株式会社ピュアフラット

楽天市場で競合調査して売上を飛躍的アップ!競合の選び方と分析方法

更新日:2023.11.21

カテゴリ:  楽天市場

楽天市場で競合調査して売上を飛躍的アップ!競合の選び方と分析方法

楽天市場では、AmazonやYahoo!ショッピングといった他モールと比較しても、商品ページのカスタマイズ性に長けており、他店との差別化が可能です。

 

楽天のブランド力を活かした店舗ビジネスを展開したい競合は多いですから、いかにして独自性を生み出せるかが明暗を分けると言っても過言ではありません。

 

この記事では、楽天市場での出店における競合店舗対策についての詳細をわかりやすく解説していきます。競合店舗に打ち勝って、売上を高めたい方はぜひ参考にしてください。

 

なお、弊社では楽天市場の新規出店ガイドを無料で提供しています。
これから楽天市場に出店を考えている方や、すでに出店はしているが上手く集客が出来ていない、もっと売上を伸ばしたいという方に向けて、出店後にやるべきこと2点についても解説しています。

 

【全33ページ】出店の流れやポイントなどを徹底解説!資料のダウンロードはこちらから

そもそも楽天市場における競合店舗はどう選ぶ?

 

まず大前提として、どこが自店舗の競合となるのかが分からなければ分析や対策は実施できません。

 

では、一体どの店舗を競合として設定すれば良いのでしょうか?主に競合となり得る店舗は以下の2種類です。

  1. 自店舗で特に売れている商品を販売する店舗
  2. 自店舗の取り扱い商品と類似するものを販売する店舗

自店舗で特に売れている商品を販売する店舗

まずは、自店舗で特に売れている商品を販売する楽天市場内の店舗です。

 

自店舗の取り扱い商品が「〇〇専門店」だったり、特定のジャンル限定で販売している場合は、比較的簡単に調査できるでしょう。

 

ただし、商品ジャンルが多岐に渡る場合は、まず一番もしくは二番目に売れている商品を販売する店舗を商品名で検索するなどしてピックアップしてください。

 

もし、該当店舗の数が限りなく多い場合は、2〜3店舗に絞りましょう。該当商品のランキング情報をチェックし、実際に上位を取れているのかを確認しながら設定してください。

自店舗の取り扱い商品と類似するものを販売する店舗

また、自店舗の取り扱い商品と類似するもの(メーカーだけ違う商品)を販売する店舗も競合としてのベンチマーク対象です。

 

自店舗で販売している商品を販売している他店舗だけでは、競合対象として十分ではありません。というのも、競合のバリューやノウハウなど参考にできるポイントが大いに見られる可能性があるからです。

 

また、類似した商品である場合、他店の工夫を取り入れてうまくいく可能性も高いですし、同一商品を販売する競合が実施していない内容であれば、実施しただけで大きな差別化を図れます。

 

そういった意味で、競合店舗の幅を広げていくことも戦略の一つでしょう。

楽天市場の競合分析をする前に必要な考え方のポイント5つ

競合分析 考え方

 

競合店舗が定まったところで、分析をスタートさせるわけですが、開始前に知っておくべき考え方のポイントについて5つお伝えしていきます。

  1. 楽天市場ユーザーが注視するポイントを押さえる
  2. 自社の立ち位置を把握する
  3. 競合他社との違い・差を把握する
  4. 自然検索とRPP広告の露出状況をExcelで整理する
  5. 顧客ニーズを理解し、RPP占有率を最適化する

1.楽天市場ユーザーが注視するポイントを押さえる

まずは、楽天市場のユーザーが注視するポイントを押さえましょう。

 

いくら競合調査を実施したとしても、ユーザー目線でショップページが構築されていなかったり、どのようなページがクリックされるのかが分かっていなかったりすると売れるショップにはなりません。

 

楽天市場でのユーザーが主に注視するポイントは以下の通り。

  • 商品のサムネイル
  • 楽天ポイント還元率
  • 商品レビュー数
  • 送料無料
  • 配達タイミング(翌日配達)

楽天市場の検索結果には、上から商品画像と商品名・キャッチコピー、価格・送料、楽天ポイント還元率、レビュー数が表示されます。

 

ユーザーは、これらの情報からクリックするかしないかの判断材料とするため、クリックされる商品ページとそうでないページの違いを見極めましょう。

 

ユーザーにとって魅力的なページを制作することが、競合店舗に競り勝ち、売上アップに繋げるポイントとなります。

2.自社の立ち位置を把握する

そして、自店舗の立ち位置を把握しましょう。

 

