもSEO対策のため、サイトの認知度やアクセス数を増加させることが期待できます。

メタタグの最適化

タイトルタグやメタディスクリプション(記事の概要)は、検索結果ページでの表示内容を決定します。
 
キーワードを適切に取り入れ、ユーザーにクリックを促す内容を心がけましょう。
 
また、過度なキーワードの詰め込みは避け、自然な文言を使用することが推奨されます。

内部リンクの最適化

サイト内のページ同士を適切にリンクすることで、ユーザーのサイト内での滞在時間を延ばすことができます。
 
また、内部リンクは検索エンジンのクローラーがサイトを巡回する際の手助けとなり、サイトの評価を向上させる要因ともなります。
 
リンクを設置する際は、関連性の高いページ同士を繋げるように心がけましょう。

画像のalt属性の最適化

画像のalt属性は、画像が表示されない場合や検索エンジンに画像の内容を伝えるための重要な要素です。
 
適切なキーワードを取り入れることで、SEOの効果を高めることができます。
 
特に、商品画像などの重要な画像には、詳細かつ具体的なalt属性を設定することが推奨されます。

楽天市場のサイトデザインでの失敗事例とその対策

失敗事例と対策
デザインを施す際には、ユーザビリティやSEO、そしてコンバージョン率などの観点からも注意が必要です。
 
ここでは、楽天市場のサイトデザインでよく見られる失敗事例と、それに対する対策を詳しく解説します。

過度なアニメーションやエフェクト

サイトデザインにおいて、アニメーションやエフェクトは訪問者の興味を引きつける要素として効果的ですが、過度に使用すると逆効果となることがあります。

ユーザーの混乱を招く

多くのアニメーションやエフェクトを取り入れることで、ユーザーがサイトの主要な情報や操作を見落とすリスクが高まります。
 
特に、購入ボタンや商品情報などの重要な要素が視覚的に埋もれてしまうと、コンバージョンの機会を逃してしまう可能性があります。

ページの読み込み速度の低下

アニメーションやエフェクトは、多くのリソースを消費するため、ページの読み込み速度を低下させる原因となります。
 
読み込み速度の遅いサイトは、ユーザーの離脱率を上昇させるだけでなく、SEOの評価も低くなるリスクがあります。

過度なアニメーションやエフェクトによるSEO評価の低下

過度なアニメーションやエフェクトは、検索エンジンのクローラーがサイトの内容を正確に解析するのを妨げる可能性があります。
 
その結果、検索エンジンの評価が低くなり、検索結果ページでの表示順位が下がるリスクが生じます。

不適切なフォントや文字サイズの選択

フォントや文字サイズは、サイトの読みやすさやブランドイメージに直接影響する要素です。
 
適切な選択を怠ると、ユーザー満足度の低下やコンバージョン率の低下を招く可能性があります。

読みにくさの原因となる

特に小さすぎる文字サイズや、独特のデザインのフォントは、ユーザーにとって読みにくいと感じる原因となります。
 
読みにくいサイトは、ユーザーの離脱率を上昇させるリスクがあります。

ブランドイメージの低下

フォントは、ブランドの印象を大きく左右する要素です。
 
不適切なフォントの選択は、ブランドイメージの低下を招く可能性があります。

不適切なフォントや文字サイズによるコンバージョン率の低下

読みにくいフォントや文字サイズは、ユーザーがサイト上でのアクションを取るのを妨げる可能性があります。
 
特に、購入ボタンや商品情報などの重要な要素が読みにくいと、コンバージョンの機会を逃してしまうリスクが高まります。

画像の最適化の不足

画像は、サイトの魅力を引き立てる要素として非常に重要です。
 
しかし、最適化を怠ると、ページの読み込み速度の低下やSEOの評価低下を招く原因となります。

ページの読み込み速度の低下

大きなファイルサイズの画像や、多数の画像を使用することは、ページの読み込み速度を低下させる主な原因となります。
 
読み込み速度の遅いサイトは、ユーザーの離脱率を上昇させるリスクがあります。

画像の最適化の不足によるSEO評価の低下

画像の最適化を怠ると、検索エンジンのクローラーがサイトの内容を正確に解析するのを妨げる可能性があります。
 
その結果、検索エンジンの評価が低くなり、検索結果ページでの表示順位が下がるリスクが生じます。

画像の最適化の不足によるユーザーエクスペリエンスの低下

最適化されていない画像は、表示品質が低くなる可能性があります。
 
特に、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでの表示に問題が生じることがあります。
 
画像がぼやけて見えたり、正しく表示されない場合、ユーザーのサイトに対する信頼感が低下し、サイトからの離脱を促進する可能性があります。

モバイルファーストの考慮不足

近年、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスからのアクセスが増加しています。
 
そのため、モバイルファーストのデザインは必須となっています。
 
しかし、この点を考慮せずにデザインすると、多くの問題が生じる可能性があります。

スマホユーザーの離脱率上昇

モバイルデバイスに最適化されていないサイトは、操作性や表示が悪く、スマホユーザーの離脱率を上昇させる要因となります。
 
特に、ボタンの大きさや配置、フォントサイズなどの細部に至るまでのデザインが重要です。

モバイルファーストの考慮不足によるSEO評価の低下

Googleなどの主要な検索エンジンは、モバイルファーストのインデックスを採用しています。
 
これは、モバイルデバイスでの表示を主要な評価基準としているため、モバイルに最適化されていないサイトはSEOの評価が低くなるリスクがあります。

モバイルファーストの考慮不足によるコンバージョン率の低下

モバイルデバイスからのユーザーがサイト上でのアクションを取りにくいデザインは、コンバージョン率の低下を招く可能性があります。
 
購入ボタンの位置やサイズ、フォームの入力のしやすさなど、ユーザビリティを高める工夫が求められます。

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットではAmazon、楽天、Yahoo!、Qoo10など各プラットフォームの出身メンバーを中心に経験のあるメンバーがコンサルティングを行うECモール領域のコンサルティングに特化した企業です。売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで一気通貫でサポートいたします。 下記のフォームからお問合せいただけますので、是非お気軽にご相談ください。  

