株式会社ピュアフラット

【出品者必見】楽天市場でLINEを活用!LINEアカウント連携の売上アップ術

更新日: 2024.5.16

カテゴリ:  楽天市場

【出品者必見】楽天市場でLINEを活用!LINEアカウント連携の売上アップ術

楽天市場で出店をしたはいいけれど、なかなか売上が伸びない…
そんな悩みを抱えている方は必見です。
 

本記事では、売上の向上や集客力、リピーターを増やすためにLINEを活用する方法を徹底解説します。

楽天市場とLINE公式アカウントを連携することで、顧客分析からユーザーの好みに合わせたメッセージ配信などさまざまなアプローチを行うことができます。
 

また、店舗の運営方法に悩んだ際は楽天市場に特化したコンサルティング会社も紹介!

ぜひ最後までお読みいただき、店舗運営の参考になさってください。

楽天市場でLINE公式アカウントを連携するべき理由

楽天市場でLINE公式アカウントを連携するべき理由
楽天市場で出店者として店舗運営をする上で欠かせないことは集客です。
そこでまず行いたいことはLINE公式アカウントと連携すること。
 

2018年にLINEは楽天市場出店店舗向けの「R-SNS」と連携をしました。
この連携による目的はLINEと楽天店舗の繋がりを強化することです。
LINEは月間ユーザー数9,500万人を誇る実績があることから、楽天市場と連携することで出店者には大変大きなメリットをもたらします。
 

・ユーザーとの繋がりを強化できる
・クーポンやセールなどの情報を発信できる
・ショップのアクセス数向上が見込める
・顧客分析ができる
 

いずれも店舗運営をする上で必要不可欠な内容を、LINE公式アカウントを連携することで網羅することができます。

ここからはひとつずつ具体的に解説していきます。

ユーザーとの繋がりを強化できる

楽天市場には、店舗からユーザーへアプローチする方法として下記の2種類があります。
 

・「R-mail」…メルマガ
・「R-SNS」…LINE公式アカウント
 

それぞれ配信方法に特徴があります。
 

まず、メルマガは電子メールによる情報配信のため、ユーザーに直接内容を伝えることができますが、配信したメールは認知性が低く、メールボックスに埋もれてしまう可能性があります。
 

一方、LINE公式アカウントは友達追加をしたユーザーに対して直接メッセージを送るため、目にとまる可能性が高く確実に情報をお届けすることができます。
 

また、LINEのトーク機能でユーザーと直接やり取りすることができることはLINEならではのメリットでしょう。

今までは楽天市場内での相談しか手段がなかったため、メッセージがきちんと店舗に届いているかが明確にならず不安を覚えることもあったかと思います。
しかし、LINEには既読機能がありますので、ユーザーも安心することができます。

商品に関する相談や、返品交換に関する問い合わせに対してすぐに対応できることは、店舗とユーザーとの間で繋がりや信頼関係の強化へと繋がるでしょう。

クーポンやセールなどの情報を発信できる

今までユーザーは、店舗のセール情報などは楽天市場のアプリやメルマガのみで取得していました。

しかし、LINE公式アカウントと連携することで、クーポンやセールなどの情報をより身近に確認することができます。
 

・商品の値下げ情報
・店舗のイベント&キャンペーン
・楽天市場のイベント&キャンペーン
 

店舗側はユーザーにとってお得な情報をリアルタイムで発信することができ、ユーザーはお友達とやり取りする感覚で手軽に情報を受け取ることができます。
 

また、LINE上にクーポンのバナーを載せることもできるため、売上アップに繋げることもできるでしょう。

ショップのアクセス数向上が見込める

LINE公式アカウントと連携することで、アクセス数向上へ繋げることができます。
店舗を運営する上で、アクセス数増加は売上を伸ばすための第一歩となりますので、アクセス数を向上させることは非常に重要です。
 

LINE公式アカウントで友達を増やすことで楽天店舗の認知度が上がり、更なるアクセス数の増加を期待できます。

ユーザーが店舗や商品に魅力を感じ、LINE上で配信されるお得な情報にも注目することとなるでしょう。
 

・楽天市場で使えるクーポン
・LINE友だち限定キャンペーン
・LINE友だち限定クーポン
 

上記のような特別感のあるクーポンや情報で、楽天店舗にアクセスし、売上へと繋がります。
 

そして商品の魅力を実感したユーザーのリピート率も期待できます。
商品だけでなく、店舗そのものに興味を持つことで店舗からの情報に対して敏感になり、定期的に配信されるLINEからの情報に反応を示すこととなります。
 