基本的にユーザーは、1ページ目に表示された商品の中からアクションを起こす可能性が高いです。よって自社商品が現状、1ページ内にどれほど占めているかを確認する必要があります。

 

販売している各商品が狙ったキーワードの自然検索結果でどれほどの占有率を維持できているのか?また、RPP広告では1ページ目の5枠にどれほど入っているのか?という2点を確認してください。

 

狙ったキーワードと各キーワードの最高順位、1ページ以内の露出状況を確認したら、Excelもしくはスプレッドシートといった表計算ツールを用いてまとめましょう。

3.競合他社との違い・差を把握する

自店舗の現状が把握できたら、競合他社との違い・差を把握します。

 

競合他社が、自社よりも高い順位をキープ、多くの占有率を確保できているのはなぜなのか?を考えてみましょう。その点に関して、商品ページと送料などの提供サービスを見比べてみて劣っている部分をチェックします。

 

RPP広告枠の占有率アップにも注力すべきですが、競合他社に競り勝つには、商品ページやサービスの改善が欠かせません。

 

画像サムネイルや商品名、売りにしているポイントなどを細かく見ながら改善できるポイントを見つけ出し、改善策を実行していってください。

4.自然検索とRPP広告の露出状況をExcelで整理する

楽天市場での競合分析を行う前に、自然検索での最高表示順位とRPP(Rakuten Pop-up Page)広告の露出状況を確認することが重要です。

 

具体的には、自然検索枠とRPP広告枠それぞれの占有率をExcelなどの表計算ソフトでまとめましょう。

 

自然検索での表示順位は、SEO対策の成果を反映する重要な指標です。

 

一方で、RPP広告は有料広告であり、その露出状況は広告予算や入札戦略に依存します。

 

これらの情報を一元的にまとめることで、どのようなキーワードや商品カテゴリで競合が強いのか、または弱いのかを把握することができます。

5.顧客ニーズを理解し、RPP占有率を最適化する

RPP(Rakuten Pop-up Page)広告の占有率を高めるためには、まず顧客のニーズをしっかりと把握する必要があります。

 

具体的には、どのような商品やサービスが需要が高いのか、また、どのようなキーワードで検索されているのかを理解することが基本です。

 

顧客ニーズを理解した上で、RPP広告のキーワード選定や入札戦略を最適化することが重要です。

 

例えば、特定のキーワードでの検索ボリュームが高い場合、そのキーワードに対するRPP広告の入札額を高めることで、露出状況を改善することが可能です。

 

また、顧客が価値を感じるであろう商品特性やサービスを強調することで、クリック率を高め、結果的にRPP占有率を高めることができます。

楽天の競合調査で意識すべきポイント

楽天の競合調査で意識すべき3つのポイント

 

では、楽天の競合分析で意識してほしい以下3つのポイントをご紹介していきます。

  1. 競合店舗の日常的な運営状況をチェックする
  2. イベント時の競合店舗は重点的に調査する
  3. 調査結果をもとに改善策を講じる

競合店舗の日常的な運営状況をチェックする

まず、競合調査として他店の日常的な運営状況を確認しましょう。

 

確認する際のポイントとして、自分がユーザーの立場なら購入したいと思えるかということ。つまり、自分事として捉えてイメージすることが大切です。

 

具体的な確認ポイントは以下の通り。

  • 新商品の投入状況
  • 送料無料商品数
  • あす楽対応商品数
  • 商品価格オファーの変化
  • 商品ジャンルの多様化
  • 同一ブランドや関連商品の数
  • RPP広告チェック

これらの情報は、ユーザーが商品の購入を決定するにあたって判断材料となる項目です。選ばれる店舗を目指すために、初めにチェックしましょう。

イベント時の競合店舗は重点的に調査する

そして、楽天イベント開催期間中における競合の動向については重点的に確認してください。なぜなら、イベント期間中こそ売上アップのために様々な運営施策に取り組んでいる可能性が高いからです。

 

イベント開催中に見るべきチェックポイントは以下の通り。

  • イベント開催中の価格やポイント・割引状況
  • クーポンチェック
  • RPP広告出稿状況
  • メルマガ送信タイミングや件名・内容
  • ショップページのバナー導線・特集ページ

これらの状況を調査して、自社店舗に取り入れていきましょう。

調査結果をもとに改善策を講じる

先ほど紹介したチェックポイントを確認し、調査結果に基づいて改善策を講じてみてください。

 

