株式会社ピュアフラット

【出店者向け】楽天とAmazonどっちがいい?メリットデメリットを徹底比較

更新日: 2024.5.27

カテゴリ:  楽天市場 Amazon

【出店者向け】楽天とAmazonどっちがいい?メリットデメリットを徹底比較

ネットショップを始める際、どのショップに出店するかはとても重要なことです。

楽天市場とAmazonは、日本国内で最も人気のあるECモールですが、どちらが自身のビジネスに最適なのか悩む方も多いでしょう。

この記事では、楽天とAmazonのメリットとデメリットを徹底的に比較し、あなたに最適なプラットフォームを見つけるお手伝いをします。

楽天とAmazonの基本情報を紹介

まずは、楽天市場とAmazon、それぞれの基本情報を確認しましょう。
どちらのプラットフォームも非常に有名ですが、その特徴や利用方法には違いがあります。

楽天市場

楽天市場は、1997年に設立された日本最大のECモールです。出店者は独自のショップを開設し、広範な顧客ベースにアクセスできます。

楽天ポイントやキャンペーンが多くのユーザーに支持され、出店者は自由な店舗デザインでブランドを強調できます。

さらに、楽天ポイントはリピーターを増やす有効なツールであり、頻繁なキャンペーンも購買意欲を刺激します。

 

▶︎楽天市場の出店方法について詳しくはこちら

Amazon

Amazonは、2000年に日本市場に参入したアメリカ発のグローバルECプラットフォームです。

豊富な商品ラインナップと迅速な配送が特徴で、多くの消費者に支持されています。

 

FBA(Fulfillment by Amazon)を利用することで、出店者は在庫管理や配送を委託でき、業務効率を高められます。

さらに、Amazonの信頼性と国際展開により、広範な市場にアクセスできる点が魅力です。

 

▶︎Amazonの出品方法について詳しくはこちら

 

出店者側から見る楽天とAmazonの主な違い

出店者側から見る楽天とAmazonの主な違い

次に、楽天市場とAmazonの間にある具体的な違いについて見ていきましょう。
出店方式や商品ページの自由度、サポート体制など、出店者にとって重要な要素について詳しく比較します。

出店方式と出品方式

楽天市場は出店者が独自の店舗を運営し、デザインや運営方針を自由に決定できます。

これにより、ブランドイメージを強くアピールできます。

 

一方、Amazonは出品方式が中心で、Amazon自体が販売者となる商品も多く、手軽さが魅力です。Amazonでは、個々の店舗という概念はあまり強調されません。

商品ページの自由度

楽天市場では、商品ページのデザインやレイアウトを自由にカスタマイズできます。

これにより、ブランドイメージを強調できますが、デザインやマーケティングのスキルが必要です。

 

Amazonはテンプレートに従うため、デザインの自由度は低いですが、統一感がありユーザーにとって分かりやすいメリットがあります。

ポイントシステム

楽天市場はポイントシステムが強みで、購入ごとに楽天ポイントが貯まり、リピーターを増やします。

頻繁なポイント還元キャンペーンも購買意欲を高めます。

 

Amazonにもポイント制度がありますが、その影響力は楽天ほど強くありません。Amazonの消費者は、ポイントよりも価格や配送の速さを重視する傾向があります。

配送サービス

Amazonの配送サービス、特にFBAは出店者にとって非常に便利です。

FBAを利用することで、在庫管理や配送業務をAmazonに任せることができ、迅速な配送が可能となります。

 

楽天市場でも物流サービス(RSL)はありますが、Amazonのような包括的なサービスはまだ多くはありません。

アフターサービスやサポート体制

Amazonは購入者へのアフターサービスが充実しており、24時間体制のカスタマーサポートを提供しています。

これにより、消費者は安心して購入でき、出店者にとっても信頼性の高いプラットフォームとなっています。

 

楽天市場もサポート体制を整えていますが、Amazonほど迅速な対応は難しいことがあります。

月額料金と出品手数料

楽天市場は月額費用と売上に応じた手数料がかかります。

Amazonは出品手数料のみで、出品プランによっては月額費用が発生しない場合もあります。

 

初期費用を抑えたい場合や小規模なビジネスには、Amazonの方が適しています。

キャンペーンやセール

楽天市場では頻繁にキャンペーンやセールが行われ、特にポイント還元キャンペーンが消費者に人気です。Amazonもプライムデーやブラックフライデーなどの大規模セールを開催し、グローバル規模で多くの消費者を引きつけます。

これにより、出店者は多くの販売機会を得ることができますが、競争も激化します。

 

▶︎楽天スーパーセールについて詳しくはこちら

 

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

楽天と比較したAmazonのメリットと注意点

ここでは、楽天市場と比較した場合のAmazonのメリットと注意点について詳しく見ていきます。Amazonの物流サービスや信頼性は大きな強みですが、一方で競争の激しさや規約の変更リスクも存在します。その点も踏まえて、メリットを解説していきます。

メリット

Amazonの最大のメリットは、その物流サービスです。

FBAを利用することで、出店者は在庫管理や配送の負担を大幅に減らすことができます。

 