また、口コミに対するクーポンを配信することで、ユーザーが広告塔となり新規顧客の獲得へと繋がっていきます。

上記の流れにより、LINE公式アカウントを通じて、店舗へのアクセス数の向上を見込むことができます。

顧客分析ができる

店舗運営をする上で、顧客分析は大変重要です。
LINE公式アカウントを活用するとさまざまな分析を無料で閲覧することが可能になります。
 

・ダッシュボード…「メッセージ」「友だち」「チャット」の概要確認
・友だち…友だちの追加数、属性情報、友だち追加経路の確認
・メッセージ…メッセージ配信数
・チャット…チャット画面におけるメッセージ送受信数の確認
 

他にもさまざまな分析を確認することができます。

これらの分析結果を元に配信内容や新たな改善点などを見つけることができ、集客UPへと繋げることができます。
 

友だち追加した人はどのような人たちか、配信内容に対してどのような反応があったのかを把握することで、店舗運営の目指す方向への判断材料を得ることができるでしょう。

 

ECマーケティングを実績で選ぶならピュアフラット 

ピュアフラットは、ECモール領域のマーケティング支援に特化した企業です。
売上拡大に向けて、サイト構築から商品ページ作成・広告運用などの集客まで 一気通貫でマルっと代行・サポートいたします。 下記よりお気軽にご相談ください。  

楽天市場とLINE公式アカウントの連携方法

楽天市場とLINE公式アカウントの連携方法
ここからは楽天市場とLINE公式アカウントの連携方法について解説していきます。
 

まず、楽天は市場以外のサイトに誘導するURLを記載することはできません。
しかし、R-SNSに加入しておくことでこの制度が緩和されますので、楽天で店舗を運営するにはまずR-SNSに加入することをおすすめします。
 

ただし、R-SNSに加入するには以下の2点が諸条件になります。
 

・楽天の審査が必要であること
・月額¥3,000の年間契約であること
 

以上の点に注意しましょう。
 

では続いて、LINE公式アカウントを開設していきます。
こちらは基本的に楽天が代行作成してくれますので、実際の作業としてはRMS(店舗運営システム)の入力フォームに入力するのみです。

 

R-SNS利用申し込みフォームに入り、

「利用申し込み・各種オプション申し込み」→「申請希望SNS」→「LINE公式アカウント」にチェックを入力して進んでいきます。
 

ひと通り入力を終えると審査になりますので、一旦待ちとなります。
 

登録作業はとてもシンプルなため、登録へのハードルは大変低いと言えるでしょう。
また、LINE公式アカウントは法人向けのサービスではないため、個人でも気軽にアカウントを開設することができます。
 
 
▶︎R-SNSについて詳しくはこちら

楽天R-SNSと合わせてLINE公式アカウントを活用する方法

楽天R-SNSと合わせてLINE公式アカウントを活用する方法
楽天R-SNSとLINE公式アカウントを合わせることで、さまざまなメリットがあります。
 

・ページの上部にバナーを設置して友達を増やす
・タグ付きURLを発行して効果測定
・友達の絞り込みをしてメッセージを配信
 

いずれも店舗運営をする上で集客UPや売上の向上に欠かせないことです。
また、ユーザーにとっても有益な情報を得ることができます。
 

ではここからは具体的な活用法を解説していきます。

ページの上部にバナーを設置して友達を増やす

店舗側からユーザーへ能動的なアプローチはメルマガとLINEの2種類になります。
 

メルマガは商品の購入に応じて購読者数やユーザー情報が蓄積されていき、メールを配信することができます。
しかし、LINEは商品購入と同時にリストが蓄積されるわけではありません。
ユーザーが友達登録をしてくれるよう、店舗側から促進する必要があります。
 

その方法として、ページの上部にバナーを設置することです。

楽天市場の閲覧および購入者の80%以上がスマホユーザーになります。
よって、スマホ商品ページ上部にバナーを設置することで、LINE友達登録を訴求することができます。
 

バナーは自店舗内に共通して設置することが可能なため、ユーザーが商品に興味を示したタイミングで友達登録を促進できる点は大変効果的です。

設置する際のポイントとして、

・テキストよりも視認性の高いバナーとして設置
・バナーデザインはLINEをイメージさせる緑色を基調とする
・LINEの公式ロゴをダウンロードすることもおすすめ
 

店舗へのアクセス数を増やすにはLINEでの友だち登録は大変効果的です。
上手にバナーを活用して、集客力と売上の向上に繋げていきましょう。

タグ付きURLを発行して効果測定

LINE公式アカウントの効果測定を行うには、まずタグ付きURLを発行することです。
具体的には、LINE公式アカウントから楽天自店舗の商品ページやTOPページへリンクするためのURLを作成するということになります。
 