例えば、競合店舗と比較してポイント還元率や値引きの状況が悪い場合は、ポイント還元率や値引きの見直しと付与が対策になります。ただし、突然全ての商品へ反映させることはコスト面から見ても難しいかもしれません。

 

そういった場合に、商品を2個セットにしてオファーをつけたり、一度に複数個まとめ買いしてもらえたら付与したりといった工夫ができます。

 

また、RPP広告出稿数を増やしたい場合においても、いきなり日頃からの出稿を実施するのではなく、イベント期間内でいくつかの商品のみ掲載するといった限定的な導入戦略もあります。

 

このように、範囲を絞って徐々に変化させることで失敗することなく改善が図れます。

ページの詳細調査を実施する

楽天市場での競合に打ち勝つためには、戦略キーワード「楽天 競合」を意識して、競合店舗のウェブページを詳細に調査することが不可欠です。

 

具体的には、ページデザイン、商品説明、ユーザーレビュー、価格設定など、多角的に分析する必要があります。

 

まず、ページデザインに注目してください。ユーザーがサイトに訪れた際の第一印象は、その後の購入行動に大きな影響を与えます。

 

デザインが整っているか、使い勝手が良いかなど、競合店舗がどのようにユーザーエクスペリエンスを高めているのかを理解することで、自店舗も改善の方向性が見えてきます。

 

次に、商品説明とユーザーレビューをチェックします。

 

商品説明が詳細でわかりやすいか、ユーザーレビューが多くて高評価かどうかを確認することで、その商品がなぜ人気なのかのヒントを得られます。

 

特に、ユーザーレビューには、商品の良い点や改善点、さらには顧客のニーズが詳しく書かれている場合が多いので、これを参考に自店舗の商品説明やサービスをブラッシュアップすることが可能です。

付加価値サービスでの競合分析

商品だけでなく、付加価値サービスにも目を向けることで、楽天市場内での差別化が可能です。

 

具体的には、送料無料、翌日配送、ポイント還元率など、顧客にとって魅力的なサービスが何かを調査しましょう。

 

例えば、送料無料は多くの顧客にとって大きな魅力です。

 

競合店舗が送料無料を提供している場合、それに対抗するためにも自店舗で同様のサービスを提供するか、あるいは他の方法で顧客に価値を提供する必要があります。

 

翌日配送や高いポイント還元率も同様です。

 

また、これらのサービスがどれだけ顧客に受け入れられているかを調査する方法として、ユーザーレビューやQ&Aセクションを活用することが有効です。

 

顧客がどのようなサービスに価値を感じているのか、または不満に思っているのかを理解することで、自店舗のサービスをより魅力的にする方向性が見えてきます。

楽天の競合調査で活用できる具体的な分析方法2選

 

では続いて、楽天の競合調査で活用できる具体的な2つの分析方法について解説していきましょう。

  1. 3C分析
  2. SWOT分析

1.3C分析

3C分析とは、競合店分析に活用されるマーケティング方法であり、以下3つの要素を含みます。

  • Customer(市場・顧客):市場規模・顧客ニーズ
  • Competitor(競合):競合の特徴・ニーズへの対処
  • Company(自社):運営方針・現状

市場規模や顧客のニーズを踏まえたうえで、前述した競合店の状況や自社の現状を分析・改善策を練ることができます。

2.SWOT分析

SWOT分析とは、自店舗の将来的な戦略を内部要因と外部要因から導き出す分析手法です。

 

SWOTとは以下4つの要素を指します。

  1. 強み(Strengths)
  2. 弱み(Weaknesses)
  3. 機会(Opportunities)
  4. 脅威(Threats)

内部要因を示す強みと弱み、外部要因を示す機会と脅威をそれぞれ提示し、掛け合わせることで戦略を生み出す手法になります。

 

例えば、強みと機会を掛け合わせると「強みを活かしながら機会を掴み取る戦略」となり、弱みと脅威を掛け合わせると「弱みを克服しながら想定される脅威を回避するための戦略」を導き出せます。

 

プラスとマイナスの両面、合計4つのクロス分析によって、自社の強みと弱みを把握できます。

楽天市場での競合分析を効率化するためのツール

楽天市場は日本最大のオンラインショッピングモールであり、多くの企業が競合しています。

 

このような激しい競争環境で成功するためには、効率的な競合分析が不可欠です。

 

手作業での分析は時間と労力がかかるだけでなく、多くのデータを処理する能力にも限りがあります。

 

そこで、「競合分析ツール」が役立ちます。

 

これらのツールは、自然検索順位、RPP広告の露出状況、価格競争力など、多角的な分析を自動化してくれます。

 