また、Amazonのブランド力と信頼性は高く、多くの消費者が安心して購入します。

Amazonのもう一つの大きなメリットは、グローバルな市場にアクセスできる点です。

Amazonは多くの国で展開しており、出店者は簡単に国際的な販売を開始することができます。

 

これにより、国内市場だけでなく、海外市場にもリーチできるため、ビジネスの成長を加速させることができます。

注意点

Amazonでは出品者間の競争が激しく、価格競争に巻き込まれることがあります。

なぜなら、Amazonでは、同じ商品を販売する複数の出品者が存在しているので、非常に激しい価格競争になることがあります。

また、Amazonの規約やアルゴリズムの変更により、急に販売戦略を見直さなければならないリスクも存在します。

 

このため、出店者は常に価格設定を見直し、競争力を維持する必要があります。

特に、新規参入者にとっては、初期段階での価格競争に苦戦することが多いです。

Amazonと比較した楽天のメリットと注意点

ここでは、Amazonと比較した場合の楽天市場のメリットと注意点について詳しく見ていきます。

楽天市場はポイントシステムやブランド構築に強みがありますが、デザインスキルやコスト面での注意が必要です。

その点も踏まえて、メリットを解説していきます。

メリット

楽天市場のメリットは、ポイントシステムによるリピーターの獲得と、店舗のブランディングがしやすい点です。

また、楽天の各種キャンペーンを活用することで、売上を大幅に増やすことができます。

 

楽天市場は、出店者が自身の店舗を運営する形式を採用しているため、商品ページの中でブランドの構築がしやすいのもポイント。

出店者は店舗のデザインやレイアウトを自由に設定できるため、消費者に対して独自のブランドイメージを効果的に伝えることができます。

これにより、消費者の信頼を得やすくなり、リピーターの獲得に繋がります。

注意点

楽天市場では、デザインやマーケティングのスキルが求められるため、初心者にはハードルが高いかもしれません。

また、月額費用と売上手数料がかかるため、費用対効果をしっかりと考慮する必要があります。

 

楽天市場に出店するためには、一定のデザインやマーケティングの知識が必要です。

特に、商品ページのデザインやレイアウトを効果的に設定するためには、専門的なスキルが求められます。

これにより、初心者にとってはハードルが高く感じられるかもしれません。

まとめ

楽天とAmazonは、それぞれに強みと弱みがあり、ビジネスの種類や目標によって適したプラットフォームが異なります。

楽天はブランド構築やポイントプログラムに強みがあり、Amazonは物流サービスと信頼性が魅力です。どちらを選ぶべきかは、あなたのビジネスモデルや目指す方向性によります。

Amazonと楽天市場を比較したとき、楽天市場は、ブランドを強調し、リピーターを獲得したい場合に適しています。

特にファッションや雑貨など、ブランドイメージが重要な商品を扱う場合は効果的といえるでしょう。

 

一方、Amazonは迅速な配送と広範な消費者層にリーチしたい場合に適しています。

家電や日用品など、迅速な配送が求められる商品には、AmazonのFBAサービスが有効です。

 

両プラットフォームには、それぞれの特性を活かす戦略が必要です。

楽天では独自の店舗デザインやポイントキャンペーンを、AmazonではFBAと広告を活用することが重要です。

最適なプラットフォームを選ぶためには、ビジネスの強みや目標を明確にし、コストや消費者層などを考慮しましょう。

Amazon・楽天へ出店するならピュアフラットへ!

楽天やAmazonへの出店を考えているなら、専門的なサポートや運用を提供するピュアフラットに相談してみてください。

ピュアフラットでは、ECモールの出店準備から運営サポートまで、あなたのビジネスを成功へと導くお手伝いをしています。

楽天市場やAmazonでの出店経験豊富なプロフェッショナルが揃っており、各プラットフォームの特性を最大限に活かすアドバイスやサポートを提供します。

例えば、楽天市場での出店を考えている場合、商品ページのデザインやレイアウトの最適化、ポイントキャンペーンの活用方法など、具体的な戦略を提案します。

これにより、出店者は効果的にブランドを構築し、売上を増加させることができます。

さらに、豊富な経験から得られたノウハウによって楽天市場内でのSEO対策や広告運用を行い、より多くの消費者に商品を見つけてもらうためのサポートを行います。

また、Amazonでの出店を検討している場合、ピュアフラットはFBAの活用方法やAmazon内での広告戦略など、実践的なアドバイスも可能。

これにより、出店者は迅速に市場に参入し、多くの消費者にリーチすることができます。

 

さらに、Amazonのレビュー管理や在庫最適化など、出店後の運営に関するサポートも行い、継続的にECビジネスの成長を支援しています。

今なら無料店舗診断も行っているので、ぜひ一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

Amazon無料診断バナー横

 

楽天市場とAmazonに関するよくある質問

  • 楽天市場とAmazonの初期費用は?

  • 楽天市場の場合、初期登録費用6万円+月額費用がかかりますが、Amazonの場合は初期登録費用は無料で、月額費用のみの支払いで始めることができます。

  • 日本の三代ネット通販は?

  • 楽天市場・Amazonに続いて、Yahoo!ショッピングが日本で代表的なECモールです。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