楽天市場で売上を上げるために意識すべきポイント

楽天市場に出店する際のサイトデザインについては解説しましたが、デザイン以外にも売上を伸ばしていくためには、いくつかの意識すべきポイントがあります。
 
楽天市場で売上を上げるために意識すべきポイントは以下の通りです。

  • R-Karteを活用する
  • 広告も活用する
  • 楽天市場内のランキングで上位表示する

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

R-Karteを活用する

1つ目は、「R-Karteを活用する」ということです。
 
R-Karteは、楽天市場の運用システム「RMS」に含まれている分析ツールです。このツールを活用すれば、どんな人がアクセスしたのかを分析できるようになります。
 
さらに、商品毎や期間毎のアクセス数も確認できます。「これがユーザーを惹きつける1番良いデザインだ」と思って制作したページでも、思うようなアクセス数が取れないこともあります。
 
その場合には、R-Karteを活用して、どのような人がアクセスしていて、自社の商品に合うターゲットがアクセスしているのか、そもそもデザインを改修した方が良いのかなどを総合的に分析して、改善していくことが求められます。
 
ユーザーのニーズは日々変わっていくため、定期的に数値を分析しながら、最適なページになるように改善していきましょう。

広告も活用する

2つ目に、広告を活用しましょう。
 
楽天市場では、サイトデザインを作るだけではなく、作ったページをより多く露出するため、広告を出稿することが売上アップに欠かせません。
 
広告を上手く活用すれば、知名度のない商品でも多くのユーザーに露出可能です。楽天市場には、さまざまな広告の種類があるため、自社の商品に合う広告を出稿することがおすすめです。
 
もし、そのような難しいことがわからないという方は、弊社のようなECコンサルに依頼することを検討しても良いかもしれません。
 
弊社は長年、培ってきた楽天市場での経験や知識を基に、お客様の売上を伸ばすため、親身に寄り添ってサポートいたします。
 
特に、効果が見込めない広告を出稿してしまうと、売上を伸ばすどころか赤字になってしまう可能性もあるため、経験豊富な信頼できるプロに任せることをおすすめします。

楽天市場内のランキングで上位表示する

3つ目に、楽天市場内のランキングで上位表示することです。
 
楽天市場には「総合ランキング」や「ジャンル別ランキング」などがあります。それらのランキングで上位を獲得し、自社の商品が表示されれば、多くのユーザーに露出することができ、売上を大きく伸ばしやすくなります。
 
ネットショップに関わらず、ユーザー心理的に「失敗したくない」という気持ちがあるため、ランキング上位に表示されている商品は、購入されやすい傾向にあります。
 
では、どうしたらランキング上位に表示できるのでしょうか。ランキング上位に表示するためのポイントは以下の通りです。

  • 売上金額
  • 販売数量
  • 購入者数

当たり前ですが、売れている商品がランキングで上位表示されやすいということですね。そのため、先述したように楽天市場への出店後は、広告を上手く活用して、売上を伸ばしていくことが重要になります。
 
サイトデザインだけではなく、売上を伸ばすためには、さまざまなことを工夫しなければいけません。なので、売上を伸ばすノウハウを蓄積しているコンサル会社へ依頼することをおすすめします。
 
弊社では、楽天市場で売上を伸ばした豊富な経験と知識のあるコンサルタントが、お客様の売上を上げるため、伴走いたします。丁寧かつ親身になって対応しているので、気になる方はぜひご相談ください。
 
ピュアフラットへの相談はこちら

まとめ

ショップサイトのデザインは、売上を伸ばすためにとても大切です。ですが、ただ質の高いサイトデザインを作成しても、売りたい商品にあったデザインではないと、ユーザーに刺さらず売上アップする期待は持てません。

 

弊社では、訴求力の高い商品ページや魅力あふれるバナーの作成が可能です。現在、毎月5店舗限定で無料診断を実施していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

ピュアフラットの毎月5店舗限定無料診断を試してみる

楽天のサイトデザインに関するよくある質問

  • 楽天へ出店する際に必要なショップページの作り方を教えてください。

  • 楽天市場では、書類審査に通過して楽天RMSアカウントを開設後にショップ作成に移ります。 RMSのメニューからデザイン設定→トップページ編集へ進むとトップページ制作ができるため、PC版・スマホ版のデザイン制作を行いましょう。 なお、弊社では商品撮影や商品ページ作成など、店舗の売上に直結する施策を行います。自社でページ制作できない場合は、お気軽にご相談ください。

  • これから楽天でショップページを作成したいです。参考になるサイトはありますか?

  • 実際に販売実績の多い店舗や「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」と呼ばれる賞を受賞する店舗は参考にすべきでしょう。 特に参考となるサイトは下記の5サイトです。 1.タマチャンショップ 2.シードコムス 3.ヒオリエ 4.eBaby-Select 5.Clothes-Pin E-shop

Twitter Facebook LINE
コラム一覧
X