さらに、リアルタイムでのデータ収集と分析が可能であり、即時に戦略を修正することができます。

 

このセクションでは、楽天市場での競合分析を効率化するためのツールと、それらを使用することで得られるメリットについて詳しく説明します。

キーワードと商品カテゴリの分析

「競合分析ツール」は、キーワードと商品カテゴリに関する詳細な分析が可能です。

 

これにより、どのキーワードやカテゴリで競合が強いのか、または弱いのかを一目で把握することができます。

 

さらに、これらのデータを基に、SEO戦略や広告戦略を最適化することが可能です。

 

この機能を活用することで、効果的なキーワード選定や商品配置が可能になり、競合に対する優位性を築くことができます。

価格競争力の分析

価格は消費者の購買行動に大きな影響を与えます。

 

「競合分析ツール」は、価格競争力に関する分析も提供しているものがあります。

 

これにより、自店舗の商品が市場でどれだけ競争力があるのかを瞬時に判断することができます。

 

また、競合店舗の価格戦略を理解し、それに対応する形で自店舗の価格設定を最適化することが可能です。

ユーザーレビューと評価の分析

ユーザーレビューと評価は、商品やサービスの品質を反映する重要な指標です。

 

「競合分析ツール」は、これらのレビューと評価を集計し、分析する機能を持っているものがあります。

 

これにより、顧客がどのような点で満足または不満足であるのかを把握し、商品改善やサービス改善につなげることができます。

リアルタイムでのデータ収集と分析

楽天市場は日々変わる環境であり、リアルタイムでの分析が必要です。

 

「競合分析ツール」は、リアルタイムでのデータ収集と分析が可能なものがあります。

 

これにより、市場の動きに即座に対応し、戦略を修正することができます。

 

特に、プロモーションやセールなどの短期的なイベントに対する対応力が高まります。

 

これらのツールをうまく選定し、活用することで、楽天市場での競合分析がより効率的かつ効果的に行えます。

 

手作業での分析が困難な場合や、より高度な分析が求められる場合には、これらのツールの活用が非常に有用です。

弊社なら楽天市場の競合に打ち勝つ施策で徹底サポートします

ピュアフラット

 

なお、株式会社ピュアフラットではお客様の店舗が競合に勝つための施策を行い、徹底的にサポートします。

  • 売れる商品ページの作り込み(商品ページ・バナー作成・撮影など)
  • 勝てる広告運用のキーワード発掘
  • 売上を安定させる検索結果上位表示

上記のような売上へ結びつけるために必要な要素はトータルサポート。実際に様々なお客様を売上アップに導いています。

 

なお、弊社では出店後に売上が伸びない方や楽天のショップ運用方法がわからない方に向けて店舗の無料診断を行っております。
お気軽にお問合せください。

 

出店したのに売上が伸びないとお悩みの方はこちらから

店舗の無料診断

まとめ

 

楽天市場でビジネスを成功させるためには、競合他店に打ち勝ち、ユーザーから選ばれなければいけません。

 

そのために他店を分析・比較して、自店舗に足りない要素や差別化できるポイントを見つけ出し、少しずつアプローチを拡大していくことが必要です。

 

ただし、改善するには正しいノウハウ・知見がないと難しいでしょう。弊社では商品ページ制作や商品画像撮影、広告運用など、お客様の課題に合わせて売れるショップづくりをサポートします。ぜひお気軽に下記からご相談ください。

 

ピュアフラットの毎月5店舗限定無料診断を試してみる

楽天市場の競合調査に関するよくある質問

 

競合調査の方法を教えてください。

楽天市場でビジネスを成功させるためには、他店を分析・比較して、自店舗に足りない要素や差別化できるポイントを見つけ出し、少しずつアプローチを拡大していくことが必要です。
以下のステップで競合調査を行いましょう。
1.楽天市場ユーザーが注視するポイントを押さえる
2.自社の立ち位置を把握する
3.競合店舗を選ぶ
4.競合他社との違い・差を把握する
5.調査結果をもとに改善策を講じる

競合調査を行う上での重要なポイントは何ですか?

競合調査で意識すべき3つのポイント紹介します。
1.競合店舗の日常的な運営状況をチェックする
2.イベント時の競合店舗は重点的に調査する
3.調査結果をもとに改善策を講じる
以上のように分析を継続することも重要です。
なお、弊社はお客様の店舗が競合に勝つための施策、徹底的なサポートを提供しています。
お気軽にお問い合わせください。

 

Twitter Facebook LINE
コラム一覧
X