手順は楽天RMSにログインし、

・メール、SNSマーケティング
・LINE公式アカウントfor R-SNS
・対象URL欄

ここにリンク先のページURLを入力します。
 

タグ付きURLを発行したら、次はLINE公式アカウントから配信となります。
その際タグ付きURLは長くなる傾向にあるため、リッチメッセージやカードタイプメッセージの画像にリンクとして貼り付ける方法をおすすめします。
リッチメッセージやカードタイプメッセージにすることで、視覚への訴求性が高まり効果的です。
 

配信後は「LINE公式アカウントfor R-SNS」のパフォーマンスレポートで効果を検証することができます。
 

・売上
・各種主要指標(アクセス人数、転換率、客単価)
・顧客の属性
 

これらの効果はLINE公式アカウントと連携したタイミングから検証できますので、出店をする際はなるべく早い段階でLINE公式アカウントと連携することをおすすめします。
 
 
▶︎楽天市場の商品ページについて詳しくはこちら

友達の絞り込みをしてメッセージを配信

楽天の店舗運営システムの一つであるR-SNSは店舗の決済機能やページ作成、アクセス分析が可能です。

LINE公式アカウントではこのR-SNSで得た分析を元に、ターゲットを絞ってメッセージを配信することができます。
 

主な絞り込みとして
 

・年齢
・性別
・居住地
・購入履歴
・申し込み履歴
・LINE公式アカウントの顧客分析
 

など、多くの情報を絞り込んでメッセージを配信すると良いでしょう。

友達の絞り込みをしてメッセージを配信する最大の効果は、ユーザーに親和性の高いメッセージを送ることで、ユーザーは特別感を得ることができ、より顧客ロイヤリティを産むことができます。
 
 
▶︎楽天メルマガについて詳しくはこちら

まとめ

誰もが気軽に出店ができる楽天市場。
しかし店舗を継続させるには認知度の向上と売上の安定が重要です。
 

そこで今回は楽天市場とLINE公式アカウントとの連携方法について解説してきました。
確かなノウハウを身に付けることで、売上は安定し新規顧客の開拓も育むことができます。
 
これから出店を考えている方は、ぜひとも楽天市場とLINE公式アカウントを連携して集客力UPへ繋げましょう。

楽天市場でLINEを活用するならピュアフラットへ!

出店をするときっとこんな悩みにぶつかるかと思います。
 

・売上がなかなか伸びない
・どのように広告を打ち出すべきかわからない
・ユーザーへの効果的なアプローチの仕方がわからない
 

こういった悩みを抱えた時におすすめしたいのが、マーケティング支援会社に依頼をすることです。
 

ピュアフラットはEC運用に特化したハイクオリティマーケティング会社であり、特に楽天市場のプロフェッショナルが確かな知識と経験で売上向上へと導きます。
実際、契約後の売上アップ率は平均372%という驚異的な数字がピュアフラットの実力を物語ります。
また、売上増加までのスピード感も一般的なコンサルティング会社よりも格段に速く実現している点も見逃せません。
 

売上に伸び悩んだり、店舗運営方法に確かなアドバイスが必要と感じたら、一度ピュアフラットへ相談してみてはいかがでしょうか。
無料相談だけでも的確なアドバイスをいただくことができるので、お気軽に問い合わせてみましょう。
 

 
楽天市場無料診断バナー

楽天市場でLINE公式アカウントを連携する際のよくある質問

  • 楽天市場とLINE公式アカウントを連携するためには何が必要ですか?

  • 楽天市場でLINE公式アカウントを連携するためには、まずR-SNSに加入する必要があります。 R-SNSに加入する際に、下記2点が必要です。 ・楽天市場の審査 ・月額3,000円の年間契約

  • 楽天メルマガとどちらが活用しやすいですか?

  • 楽天メルマガとLINE公式アカウント連携は別物ですので、店舗側が求めるターゲット層や実際の顧客層をみて判断するといいでしょう。 メルマガの場合はメールボックスに埋もれてしまう場合がありますが、LINE公式アカウントの場合はユーザーと直接やりとりすることができます。

Twitter Facebook LINE
コラム一覧